芸能

ミルクボーイ【動画】駒場孝・内海祟コーンフレークM-1!学歴や経歴

M-1グランプリでミルクボーイというコンビがコーンフレークというネタで番組史上最高得点を出し

衝撃的だと話題になっています。

そんなミルクボーイの動画や

コンビである駒場孝さん、内海祟さんらについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします

ミルクボーイがM-1でコーンフレークネタで史上最高得点!

“令和”初の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』(ABC・テレビ朝日系)が2日に生放送され、初出場コンビ・ミルクボーイが過去最高となる681点を記録した。

【写真】この記事の写真を見る(全1枚)

採点の内訳は次の通り。オール巨人「97点」、ナイツ塙宣之「99点」、立川志らく「97点」、サンドウィッチマン・富澤たけし「97点」、中川家礼二「96点」、松本人志「97点」、上沼恵美子「98点」。

全員が96点以上の高評価を付けた。松本が「あのなんでしょう。いったりきたり漫才。なんか揺すぶられたな。これぞ漫才っていう、久しぶりに見せてもろた。コーンフレークにミルクボーイでかかってしまった」と唸ると、上沼も「大阪の方なんですか。初めてです。一番笑いました、ネタのセンスが抜群ですよ。この角度を持ってくるっていうのは。考えられない顔立ち。新しい。ホンマに出てください」
と興奮気味に絶賛。

ナイツ塙も「誰がやっても面白いネタプラス、この人達がやったら面白い。僕らも1回こういうネタを考えたことがあったんですけど、こんなに面白くできなかった。人と言葉の力とセンスが凝縮されていた」。サンド富澤は「おじさんが、コーンフレークだコーンフレークじゃないっていうので笑えるのが一番よかった」と賛辞を送っていた。

ファイナルはインディアンス、ミルクボーイ、オズワルド見取り図かまいたちぺこぱからし蓮根ニューヨークすゑひろがりず、敗者復活戦から勝ち上がった和牛の10組が出場。ネタ披露の順番が「笑神籤(えみくじ)」による抽選で直前まで決まらないシステムが今年も採用され、出場者たちは常に舞台裏で待機。トップバッターはニューヨークが務めた。

 

 

ミルクボーイ駒場孝について

駒場孝さん顔画像

駒場孝さんプロフィール

 

名前:駒場孝(こまばたかし)

生年月日:1986年2月5日

年齢:33

身長:175cm

血液:B

出身地:大阪府

学歴:

横浜市立戸塚高校

大阪芸術大学放送学科

落語研究会所属

職業:漫才師(ボケ担当)

コンビ名:ミルクボーイ(2007年)

所属:吉本興業

趣味はボディービルでヤバイ!

駒場孝さんの趣味はボディービルとのこと。

趣味を超えるレベルのムキムキですね。

駒場孝さんツイッターはこちら

ツイッター

ミルクボーイ内海祟について

内海祟さん顔画像

内海祟さんプロフィール

名前:内海祟(うつみたかし)

生年月日:1985年12月9日

年齢:34

身長:168cm

血液:B

出身地:兵庫県

学歴:

兵庫県立姫路南高校

大阪芸術大学映像学科

落語研究会所属

職業:漫才師(ツッコミ担当)

コンビ名:ミルクボーイ(2007年)

所属:吉本興業

 

 

 

ミルクボーイ【動画】コーンフレークM-1!

番組史上最高得点で有終の美を飾ったミルクボーイの「コーンフレーク」ネタ動画です。

 

 

ミルクボーイ動画あり!駒場孝・内海祟コーンフレークM-1!世間の反応

https://twitter.com/hikinikugeinin/status/1208754430570463239?s=19

 

 

 

 

まとめ

M-1グランプリでミルクボーイというコンビがコーンフレークというネタで番組史上最高得点を出し

衝撃的だと話題になっています。

そんなミルクボーイの動画や

コンビである駒場孝さん、内海祟さんらについてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました