斎藤光弘の顔画像!事故原因は認知症?逮捕は?85歳死亡事故!館林市

群馬県館林市の場外競輪場売り場で駐車しようとしてた軽自動車が急加速して死亡事故を起こしました。

斎藤光弘が事故を起こしたということですが、事故原因はなんだったのでしょうか?

事故の概要も含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

斎藤光弘85歳が館林市で死亡事故を起こした概要

斎藤光弘85歳が館林市で死亡事故がありました。

そんな事故の概要についてです。

群馬県館林市の場外競輪車券売り場で駐車しようとしていた軽自動車が急加速し、ベンチに座っていた男性3人をはねました。このうち1人が死亡しました。

警察によりますと、20日午前9時半すぎ、館林場外競輪車券売り場で高齢男性が運転する軽自動車が駐車しようとしたところ、何らかの原因で急加速して前方のベンチに座っていた成人の男性3人をはねました。3人のうち1人は病院で死亡が確認されました。2人は軽傷とみられています。軽自動車を運転していた高齢男性も病院へ搬送され、治療を受けているということです。警察は当時の状況などについて詳しく調べています。

 

事故の経緯や現場は?

今回事故があったのは2019年10月20日の午前のこと。

場所は群馬県館林市赤生田町の競輪場外車券売り場の駐車場です。

ここで軽乗用車が同売り場の入口付近に突っ込んで死亡事故を起こしました。

斎藤光弘の起こした事故の被害者について

軽乗用車による今回の死亡事故。

入口付近に突っ込んで、ベンチに座っていた男性3人をはねました。

そして

群馬県小山市小宅の建築業、露久保定雄さん66歳が頭を強く打つなどして死亡しました。

20日午前9時35分頃、群馬県館林市赤生田町の競輪場外車券売り場の駐車場で、栃木県足利市樺崎町、無職斎藤光弘さん(85)の軽乗用車が同売り場入り口付近に突っ込み、ベンチに座っていた男性3人をはねた。同県小山市小宅、建築業露久保(つゆくぼ)定雄さん(66)が頭を強く打つなどして死亡し、57歳男性が鎖骨骨折の重傷、62歳男性が軽傷を負った。斎藤さんは腹などを打って重傷。

県警館林署の発表によると、軽乗用車は駐車しようとした際に急加速し、同売り場入り口脇の掲示板をなぎ倒し、3人をはねた。同署はブレーキとアクセルを踏み間違えたことが原因とみて、斎藤さんの回復を待って事情を聞く。

軽乗用車を誘導していた警備員によると、常連客の斎藤さんは足が不自由で、身体障害者専用の場所に車を止めようとしていた。

斎藤光弘85歳が死亡事故!事故原因は?

今回どうして、事故を起こしてしまったのでしょうか?

また高齢による死亡事故です。

事故原因については詳しく判明していませんが

  • アクセルとブレーキを間違えた
  • 認知症で運転がわからなくなった
  • 足が不自由であったため操作ミスをした

などということが考えられます。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

斎藤光弘のプロフィールや顔画像

顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

名前:斎藤光弘

年齢:85

住所:栃木県足利市樺崎町

職業:無職

逮捕理由:まだされていません

 

斎藤光弘はどうして逮捕されない?

現在のところ、死亡事故を起こした斎藤光弘は逮捕をされていません。

どうしてなのでしょうか?

上級国民というものなのか?と思ってしまいそうですが

もしかすると

本人も重症で、入院中であるからだと予想ができます。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

世間の反応

  • 高齢って言っても何歳なんだろう。それにしてもあまりにも多い。どうにかならないものだろうか。
  • またもや高齢者事故が起きてしまった。今年の4月に池袋で飯塚幸三の運転する車が横断歩道を渡っていた母子を跳ね飛ばした事故を筆頭に、5月の大津市の事故とか後を絶たない。高齢者が踏み間違えをするのと20代の若者が踏み間違えをするのとで比較すると、若者のほうが踏み間違えは多いが、動体視力や判断能力に優れている若者は、踏み間違えにすぐさま対処することができる。だから、踏み間違えが若者のほうが多くても、死亡事故に至るのは高齢者のほうが多いのはこういうことである。高齢者運転は危険だと認識されているが、イナカに住む高齢者にとって車を失うのは死活問題。公共交通機関がないので、車がなかったら買い物にも不十分だと思う。館林が都会化イナカ化は知らないので迂闊なことは言えないが、イナカざいじゅうの高齢者が事故らないよう、踏み間違え防止装置の支援拡充は極めて緊要だと思う。
  • またか
  • 高齢者というけど、年齢が書いてないと分からないね。
    60代でも高齢になるんだろうけど、高齢者だけをメディアが記事にするから。事故を一番多く起こすのは免許取り立ての10代から20代です。ただ、死亡事故となると高齢者が一番になる。今回の事故だって、原因不明の急加速ではなく、単純にアクセルとブレーキの踏み間違いでしょ。
    若い人でも踏み間違えることはあるはずで、ただ踏み間違えても事故になる前に対応できる。高齢者だからとひとくくりにするより、高齢者講習の内容を見直し、まず認知症検査は病気としての認知症検査ではなく、運転に特化した認知行動検査にするべきだし、実技検査を重要視して、明らかに技能が劣る場合には免許更新停止にするぺき。これだけでもかなりの高齢者の事故は減らせると思う。現状は、免許は持ってるけど、その資格に値しない人が運転していることが原因の一つ。
  • 競輪に限らず、競艇やパチンコ店に出入りする高齢者は山ほど居るが、今回ベンチに居た3人も競輪を楽しみにしていたのではないか。時間から推測すると、競輪が未だ始まっていなかった様に思う。本来なら競輪の車券の予想をしている頃だが、3人は楽しむ前に大変な事に巻き込まれて終った。急加速させた高齢者も楽しみから一転、苦しみに変わって終い、大事になった事に何が何やら判らなくなっているのだろう。それにしても急発進はギャンブルの世界にまで進出した事に驚いている。ところで、記事は高齢者と伝えている事から、加害者の年齢が判っているのではないか。読み手としては、65歳なのか90歳なのかで捉え方が違って来る。仮に年齢が判っているのなら、堂々と記載すべきだ。今回も朝日の報道だが、特に朝日は年齢を書きたがらない悪い癖の様なものが有る。今後は猛省した上で高齢者に限らず判っているなら年齢を書かないと駄目だ。
  • 本当に早く抜本的な対策とらないとこれからは高齢者が増えていくばかりなのに事故が今以上に多発します。
    やはり、今のアシスト機能では不充分でメーカーも注意書きで逃げてるから、60歳はマニュアルのみに限定させるのが一番だと思いますね。
    60歳以上ならほとんどがオートマ限定免許ではないから過去に運転してきたはずです。
    マニュアルなら踏み間違えてもエンストして止まるだけで急発進なんてないし安全だと思いますね。また、両足を使う運転が出来ないレベルなら免許は返納するべきです。
    あとは、メーカーがどこまで協力してマニュアル車を作ってくれるか、ですね。
    でも、これ以上犠牲者を出さない為に必要な対策だとは思います。
  • 一般人の自動車運転を制限すべき時が来ていると思う。
    高齢者による自動車暴殺事件が多くはあるが、若年者、壮年者の暴殺も発生している。
    多くの人には巨大鉄塊をミスなく操縦する技術も覚悟もない。
    事故を起こしていないほとんどの人は、たまたま起こしていないだけで、条件が揃えば暴殺にいたっていたと考えられる。
    おそらく、十分な技術と認識・自覚を持つ人は、免許人口の0.5%程度だと思われる。
    免許更新の際には、運転免許試験場の一発試験と同等以上の技能・技術検査と意識検査を課し、1点でも原点がある場合は免許取り消しだけでなく、今後の再取得を不可とする処置が求められる。
    この、手ぬるい更新時方式では数年間は無能無法運転者が野放しになるが、致し方ない。いずれにしても、人口増の時期は人口調整を交通事故に委ねていたが、人口減に転じた今は、交通死亡事故を抑制する方向に政策転換する必要がある。
  • いつまで同じ議論を続けたらいいんだろう。飯塚幸三氏のように身体が不自由な振りをすれば何の落ち度もない人を殺しても逮捕されないことがわかったから、高齢ドライバーも危機意識が持てないのではないか。いくら高齢でも認知があっても身体が不自由でも、責任あるドライバーとして通常の拘束、起訴、受刑を適用し、広く報道すれば危機感が自覚できるのではないだろうか。嫌なら免許返納すべきだし、車のない生活の不自由は別問題であり、善良な市民の生命より優先する問題では無かろう。
  • 声を大きくして叫びたい。
    これだけ高齢者の事故が多い中でそんなニュースを見ても、次は自分が加害者になるかもしれないと考えないのかな、感じないのかな?そんな共感能力の無さもこのような痛ましい事故を生んでいる気がしてしょうがないのです。
    車を運転する人は今一度考えて欲しい。自分がいつ加害者になってしまうか分からない。だから安全運転をくれぐれも心がけることを。
    高齢者の方は自分に過信することなく、能力的に難しいなら免許返納も考えて欲しい。
    今後、これ以上少しでも未来ある若者の命が亡くならないように。
  • 都会ならともかく田舎の高齢者による免許返納は無理でしょう。田舎に車は不可欠ですし、若手が少なく今の高齢者が引退して田畑が廃れれば獣害は増え、農家減少が住宅地の人口下落に繋がれば住民税はじめ自治体の収入も減り悪循環かと。かといって過疎地で公共交通機関の本数を増やすのも地方財政からみてこれも無理がある。鉄道の維持に困窮している位ですからね。そうなると、結局はAT車の見直ししか無いでしょうね。右足一本の安直な操作を左右別個にするとか、発進・停止時には疑似クラッチによって左足で切る動作をさせ、ペダル間の感覚を右足でなく両足で認識させる等でMT車の操作に近い感覚に戻すのも有りだと思いますね。繋ぐ難しさが無ければ教習所でも導入しやすいでしょうし。
    さらにテスラのスマートサモン等、駐車場内の無人運転が進歩すれば…かな。根本的に、若者が地方経済に目を向けてくれるのが一番良いとは思いますけどね。
  • 人間が運転する以上はミスは起こるのは分かる
    高齢化社会で年齢によって免許規制すると物流崩壊するのも分かる
    国はもっと公共の交通網なりタクシーなり、判断力の落ちた者へ料金免除などのシステム構築しないと若者が犠牲になっていくわ
  • 高齢化社会がさらに進むことを考えると、なにもしなければ
    こういう悲惨な事故は減ることがなく増えていくばかりでしょう。しかしながら、高齢者の運転を禁止すれば、足腰の弱った人の
    移動手段を奪うことになってしまう。ここは頑張って、高齢化社会への対応として国策で
    自動運転の開発に力を入れていくのは、どうでしょうか。
    自動運転のための法整備、研究開発に対して国からの援助を
    与えるなど。。。自動運転の技術が確立したらの話になりますが。
    高齢者が免許を返上すれば、安価に自動運転のタクシーを
    利用できる特典が得られれば、移動手段も確保できます。また、世界に先がけて高度な自動運転技術を開発できれば
    次世代の自動車産業の国際競争にも勝てる可能性が高く
    なるはずです。ここで国際競争力をつけておけば、家電や半導体の二の舞に
    ならずにすむかもしれません。

 

まとめ

群馬県館林市の場外競輪場売り場で駐車しようとしてた軽自動車が急加速して死亡事故を起こしました。

そんな斎藤光弘の事故の概要などについてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難うございました。

おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら