芸能

長澤まさみが品薄スーパーでパスタを買わなかった理由は?!

東京都から外出自粛要請が出された直後の3月下旬の都内のスーパーマーケットには、自宅での自粛生活に備えて食料を買い込もうとする消費者が数多く訪れていた。その中に、女優・長澤まさみ(32才)の姿もあった。

一体どの様な食材を買いに来たのでしょうか?

内容を見てみましょう。

最後までお付き合いお願いします。

どの様な容姿で買い物をしていたのか?

目立たない格好をしていたみたいですね。

マスクをして顔の下半分は見えなくても、170センチの長身でロングコート姿の彼女は、一般人とは違ったオーラを醸し出していた。

長澤まさみさんプロフィール

プロフィールを見てみましょう。

本名: 長澤 まさみ
生年月日: 1987年6月3日(32歳)
出生地:  静岡県磐田市
身長: 170 cm
血液型: A型
職業: 女優
ジャンル: テレビドラマ、映画、CM
活動期間: 2000年 –
著名な家族: 長澤和明(父・サッカー指導者(ジュビロ磐田初代監督))
事務所: 東宝芸能

どの様な食材を購入していたのでしょうか?

内容を見てみましょう。

午後7時過ぎということもあり、店の中は品薄状態。そんな中、長澤は、仕事の関係者と思しき女性とともに、食材を買い物カゴに入れていた。運よく残っていた5キロのコシヒカリも片手で抱えて、レジの列に並んだ。

何故小麦粉系の食品に見向きもしなかったのか?

セミ・グルテンフリーな生活をしているみたいですね。

ただ、そんなプチ食品難の中でも、棚に残っていたパスタなど小麦粉系の食品には見向きもしなかった。そう、抜群のスタイルを維持し続ける長澤は、もう約10年間もセミ・グルテンフリー生活を続けているのである。最近、ある女性ファッション誌のインタビューでは、美容のための食生活を尋ねられると、「パンはほぼ食べないかな。グルテンフリー生活をしているわけじゃないんですが、グルテンを取らない方が、調子が良いんです」と明かしていた。

長澤が心がけるグルテンフリーとは、小麦、大麦、ライムギなどに含まれるグルテンを摂取しないもの。炭水化物ダイエットよりは制限がゆるく、米はOKで、パン、うどん、パスタ、ラーメンなどを控える食生活スタイルだ。男子プロテニスのノバク・ジョコビッチ(32才=セルビア)や、モデルのローラ(30才)らも実践していることで有名な健康法だ。

長澤は、「(10年前に)始めたころは結構ストイックにやっていたんですけれど、今は主食だけグルテンフリーにしたり、1日1食はパンか麺類もOKなど、ゆるいルールにしています」と明かしている。

ダイエットなどはストイックになり過ぎることが長続きしない要因ともいわれる。長澤のように上手にスタイル維持をしていきたい。

今回の長澤まさみさんに対しての世間の反応は?

  • 芸能人を追いかけ回すよりも家にいてください。
  • 特別綺麗な人というのはやはり何かを我慢しなくちゃならないんだろうな。
    それにしても買い物の様子まで事細かに書いていて、犯罪者でもない人物のプライベートを週間記者とその会社って個人情報とかどう考えているんでしょうか。
    パチンコ店ばかりでなくこういう不要不急でしかも法に触れそうな事している業種も取り締まれないものか?
  • 皆んな自粛してる中、散々政府をこけ下ろし、経済より命が大切と言ってるこの雑誌やテレビ、新聞などのマスコミは。自分達は特別と言わんばかりに、このくだらん記事を書く為仕事してる。

    普通休刊するでしょ。あれだけ庶民には自粛だ、コロナは怖い、政府は甘いとか言ってるんでから。

  • ストーカーですか?
    何かあったのかと思わず読んでしまいましたが、芸能人のプライベートをつけ回して買い物までチェックするとは、暇でしょうがないのでしょう。
    これこそ不要不急の記事ですね。このような文章を書くくらいなら、外を出歩かないでください。その方が世の為です。
  • なんだこの記事。盗撮にストーキング。
    パスタを買わなかった、という非常に限定的な情報だけで妄想めいた結論。
    意味が分からない。
  • わざわざ芸能人のオフを追い掛けて写真を撮るという、あまり意味の無い仕事。
  • そろそろ記者にもストーカー規制法の適用が必要な気がします
    不特定多数の集団で人のプライベートを張り付いて撮影する組織ってまともですか?
    何かしら事件を起こしたわけでもないのに…
  • 昨日、東野圭吾原作の「分身」で長澤まさみ見たばかりだったから、おっ、と思って読んだけど完全なストーカー記事。だけどほんとかわいいと思う。同性なんだけど。笑い方も声もかわいい。こんな姿カタチに生まれたら人生100倍楽しかったんだろうなー。

まとめ

スタイルを維持するだけでも大変なことですよね。

時には好きなもの腹いっぱい食べたいと思いますが。

最後までお読み頂き有難う御座いました。