事件・事故

news every炎上!清永奈穂のヘラヘラ動画!画像!川崎事件

2019年5月28日、通学時間帯にカリタス小学校の小学生を狙った事件があり岩崎隆一容疑者が身柄確保(死亡)しましたがこのニュースを取り上げた「news every」で出演をされている清永奈穂さんの発言などが炎上しています。

 

そんな報道番組についてや実際の画像などについてご紹介させていただきます。

また新たに岩崎隆一の住所特定、顔画像や生い立ち特定、明らかになってきた犯行動機、ドライブレコーダーの情報については下に追記しております

最後までお付き合いお願いします。

も く じ

news every清永奈穂さんの発言などが炎上!

2019年5月28日、夕方の報道番組「news every」では岩崎隆一容疑者によるカリタス小学校の小学生の事件が取り上げられました。

その番組に出演されていたのが清永奈穂さん。

この清永奈穂さんの発言などが炎上をしています。

 

清永奈穂さんの発言なども炎上しているのですが、一番炎上したのがこのニュースが取り上げられているときの「表情」。

「よく笑っていられるな」という批判の声が殺到しているようです。

死者も出た惨殺な事件を目の当たりにしているときにこのヘラヘラは許しがたいですね。

そして発言は様々なことを述べられているのですが、「今回は事件はいい機会」というような弁明のしようがないコメントをしているのです。

ありえないですね。

清永奈穂さんのnewsevery炎上動画

清永奈穂さんに批判殺到!

https://twitter.com/Mii_i_pq/status/1133298902961086464?ref_src=twcamp%5Ecopy%7Ctwsrc%5Eandroid%7Ctwgr%5Ecopy%7Ctwcon%5E7090%7Ctwterm%5E3

https://twitter.com/nana_unco/status/1133300289065238528?ref_src=twcamp%5Ecopy%7Ctwsrc%5Eandroid%7Ctwgr%5Ecopy%7Ctwcon%5E7090%7Ctwterm%5E3

https://twitter.com/heavensunny/status/1133380708448329729?ref_src=twcamp%5Ecopy%7Ctwsrc%5Eandroid%7Ctwgr%5Ecopy%7Ctwcon%5E7090%7Ctwterm%5E3

清永奈穂さんについて

 

私は、少年非行やいじめ、子どもが被害に遭う犯罪事件、また阪神淡路、能登の地震等をわずかですが20年余り研究してまいりました。その間、どうすれば被害者にならずに自分自身を守ることができるのか、また逆に加害者にならずに育っていくのか、といったことを考えてまいりました。

そんな研究生活の中で、安全に過ごすために自分自身で自分を守ることを学ぶには、座って学ぶこと+体験しながら身につけ学ぶことしかない、との結論に基づき、たくさんの支援してくださる声に押され、本NPOを2012年9月に設立いたしました。

自分を守ることを体験しながら「安全基礎体力」をつけること。また危機を通して子どもを大人にする教育を、誠心誠意行ってまいりたいと思っています。

ご支援、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。

体験型の安全教育にご興味のある方、ご一緒に活動してくださる方、どうぞお気軽にご連絡ください。お待ち申しあげております。

代表理事 清永奈穂

 

略 歴

1994年立教大学文学部教育学科修士課程修了

1994年~1996年放送大学研究助手

1997年~1998年英国留学

2000年~現在 株式会社ステップ総合研究所設立 代表取締役所長就任

2001年~2002年 放送大学講師

2006年~2011年2月 日本女子大学市民安全学研究センター研究員

2006年~2007年 文部科学省 資質の高い教員養成GP研究員

2007年~2008年 科学技術振興機構「犯罪からの子どもの安全」研究委員

2010年~2014年 東京都子ども見守りボランティアリーダー育成講座講師

2012年~2014年 警察庁新しい安全安心まちづくり研究委員会委員

2014年~現在 静岡県主催体験型防犯教室「あぶトレ」プログラム監修および講師養成講座講師

2015年  愛知県警主催 体験型防犯教室「BO-KENあいち」監修 他

2014年~2016年 警察庁持続可能な安全安心まちづくり検討委員会委員

2016年~2017年 警視庁いわゆるJKビジネスにおける犯罪防止対策の在り方に関する有識者懇談会委員

2018年4月~ 警察庁子どもと女性の安全対策検討委員会 委員

専門分野

犯罪行動分析・安全教育

研究分野

安全教育、地域安全、犯罪防止論、英国の市民教育(Citizenship Education)と安全教育(Safety Education)、非行・いじめ問題、青少年規範意識

講演等

・教育委員会主催防犯指導者研修会講師

(例:秋田県、石川県、福井県、富山県、愛知県、滋賀県、岩手県、岡山県、京都府、三重県、埼玉県、神奈川県、静岡県、高崎市、伊勢崎市、杉並区、等)

・県民大会、防犯研修会、ボランティア養成講座等講師

(例:秋田県、岩手県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県、埼玉県、兵庫県、滋賀県、石川県、静岡県、群馬県、東京都、福岡県、大分県、佐賀県、愛知県、等)

・安全教室講師

(例:福岡、香川、岐阜、愛知、栃木、東京、埼玉、千葉等等)

・全国防犯協会連合会「次世代防犯ボランティア育成講座」講師

安全教育プログラム監修

静岡県体験型防犯教室「あぶトレ」監修

愛知県体験型防犯教室「BO-KENあいち」監修

著 書

『少年非行の世界』 (共著、有斐閣、1999年)、『世界のいじめ』 (共著、信山社、2000年)、『子どもの犯罪からの安全に関する教育委員会調査報告書』(共著、2007年日本女子大学GP研究会)、『園・学校教育における地震訓練の効果と子どもの行動に及ぼす影響に関する調査報告書~能登半島地震体験を体験した幼稚園および小・中学校調査を通し ~』(共著、2007年日本女子大学能登半島地震調査委員会)、『安全教育のこれまで・これから』(共著、2007年日本女子大学GP研究会)、『防犯ボランティアリーダーマニュアル』(共著、全国防犯連合会 2009年)、『犯罪からの子どもの危機実態に関する研究―小学校を中心としてー』(日本女子大学総合研究所紀要 201011月)、『犯罪からの子どもの安全を科学する』(共著、ミネルヴァ書房、2012年1月刊行)、『よくわかる教育学原論』、(共著、ミネルヴァ書房 2012年4月刊行)、『犯罪者はどこに目をつけているか』(共著、新潮新書 2012年9月刊行)、『犯罪と地震から子どもの命を守る!』(小学館 2013年8月刊行)、『児童心理』9月号、10月号、11月号「犯罪からの子どもの安全」(金子書房 2017年)他

テレビ出演・監修等

・NHKクローズアップ現代、NHKあさイチ、NHKEテレ「すくすく子育て」「まいにちスクスク」、NHKニュースウォッチ9、首都圏ニュース等出演

・NHK「子ども安全リアルストーリー」監修、全国防犯協会連合会「地域で守る子どもの安全」DVD監修等

 

川崎市の登戸第一公園で10人以上が刺される犯人死亡!

通り魔事件の犯人が死亡をした模様です。

 28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で、通勤途中の女性から「複数の通行人が刺されている」と110番があった。神奈川県警が、通行人を刺したとみられる男の身柄を確保したが、その後に死亡した。さらに小学6年生の女児1人と30代男性も死亡が確認された。この他、男女14人が負傷した。現場の状況から通り魔事件の可能性があり、県警は殺人の疑いで捜査する。

【救急車や警察車両が駆けつけ、騒然とした現場】

県警によると、現場に駆けつけた警察官が、植え込みの横で体から血を流して倒れている男を発見。近くに血が付着するなどした包丁2本が落ちており、県警は事件に関与した疑いがあるとして、この男の身柄を確保した。川崎市麻生区に住む51歳の男とみられ、自分で首のあたりを刺し、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は身元や動機の解明を急いでいる。

現場は小田急線登戸駅の近くで、県警によると同駅から北西に約1.5キロにある私立「カリタス小学校」(川崎市多摩区中野島)のスクールバスを待っていた小学生らが襲われたとみられる。事件を目撃した人は「両手に包丁を持った男がスクールバスに向かってきて、いきなり並んでいる子どもを刺した」などと話しているという。

川崎市消防局によると、負傷者らは聖マリアンナ医科大病院や川崎市立多摩病院、新百合ケ丘総合病院、日本医科大武蔵小杉病院に搬送されて治療を受けた。

目撃情報によると、現場付近の歩道には少なくとも約50メートルにわたって複数の被害者が倒れていた。バス停近くに止まっていたスクールバスのそばに小学生とみられる女児が倒れ、その西側に大人2人が倒れていた。心臓マッサージを受けている被害者もおり、腹部周辺に血がにじんでいたという。

神奈川県私学振興課によると、カリタス小学校(内藤貞子校長)は、学校法人カリタス学園が1963年に設立した。カトリック教育を重視し、系列の幼稚園や中学校、高校がある。昨年度の児童数は647人(男子63人、女子584人)。小田急線・JR線の登戸駅から学園まで、スクールバスを運行している。【池田直、国本愛】

51歳の麻生区の岩崎隆一が確保される動画

事件は51歳の男性によって犯行されたということですが、犯人は後に死亡しました。

身柄を確保したときの動画がこちらのようです。

岩崎隆一について!!

現在テレビなどのメディアなどでは岩崎隆一容疑者という名前は公開されている様子はありません。

しかし、ネット上では「岩崎隆一」だと声が上がっています。

その理由として「読売新聞」の夕刊に掲載されていたからです。

 

被害者の名前は大々的に報道されているのに、ここまで惨殺な事件を起こした犯人の名前が控えめにしか報道されないことに疑問です。

今回身柄確保、そして死亡をした犯人の「岩崎隆一」のプロフィールについてです。

岩崎隆一のプロフィール

ここでは岩崎隆一の分かっているプロフィールについてご紹介します。

 

名前:岩崎隆一

年齢:51歳

職業:不明

住所:神奈川県川崎市麻生区

 

岩崎隆一の国籍は?

現在、岩崎隆一の国籍について様々な情報がありますが正確なものはなくいまのところは分かっていません。

しかし突然このような悲惨な事件を起こすのですから、大変気になりますね。

岩崎隆一の犯行動機は?

世間でも「精神疾患では?」「発達障害があるのでは?」「元学園の関係者では?」などと様々な憶測が飛び交っているようです。

現在のところ、犯行動機については明らかとなっていませんが目撃者によると「新品の刃物を複数持っていた」ということですから前々から計画をして犯行をしたということが伺えます。

川崎市の登戸第一公園で10人以上が刺される通り魔事件の概要

川崎市の登戸第一公園で小学生を含む10人以上が男性に刺された事件の概要についてです。

  

午前7時44分ごろ、神奈川県川崎市で「路上で小学生が4人刺された」と119番通報があった。

 

捜査関係者によると、刺されたのは小学生が7人から8人、大人が4人くらいで、このうち大人1人と子供1人が心肺停止だという。現場付近で男1人の身柄を確保したという。男は40歳から50歳くらいで、自分の首付近を刺しているという。

 

川崎市の登戸第一公園で10人以上が刺される通り魔事件の経緯

今回な凄惨な事件の経緯についてです。

28日朝、川崎市の路上で小学生や大人が次々と刃物で刺されて、警察によりますと、これまでに合わせて16人がけがをし、このうち大人1人と小学生1人が心肺停止の状態になっているほか、3人が大けがをしているということです。消防によりますと、19人がけがをしているという情報もあるということです。

 

刃物で刺したとみられる男は警察に身柄を確保されましたが、みずから首を刺して意識不明の重体になっていて、警察が詳しい状況を調べています。

28日午前7時45分ごろ、川崎市登戸にある公園近くの路上で「複数人が刺された」と警察に通報がありました。

警察によりますと、これまでに6歳から7歳の小学生の女の子13人と、大人の男女3人の合わせて16人がけがをして手当てを受けていて、このうち大人1人と小学生1人が心肺停止の状態になっているほか、3人が大けがをしているということです。

一方、消防によりますと、19人がけがをしているという情報もあるということです。

 

警察は刃物で刺したと見られる40代から50代くらいの男の身柄を確保しましたが、男も自分の首を刺して意識不明の重体になっています。

 

警察によりますと目撃したバスの運転手は「男は両手に包丁を持ちバスの方向に歩いてきて小学生を次々に刺した」と話しているということです。

 

また、現場で男が倒れていた脇に凶器とみられる刃渡りが長い包丁が2本残されていたということです。現場では男の身元を確認できるものは今のところ見つかっていないということです。

 

警察は殺人未遂の疑いで調べるとともに、詳しい状況の確認を進めています。

 

現場は川崎市多摩区登戸新町の住宅街の一角で、JRや小田急線が乗り入れている登戸駅から北西におよそ250メートル離れた場所です。

 

通り魔の被害者は10人以上

川崎市での惨殺な事件。

10人以上が、刺されるという大事件ですがけが人らは川崎市でそれぞれ4病院へと搬送をされた模様です。

それぞれ

  • 宮前区の聖マリアンナ医科大学病院

 

  • 麻生区の新百合ヶ丘総合病院

 

  • 多摩区にある川崎市立多摩病院

 

  • 中原区の日本医科大学武蔵野小杉病院

 

だということです。

被害者は6歳の女の子もいるということです。

 

新百合ヶ丘総合病院では午前8時40分ごろから午前9時55分にかけて、いずれも小学校低学年の女の子5人が救急搬送されたということです。5人とも、病院で手当てをうけているということです。

 

川崎市立多摩病院では午前9時ごろから女の子6人が救急搬送されたということです。いずれも意識があり、命に別状はないということです。

 

日本医科大学武蔵小杉病院によりますと、これまでに4人が搬送されたということです。このうち大人の男性1人と小学生の女の子1人はけがの程度が重く、救急救命センターで治療を受けているということです。

 

被害者の女子生徒の名前が公開されました

今回被害者となってしまった女子生徒の名前が公開されました。

名前は「栗林華子」さん。

川崎市で児童らが刃物を持った男に襲撃された事件で、神奈川県警は28日、犠牲になった2人のうち、1人は小学6年の栗林華子(はなこ)さん(11)=東京都多摩市だと明らかにしました。

東京都多摩市からカリタス小学校へと通っていた11歳の栗林華子さん。

場所的にも電車通学をしていたと予想できます。

居住されているのは多摩市ですから、事件当時も遺族の方はすぐ駆けつけることができなかったかもしれません。

現在のところ顔画像などの情報についてはメディアなどで公開はされていませんでした。

亡くなってしまった少女のご冥福をお祈り申し上げます。

 

被害男性の名前も公開される

今回被害者となってしまった男性の名前も公開されました。

名前は「小山智史」さんです。

神奈川県警によると、川崎市の路上で襲われ死亡した男性は、東京都世田谷区の小山智史さん(39)。

小山智史さんは東京都世田谷区に住まわれていることがわかっています。

今回の事件の発生時間から予想すると通勤途中や近くに勤めている会社がありその周辺で被害にあったということが考えられるでしょう。

またカリタス小学校のバス停までお見送りをしていたなどということも考えられます。

顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

被害者の男性のご冥福をお祈り申し上げます。

 

なぜ犯人の実名が公開されないの?

今回の事件は2019年5月28日の朝に起きました。

事件後、捜査で身元の確認を急ぐということを発表されていますが一部では「麻生区に住む51歳の男性である」ということも発覚しています。

実際犯人の所持品にあったかどうかはわかりませんが保険証などの身分証明書があればすぐに名前はわかるはずです。

それにもかかわらず事件から半日以上が経ってもなお、名前は公開されていません。

その理由としては、以前の東京池袋でのプリウス暴走事件がありました。

このとき加害者である飯塚幸三元院長が逮捕されなかったり容疑者と呼ばれなかったということから「上級国民」という言葉が話題となりました。

今回はどうかは分かりませんが、ここまでの時間がたっても名前が公開されないのは同じように「上級国民ではないか?」と言われているようです。

実名が公開されない理由は?

またこの他にも正式な理由があって、実名が分かっていても容疑者の実名が公開されないことがあります。

それは

  • 容疑者が未成年者である
  • 容疑者に刑事責任能力がない
  • 在日外国人である
  • 捜査確認中である
  • 社会的に影響がない事件である

などということです。

今回の事件では40〜50代ということが報道されていますので「未成年者である」ということは考えられません。

また報道機関は刑法第39条に「心神喪失者の行為は罰しない」ということが定められているために精神疾患などの疑いが容疑者にあると分かれば報道では名前の公開がされません。

現在、本当に捜査段階で実名公開がされないのであればまた明らかとなることが予想できますが精神疾患などによって責任能力がない場合などでは報道される可能性は極めて低いと考えられます。

川崎市通り魔の登戸第一公園の現場

現場と小学校の位置関係

 

事件は神奈川県川崎市で起きました。小学校なども登校時間である時間帯に登戸駅から西に200mほど離れた住宅街で発生しました。

 

狙われた子供たちは近くにある「カリタス小学校」だと噂されています。

 

1.3kmほど離れた川崎市多摩区には「カリタス小学校」があり、この辺りにはカリタス小学校へと向かうバスがくるバス停がありました。

カリタス小学校を狙った?犯行時間も登校の時間帯に

まさに小学校の登校時間に犯行がおこなわれました。

場所はカリタス小学校の子供たちが送迎バスを待つ集合場所です。

カリタス小学校は「学校に通う児童でけが人がいるという情報がある」と話し、現在詳しい状況の確認をしているということです。

現場とみられる付近の公園は児童の送迎バスの集合場所となっていて、事件が起きた時間は児童の登校時間帯にあたっていたということです。

 

カリタス小学校について

今回命が狙われたカリタス小学校の子供たち。

カリタス小学校は「神奈川県川崎市多摩区中野島4丁目6-1」にあります。

 

カリタス小学校は、神奈川県川崎市多摩区中野島にある私立の小学校。1963年創立。 カリタス幼稚園・カリタス女子中学高等学校・カリタス女子短期大学は系列校。

カリタス小学校は制服のようです。

このような制服を着ているのでもし「カリタス小学校」を狙った犯行なのであれば、制服やバス停の集合場所を狙ったのでしょう。

カリタス小学校とは

けが人の情報があるカリタス小学校は川崎市多摩区にある私立の小学校でホームページによりますと、平成29年の児童の数は648人、教員は51人だということです。

 

昭和36年にカナダのケベック・カリタス修道女会がカトリック学校としてカリタス女子中学高等学校を開設し、その2年後の昭和38年にカリタス小学校が開設されたということです。

 

現在は幼稚園から小学校・中学校、高校、それに短期大学までそなえた総合学園になっていて、川崎市内の唯一のカトリック校としてカトリック教育の理念に基づいた一貫教育を行っているとしています。

カリタス小学校はキリスト教カトリック系のようです。

教育目標はこのように掲げています。

ともに祈り、学び、仕える人に

神を信じ、人と生き物をいつくしむ。
  • 神の優しさを思い起こし、祈りができる子ども
  • 生かされていることに感謝し、自他を大切にできる子ども
互いに磨き合って深く考え、創り出していく。
  • 何事にも意欲をもって取り組む子ども
  • 創意工夫して問題が解決できる子ども
  • 多面的、総合的に考える子ども

 

良心の声にしたがって判断し、実行する。

みんなで力を合わせ、規則正しい生活ができる子ども

喜んで他者のために働くことができる子ども

健康な心身をもつ子ども

このような私立小学校の生徒たちを狙った事件。

どうしてこのようなことが起こってしまったのでしょうか。何より小学生の子供たちや、重体の方の回復を祈るばかりです。

登戸第一公園の情報

今回スクールバスの来る、集合場所でもあったようですが犯人はそのことを知っていたのでしょうか?

登戸第一公園の情報についてです。

 登戸第一公園は「神奈川県川崎市多摩区登戸新町228」にあります。

普段から子供たちで賑わった公園でまさかこのような事件が起こるなんて信じられません。

登戸第一公園の近くに住む60代の女性は「午前8時ごろにサイレンが鳴っていたので何があったのだろうと思っていました。午前7時40分ごろに公園の近くに段ボールを出しに行った時には、公園では特に異変はなかったので驚きました。公園はふだんから子どもがよく遊んでいる場所でした」と話していました。

また、事件があった現場の近くに住む60代の女性は「道路上には警察官や消防隊員が大勢いて、心臓マッサージをされている方もいました。当時、「キャー」という大きな声を聞いたなどと話している人もいました。現場の近くではいつも朝7時半ごろにカリタス小学校に通う子どもたちが2列に並んで、バスを待っていました」と話していました。

保護者らや近隣、事件当時の小学生らについて

 

事件があったとき現場の近くに住んでいる人は「大人3人がコンビニの駐車場で倒れていた。一人は首を刺されて動けないようで3人がともが救命措置を受けていた。近くにはバス停のがありいつも小学生が集まっている。コンビニのにら小学生が助けを求めている姿があった。普段は静かな場所なのに」と語っています。

またスクールバスの運転手から聞いた話で別の男性は「小学生を迎えに来てバスを止めようとしたら、子供たちの悲鳴を聞いた。何があったかとバスから降りたら子供たちが倒れていた」と話したそうです。

 

事件当時、小学生らのランドセルが散乱し近隣の小学生の保護者らが慌てた様子で迎えに来たということです。

 

通り魔事件を起こした犯人について

犯人については現在顔画像や名前についについては不明です。
情報としては分かっていることは
  • 男性
  • 40〜50代
  • 自ら首を刺している
  • 死亡

ということです。

また一部の情報によると「川崎市麻生区の51才の男」という情報もあります。

 

事件の直後の様子を目撃した、現場近くの会社に勤める30代の男性は「従業員を送迎して戻ってきたらサイレンが鳴っていたので外に出ると、近くのバス停のそばの路上に男性が血を流して倒れていた。バス停の近くには学校専用のバス乗り場があり、スクールバスが止まっていたが、子どもたちの姿は見えなかった。現場の通りは駅に近く、朝は通勤の人が大勢通るし、車の往来も激しい。とても物騒だと思った」と話していました。

 

犯人の犯行動機はバスの騒音?

今回犯人の40〜50代とみられる男性が死亡をしました。

カリタス小学校に相当な恨みがあったのでしょうか。

犯行動機については現在明らかとなっていませんが、「近隣に住んでおり、バスの騒音トラブルではないだろうか」ということが噂されているようです。

なお犯人の男は、私立カリタス小学校に通う生徒が乗るスクールバスを狙ったとの情報が入っており、「ぶっ殺してやる」と叫び声をあげてから犯行に及んだという目撃情報がある。

事件当時、犯行に及ぶ直前に「ぶっ殺してやる!」と叫んでからこのような事件を起こしたようです。

朝の時間帯にバスのエンジン音が聞こえたままで、ストレスを抱えたのでしょうか。

また犯人は計画的な犯行だとも思えます。

死亡した犯人からは「複数の刃物が見つかっている」ということです。

第二の池田小事件か?

過去にも私立小学校などの小学生を狙って無差別について襲う事件もありました。

 

  • ムシャクシャしたから
  • 自分が死刑になりたいから
  • エリートを襲いたいから

などまたそのようなことがきっかけなのでしょうか?

 

 13年6月には大阪府池田市の大阪教育大付属池田小に包丁を持った男が侵入。児童8人を殺害し、教師と児童計15人に重軽傷を負わせた。「付属小はエリート校で、インテリの子供を大勢襲えば確実に死刑になると思った」。男は逮捕後の取り調べで、身勝手な動機を明かした。

 

川崎市の登戸第一公園で10人以上が刺される通り魔事件の世間の反応

  • なぜいつも弱い子供がねらわれるんだ
    許せない!!
    ホントにいつも心が苦しくなる。被害にあわれたかたの安否が気になる。
    死者が出ないことを祈ります

  • 又無差別殺人ですか・・落ち着いて歩けないね
    後ろには目も無いし恐ろしい。
    極刑を願います。 死者が増えない事祈ります。合掌

  • 犯人が拘束されたようでよかった。
    怪我された方々が心配です。
    またこの現場に立ち会われた方も心神喪失状態じゃないかな。
    忘れた頃に起こるこういう犯罪 辛いなぁ。心肺停止の方が なんとか回復してもらいたいと願います。

  • 通り魔は誰でも良かったというけど、
    確実に自分よりも弱い者を狙っている。
    これが故意犯じゃなくてなんだというのか。
    心神喪失だったと認定されませんように。
    心肺停止の方が息を吹き返しますように。

  • 死者が出なくとも、犯人は死刑で良いと思う

  • 自暴自棄になるのは結構だが、他人を巻き込むのはやめてほしい。
    今日も一日頑張ろうと家を出た被害者の方々があまりに気の毒過ぎます。

  • ひどい、弱い存在の子供を狙うな。
    子供たちの心身ともにケアを優先してほしい。

  • 犯人拘束されて良かったが、被害が大きく、また小学生が巻き込まれ心が痛みます。

  • また無差別死傷行為。
    とにかく危険な人間は普段からマークしないと、止まらないのではないか。

  • 情報が少なくて速報だから短い文章なんだろうけど、それが一層恐ろしさを引き立たせてしまう。

 

情報番組「スッキリ」批判殺到!炎上!

岩崎隆一の住所特定!

http://trend-journal.online/iwasakiadress

岩崎隆一のいとこの現在は?スクールバスのドライブレコーダー流出? 2019年5月28日に発生した岩崎隆一による川崎殺傷事件。 今回の事件はカリタス小学校の子供たちを狙っていましたが、犯...