事件・事故

山口県下関市の市立小学校どこ?加害者の名前や顔画像?いじめ女子児童自殺未遂

山口県下関市の市立小学校で女子児童がいじめを原因に自殺未遂をしていることが分かりました。

ではそんな、きちんと対応ができなかった学校はどこなのでしょうか?

また加害者の名前や顔画像は明らかとなっているのでしょうか?

事件の概要も含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

山口県下関市の市立小学校でいじめ!女子児童が自殺未遂!事件の概要

山口県下関市の市立小学校でいじめがあり、女子児童が自殺未遂をしました。

そんな事件の概要がこちらです。

山口県下関市の市立小学校が、いじめ被害を訴える女子児童が自殺を考えている事実を10月下旬に把握しながら約1カ月間適切な対応をせず、この児童が自殺未遂をしたことが関係者への取材で判明した。学校は児童が自殺を図った後の今月5日、いじめ防止対策推進法に定める「重大事態」と認定。児童にけがはなかったが、現在も登校できない状態だ。市教育委員会は「もっと早く対応できた可能性があった」と学校の対応のまずさを認めている。

学校や市教委によると、女子児童は10月中旬、校内で転倒して腕や顔を打ち、全治約2週間のけがをした。「複数の男子に足をかけられて転んだ」と訴えたが、相手側の児童が否定したため、学校はいじめの基準で一番軽度な「日常的衝突」と判断して市教委に報告し、調査を終えた。

間もなく女子児童は「学校に行くなら死にたい」と漏らすようになり、休みがちに。保護者によると、スマートフォンで「きれいな死に方」と検索した形跡も見つかり、担任らへ連絡した。数日後、女子児童は登校できたが、前回と同じ児童の一部と再びトラブルになった。学校は蹴られたとする主張に対し「わざとではなかった」と結論。保護者は同日、警察にこれまでの経緯について相談した。

保護者から警察に相談したと知らされた学校は対応を協議し、女子児童の登校時は校長らが教室で授業中の様子を見守るなどの対応を決めた。この時点で学校は、女子児童が自殺をほのめかしていることを市教委に報告したとされるが、市教委では情報共有されず、担当者は事実を把握していなかった。

11月中旬になると女子児童は学校を完全に欠席。学校は登校するよう電話で促すなどしていたが、女子児童は今月4日、自宅でナイフを首の近くに当て自殺を図ろうとし、保護者に止められた。市教委は翌日、心身に重大な被害が生じた疑いがある「重大事態」と認定して対応するよう学校に指示した。

文部科学省のガイドラインは重大事態について「疑いが生じた段階で調査を開始」「保護者から申し立てがあれば学校が『いじめの結果ではない』と考えたとしても報告・調査に当たる」と明記している。校長は取材に対し、認定が遅れた理由について「欠席日数が重大事態の目安となる30日に達していなかった」と釈明。市教委は「自殺願望を把握した時点で重大事態になりかねないと受け止めていれば、もっと早く対応できた」と認めた。

学校と市教委は今後、事実関係を再調査するが、保護者は「最初から訴えていたのに対応してくれなかった。ここまで子供を追い込んだことは許せない」と不信感を募らせる。

◇50代男性教諭の不適切指導で調査中

この学校では、50代男性教諭が同僚や児童に暴言を放つなど長年不適切な指導をしていたとして、市教委が調査に乗り出している。

問題が相次いでいることについて鳴門教育大(学校教育学)の阪根(さかね)健二教授は「学校内の信頼関係が崩れるとさまざまな問題が起きやすくなる。子供や保護者の訴えに対して組織的な対応を怠っていたのではないか」と指摘している。【坂野日向子】

 

山口県下関市の市立小学校でいじめ!女子児童が自殺未遂!事件の経緯

 

山口県下関市の市立小学校で女子児童がいじめを原因に自殺未遂をしていることが分かりました。

事件の経緯としては女子児童が10月中旬に

校内で転倒して腕や顔を打ち、全治約2週間のけがをしました。

女子児童はいじめが原因で、「複数の男子に足をかけられて転んだ」と訴えたが、相手側の児童が否定したためそのまま調査を終えたということです。

女子児童のいじめへの苦しさを理解できなかった学校側や加害者が原因によって自殺未遂をしたのでしょうか。

未遂とはなったものの女子児童の心には大きな傷が残っていることでしょう。

 

山口県下関市の市立小学校でいじめ!女子児童が自殺未遂!学校はどこ?

山口県下関市で起こったいじめ問題。

女子児童の小学校は市立小学校であることは判明していますが学校名の特定には至っておりません。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

山口県下関市の市立小学校でいじめ!女子児童が自殺未遂!加害者の情報は?

女子児童をいじめにまで追い込んだ男子児童らの名前などは明らかとなっているのでしょうか?

顔画像や名前については現在メディアなどで公開はされていませんでした。またフェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

名前:不明

年齢:不明

住所:山口県下関市

職業:小学生

性別:男

世間の反応

  • 親御さん警察に相談に行く方法を選んでよかったと思います。
    子どもがそんな事で自分を傷つけようとするなんてきっと想像を絶する酷いことをされたのでは?と思います。
    これまでの経緯を見ると学校の対応は全く期待できないようですね…
    ご家族はなんとかお子さんを守ってあげてください。
    学校の環境が少しでも良くなりますように。
    加害者にきちんと対応がされることを願うばかりです。
  • 昔学校で誰かしらに陰口やいじめをやってた人達が10年振りくらいにやった同窓会に来ていたが、
    絡まれていた本人達は見違えて社交的になり、仕事で成功しで自信に満ち溢れた様子だったのに対し、
    いじめをしていた彼らは何となく端っこでくすぶって口数も少なくあまり明るい表情をしていなかった。

    いじめは大人社会でも存在するが
    ひとつの特定な世界や個人に囚われる必要は無い。
    もっと様々な環境やコミュニティに触れ
    それぞれが好きなことに出会っていくことが大切だと思う。

  • 昔からいつも思う。
    なぜ、いつも加害側の言い分が通るの?今回は未遂で終わったから良かったようなものの、本当に自殺してたらどうなってたの?
    もう、学校の対応には不信感しかない。
  • しっかりやってもらわないと困る。私は小学生であろうと加害者は停学にすべきだと思う。加害者は何もなかったかの様に普通に学校に来て被害者側はケガを追った上に学校に行けなくなるなんておかしい。しかもこれ男子生徒が集団で女子生徒を暴行したんでしょ。平手打ちされて顔にも身体にも傷ついたらどうするつもり。私がこの女子生徒の親だったら煮えくり上がる気持ちだしいじめた男子生徒の親だったらもうタダじゃおかない。
  • いじめは学校が悪いんじゃない。
    いじめをする本人とその親や家族(特に親)が悪い。
    だから、いじめがあるとなったなら、無かったことにしようとか、見て見ぬふりではなく、正々堂々といじめを糾弾すれば良い。
    勿論、人間対人間だから、単純に白黒は難しいと思うけど、いじめの舞台側がわなわなするから、ややこしくなるんじゃない?
    それでいじめた側に負の連鎖が起きても、それこそ自業自得。
  • 人間力の無い教員と隠蔽して自分の経歴に傷がつかないように逃れようとする校長、教頭。

    これに尽きるよ。

    そもそも教員になる人材が、今一つパッとしない奴ばかり。
    自分の同級生でも、本当に優秀だったのは、大企業、官僚、自営で活躍している。
    地味で大人しいタイプが何人も教員になってるが、まぁことなかれ主義でそろそろ校長になったり、なってるんだろうな、とは容易に想像がつくわ。
    彼らが暴れる生徒を矯正し、傷んだ生徒のメンタルをフォロー出来るとは思えない。

  • 成長過程である子どもが集まる場で、イジメが起きるのは普通のことだと思う。
    妬み、苛立ち、憎しみ、さびしさ…などの不快な感情を持った時、それを乗り越える方法を体験して学んでいく途中だと思うから。

    誰かを見てイライラするとか気に触るとなっても、他者を認め、自分の苛立ちの根本を見つめることが出来ようになるには、多くの体験が必要だ。

    そのことを分かっている大人は、他者に攻撃的になっている子どもにアドバイスができるのだと思う。

    現場を目撃してない場合、わざとだったのか、そうでないのか判断するのは難しいとは思うが…わざとでなくとも、全治約二週間の怪我をさせたことは謝るのに十分な材料だと思う。その辺の指導はどうだったのかが気になる。

    不快感情を乗り越える擬似体験なら児童書でも出来る。ただ楽しんで物語を読んでいるだけで、考えるきっかけがあったり、他者の気持ち想像する力にも繋がることがある。

  • 小学生で自殺?

    そんな世の中、おかしいよね
    まだ生まれて10年位でしょう

    いじめた加害者の親は慰謝料を払うべき

    それが慣例になればいじめの抑止力に繋がるかも

    親がちゃんと言って聞かせるべき問題だよねいじめって

    家庭でのストレスを学校でぶつけている事もあるかも

まとめ

山口県下関市の市立小学校で女子児童がいじめを原因に自殺未遂をしていることが分かりました。

ではそんな、きちんと対応ができなかった学校などの情報についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました