尾松大義の顔画像と学校!大阪市立中学校教諭態度に腹立て生徒首締め

中学1年生の生徒の態度に腹を立て、首を絞めるなどの体罰で怪我をさせたとして2019年3月18日に33歳の大阪市立中学校の教諭である尾松大義容疑者を逮捕しました。

 

尾松大義容疑者の顔画像や務めていた学校、事件の概要などについて詳しくご紹介したいと思います。

 

尾松大義の起こした事件の概要

尾松大義の起こした事件の概要についてです。

中学1年の生徒の態度に腹を立て、首を絞めるなどの体罰でけがをさせたとして、大阪府警此花署は18日、傷害容疑で大阪市立中学校の教師尾松大義容疑者(33)=同府豊中市東豊中町=を逮捕した。

「暴力は振るったが、首は絞めていない」と話し、容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は8日午前11時半ごろ、中1の男子生徒(13)に体罰を加え、首に約10日のけがをさせた疑い。

同署や大阪市教育委員会によると、尾松容疑者は生徒の担任で、別の教師の授業中に怠惰な態度を取ったことを休み時間に注意していた。反省の様子がないことに立腹し、平手打ちをしたり、相撲技の「のど輪」のように首を絞めたりしたという。首に痕があり、生徒の母親が警察に被害届を出していた。

尾松大義の起こした事件の経緯や犯行動機

今回の事件が発生したのは2019年3月8日午前11時30分頃に大阪市立此花中学校の中学校教諭が中学1年生の首を絞める、平手打ちするなどの体罰を加え、全治10日間の怪我を負わせたというものです。

 

尾松大義容疑者は別の教師の授業中に怠惰な態度をとった生徒に休み時間に一度注意をしたのですが、反省の色が見えないことから今回犯行に至ったということが分かっています。

 

被害者である中学1年生の生徒は尾松大義容疑者の生徒だったということです。

 

しかし、指導として平手打ちや首を絞めるなどの体罰をすることは教師としては失格ですよね。

 

実は尾松大義容疑者は、これまでにも2回体罰で懲戒処分を受けています。

 

それにも関わらず今回このような事件が起こってしまったのは生徒がおとしめたのか、先生が本当にカッとしやすい性格だったのかその辺りは分かりません。

 

尾松大義の顔画像!プロフィール

今回逮捕された尾松大義容疑者についてですが顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

 

またフェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

 

ここでは分かっている情報についてまとめます。

 

名前:尾松大義
年齢:33
住所:大阪府豊中市東豊中町
職業:中学校教諭
逮捕理由:傷害

 

尾松大義の務めていた学校は?

今回逮捕された尾松大義容疑者が務めていたのは「大阪市立此花中学校」です。

 

こちらの学校で事件が発生し、被害者もここの中学1年生の生徒だということが分かっています。

 

大阪市立此花中学校は「大阪府大阪市此花区高見2丁目14-31」にある中学校です。

尾松大義の起こした事件の世間の反応

尾松大義の起こした事件の世間の反応についてです。
  • いろいろと意見はあるかもしれませんが、体罰はいけないけど生徒にも絶対に非があると思う。
  • 義務教育というのは、社会でいうと警察のいない世界と一緒。何をしても退学にはならない。刑事事件でも起こさない限り罰がない。なんらかの規定や線引きをして、出席停止や例え義務教育であっても本人が、その権利を放棄するなら退学があって良いと思う。でなければ、この問題は解決に向かいにくいと思う。
  • ちゃんと先生の話を聞けないような子供を育てておきながら、その態度の結果暴力をふるわれたら訴えるってちょっとね。そこは親が先生に謝るところだと思うのだが?
  • 生徒が悪くても手をあげたらアウト。この部分で守って貰えない教師は可哀想だなとは思うけれど、一方でイジメを解決出来ないどころか助長したり能力不足な教師も多い。何をどう動いたら良い方向に進むのだろうね。難しいね。
  • 教師に制限ありすぎだと思う。授業受ける気なかったり問題ある生徒は登校させないで、自宅で授業をネットで受ければ良いと思う。
  • 必ずしも体罰肯定ではないが、ある程度の実力行使が必要な場合もある。ただし限度があるのと、いきなりの殴る叩く蹴るはダメ。教員を殴るなど躾がなってない悪ガキには実力行使しかない。被害少年も躾がなってないガキだったのだろね
  • 経緯は知りませんが首を絞めるのは度が過ぎますが、恐らく生徒にかなり落ち度があったのでしょう。教師も随分と肩身が狭くなりました。教育というものは今の日本の現状では限界がありますね。私はこのパワハラや体罰と厳しくなった世の中では義務教育に停学や罰があっても良いと思ってます。
  • きちんとした線引きをして停学やなんらかの罰を決めないとこれ教師はさらに減少します。ルールは守らない・教師にタメ口・喧嘩・非行警察沙汰にでもならない限りほぼ無敵の存在に教師はなすすべなし。
  • うん、これは生徒が悪いね。首をあとがつくまで押したのはまずいが、この生徒にもかなり問題あり、なんでもかんでも生徒が被害者みたいに記事をかくのはどうかとおもうがどうでしょうか。この子を怒る先生がいないと、悪いこともエスカレートしていき最後には手に負えないくらいの犯罪をおこす可能性がある、そうなる前に怒ることや注意することは必要悪のように思う。いっておきますが、骨折させたり大けがさせるまでやっていいというわけではないですよ。
  • 体罰は決して良くないと言われるこのご時世でそれを踏まえて体罰をしてしまったとゆう事は生徒によっぽど問題があったのではないかと思う。教師も体罰はダメと理解していて手を出したのはよっぽどだったのだろう。教師も人間だしこのままでは我慢の繰り返しで限界が来て手を出せば終わりで10か0なケースが増えて来るのではないかな。体罰は間違いなく良くないが義務教育でも素行の悪い生徒に対してきちんとした基準を決めて何かしらの罰則や処分を与えるような制度を設けるべき。
  • 首を絞めたのは絶対ダメ。ただ…まずなぜ自分の子が注意を受けたのかを親が考えなきゃいけない。親としてこの子を今後どう育てるかが重要。教師として暴力はダメだし、首絞めなんてもってのほかだけど、親が自分の子になぜ先生に注意されたのかを聞いたのかが知りたい。生徒も親も教師も考えなきゃ。

まとめ

中学1年生の生徒の態度に腹を立て、首を絞めるなどの体罰で怪我をさせたとして2019年3月18日に33歳の大阪市立此花中学校の教諭である尾松大義容疑者を逮捕しました。

 

怠惰な態度をとった生徒にも非があるかもしれませんが、手を上げてしまうのは教師としては失格でしょう。
おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら