筒井憲一郎の顔画像やFacebook?合鍵で侵入、住人女性の下着を盗む!不動産仲介会社の元社員!

マンションの一室に合鍵で侵入し、住人女性の下着を盗んだとして、警視庁は7日、千葉県流山市おおたかの森北3丁目、無職筒井憲一郎容疑者(38)を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。

なぜこのような事件が起きたのでしょうか?

事件の概要を紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

筒井憲一郎容疑者が起こした事件の概要

マンションの一室に合鍵で侵入し、住人女性の下着を盗んだとして、警視庁は7日、千葉県流山市おおたかの森北3丁目、無職筒井憲一郎容疑者(38)を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕のニュースを紹介していきたいと思います。

マンションの一室に合鍵で侵入し、住人女性の下着を盗んだとして、警視庁は7日、千葉県流山市おおたかの森北3丁目、無職筒井憲一郎容疑者(38)を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

千住署によると、容疑者宅から女性用下着約50枚を発見。不動産仲介会社の社員だった立場を悪用して住人の情報や合鍵を不正に入手し、盗みを繰り返していたとみて調べる。

逮捕容疑は10月4~5日、東京都千代田区のマンションの一室に玄関から合鍵を使って侵入し、洗濯機の中から住人女性の下着2枚を盗んだというもの。この部屋は筒井容疑者が勤務していた会社が仲介した物件という。

筒井容疑者は調べに「女物の下着が好きで、集めていた。他にもやった」と供述。同18日に別の住居侵入容疑で逮捕され、今月6日付で勤務先を懲戒解雇になったという。

筒井憲一郎容疑者が起こした事件の経緯や犯行動機

筒井憲一郎容疑者が起こした事件の経緯

逮捕容疑は10月4~5日、東京都千代田区のマンションの一室に玄関から合鍵を使って侵入し、洗濯機の中から住人女性の下着2枚を盗んだというもの。

筒井憲一郎容疑者が起こした事件の犯行動機

筒井容疑者は調べに「女物の下着が好きで、集めていた。他にもやった」と供述しているということで、犯行動機としては。

  • ムラムラしていた
  • 性的欲求を抑えられなかった
  • 下着を集めるのが趣味だった

などが考えられます。

筒井憲一郎容疑者の顔画像やFacebook

筒井憲一郎容疑者の顔画像やFacebook

筒井憲一郎容疑者の顔は今のところ公開されていないようです。

今後情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。

またこちらで筒井憲一郎容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、特定までには至りませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→筒井憲一郎容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちらです

筒井憲一郎容疑者のプロフィール

名前:筒井憲一郎

年齢:38歳

住所:千葉県流山市おおたかの森北3丁目

職業:無職(元不動産仲介会社の社員)

罪名:住居侵入と窃盗の疑い

筒井憲一郎容疑者が起こした事件現場

事件現場は東京都千代田区のマンションの一室になります。

筒井憲一郎容疑者の起こした事件の世間の反応

https://twitter.com/LSchrM2VEQ4xSXo/status/1192561520900595712

  • 不動産仲介会社の名前も明らかにするべき。会社にとっては、イメージダウン必至であるが、こういう犯罪をしっかり周知して、繰り返し起こさないようにする為にも。
  • 自宅で被害者が鉢合わせしていたら
    被害はもっと危険なものであったに違いない。
    仲介会社の管理体制にも
    問題がある。
  • 他にも五万といるだろうな、一般的に物件案内は女性が多く、管理する側は圧倒的に男性が多い、今もどこかで気付かれずに部屋内覧してるかもね
  • 勿論、管理不動産が犯罪を犯した訳ではなく、個人の問題であるのは確かだが、不動産管理の鍵の管理がどの様になっていたのかが疑わしいですね。
    この様な事件がある以上、個人への刑罰は勿論、会社名を公表するなどして、同業他社にも管理に対する意識向上を図らないと類似の事件は無くならないでしょうね。
    また、もし入居者と鉢合わせとなったら傷害や殺人…などへの発展を考えるととても怖いですね。
  • トレンドマイクロでセキュリティ対策しようとしたら個人情報を抜かれるし、セコムの警備員が合いカギを使って契約者の家に侵入し腕時計などを泥棒したり、10月7日には神奈川県警の警察官が特殊詐欺の受け子をしたとして逮捕されるような時代ですので
    不動産屋従業員が女性に部屋を仲介する際に、この人の部屋に入ってみたいな、下着欲しいなと思ったら合いカギ作って盗みに入るぐらいのことはするでしょうね・・・。

    今回の逮捕容疑は不法侵入し、洗濯機の中から2枚の下着を盗んだということですが、犯人の部屋からは50枚ほど別の下着も押収されているので、盗まれたことに気付いてない被害者も複数存在するでしょうね。

    それと、今回の犯人は下着を持ち帰ったので住民女性が紛失に気付き発覚していますが、不法侵入してるだけの変質者ならなかなか発覚もしないでしょうね・・・。

  • 本当にこんな事は多かれ少かれあるよ。
    自身のいない留守に大家が許可なく以前に入った形跡があった事がある。
    怖くて退去したが、やはり怖いよ。
    どうにかならないものか。
    結果的に鍵も貴重品扱いとはいえ、
    持ちだしは可能だろう。
    これは不動産屋の名前も公表すべきではないのか。
    公表しても同じだろうが
    賃貸は必ずこの不安は100%安心はない。
  • 不動産業者の管理物件での犯罪は、一般刑罰より重罪にしないといけない。
  • 賃貸物件は入居したら鍵変えた方がいいだろうな。
    高いけどセキュリティーは大事。
    この犯人は下着ドロで、ある意味マシかも?
    金銭目的なら見つかって殺人もある。
    前の住人が合鍵持ってる事もあるし、複製した鍵なんて何個あるかわからないのが現状だと思う。
  • 記事とは直接的に関係ないです。
    どの仲介業者でも未入居の部屋の鍵を開けられるように、全ての空室のカギが現地のどこかにまとめられてる場合があります。工事で出入りする人なんかにもその場所は伝えられます。
    入居中の部屋に何らかの事情で外部の人が立入るため、合鍵を管理会社に借りる場合(普通は入居者も承諾してます)。管理会社に大家さんの名前とあるものを提示したらすぐに貸し出す管理会社もあります。
    あんま詳しくは書けませんが、賃貸なんてそんなもん。

まとめ

合鍵を使って侵入し、洗濯機の中から住人女性の下着2枚を盗む行為ありえません。

きちんと反省して欲しいです。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら