松原誠治の顔画像やFacebook?車が盗まれたと自作自演?!無免許と飲酒!

名古屋市港区で9月、無免許で車同士の衝突事故を起こし相手に軽いけがをさせて逃げたとして、会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、西区の会社員 松原誠治容疑者(33)です。

なぜこのような事件が起きたのでしょうか?

事件の概要を紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

松原誠治容疑者が起こした事件の概要

名古屋市港区で9月、無免許で車同士の衝突事故を起こし相手に軽いけがをさせて逃げたとして、会社員の男が逮捕のニュースを紹介していきたいと思います。

名古屋市港区で9月、無免許で車同士の衝突事故を起こし相手に軽いけがをさせて逃げたとして、会社員の男が逮捕されました。男は犯行を隠すためか事故後、車を乗り捨て、自ら「車が盗まれた」と警察に通報していたということです。

無免許過失運転傷害やひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、西区の会社員 松原誠治容疑者(33)です。

松原容疑者は、9月22日の午前1時ごろ港区の県道で、無免許で軽ワゴン車を運転し、停止中の対向車に衝突し、2人に軽いけがをさせたにも関わらず、逃げた疑いが持たれています。

警察によりますと松原容疑者は、事故を起こした後、現場から約100m離れた路上に車を乗り捨て、警察に「車が盗まれた」と110番通報をしていたということです。

警察は、防犯カメラの映像や目撃者の証言などから、松原容疑者を特定し逮捕しました。

警察の調べに対し、松原容疑者は容疑を認め「無免許と酒を飲んでいたのがばれることを恐れた」と話しているということです。

松原誠治容疑者が起こした事件の経緯や犯行動機

松原誠治容疑者が起こした事件の経緯

松原容疑者は、9月22日の午前1時ごろ港区の県道で、無免許で軽ワゴン車を運転し、停止中の対向車に衝突し、2人に軽いけがをさせたにも関わらず、逃げた疑いが持たれています。

松原誠治容疑者が起こした事件の犯行動機

警察の調べに対し、松原容疑者は容疑を認め「無免許と酒を飲んでいたのがばれることを恐れた」と話しているということで、犯行動機としては。

  • バレるのが怖かった
  • 日常的に飲酒していた
  • 無免許がバレないと思っていた

などが考えられます。

松原誠治容疑者の顔画像やFacebook

松原誠治容疑者の顔画像やFacebook

松原誠治容疑者の顔は今のところ公開されていないようです。

今後情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。

またこちらで松原誠治容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、特定までには至りませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→松原誠治容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちらです

松原誠治容疑者のプロフィール

名前:松原誠治

年齢:33歳

住所:名古屋市西区

職業:会社員

罪名:無免許過失運転傷害やひき逃げなどの疑い

松原誠治容疑者が起こした事件現場

事件現場は名古屋市港区の県道になります。

松原誠治容疑者の起こした事件の世間の反応

https://twitter.com/guuguugannba/status/1184226823548235776

  • 本当にお気の毒なのは、事故のお相手。
    修理費を払うだけのお金はこいつにはきっとない。お願いですから、超厳罰をお願いします。
  • こういう人種は徹底した自己中。厳罰を望む。

    私の地元は外国人労働者が多く無免許はざらにある。知り合いの外国人は無免許、飲酒状態で無車検車に乗って事故を起こして当て逃げ。怪我をした同乗者を事故を隠して入院させたが、不審に思った病院が警察に通報して発覚。当然無保険状態で賠償できるわけもなく給与の一部を差押えられると「俺にも生活がある。」と逆ギレ。

    思考が違うから常識が通じない。そういう人種にはそれなりの対処が必要。

  • 罪を犯した者の殆どは自身の保身の為にまず嘘をつく確率が高いからね。
  • 悪事はいくら隠してもいつかは必ずバレるという典型例ですね。
    反面教師としての良い教本ですね。
  • 大方免取りくらって無免許なのだろう。今まで見つからずにいたようだが、最悪の形で無免許が発覚したわけだ。変な話、飲酒運転をすれば事故を起こす確率が高くなり、事故を起こせば無免許が発覚する。それなのに何故飲酒運転する?(無免許運転を肯定するわけではない)
  • 無免許で酒を飲み車を運転しようと思った事。
    事故を起こしたのに逃げようと思った事。
    全てがバレないように車が盗まれた事にしようと思った事。
    全てがマトモではない。こんな人間が近くにいると思うとゾッとする。
  • この様なのを、ワルと一般的には呼びます。根が腐ってますのでこのまま朽ちるだけです。なので校正は望むべきもありません。次回もまたより以上にワル知恵で犯罪を起こすのは明らかです。GPS発信器を付けて管理できるような新法を提案します。
  • 現場から逃走する者で、理由のない者などいない。
    明らかに本人が認識してると思われるのに立ち去った場合の罰則をもっと強化しないと飲酒の逃げ得なくならない。
    次の日白々しく酒抜いて出頭してくるばかり。
  • こういう奴がいるから任意保険加入は必須。
    歩いていて轢かれたら洒落にならないので人身傷害も必須。
    何だかんだで無保険車は1割くらい存在するそうだ。
    加害者の保険を使うこと前提では町を歩けない。
    そういう連中を排除できない以上、自衛するしかないし、そうしないと自分が不幸になる。
  • 良く思う事なのですが…
    例えば免許証を車に認証させ…アルコール検査をし…両方共にクリアをしないとエンジンがかからない装置を着ける事は不可能なのかな?
    欲を言えば時速10キロ以上の車内では通信機器が使えなくなる装置等もあれば良いと思う。

まとめ

無免許で飲酒運転、ありえません。

きちんと反省して欲しいです。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら