芸能

小雪 2月末に事務所を退社していた!その理由は?芸能活動は?!

都内の桜も満開を迎えた3月下旬。ランチどきの繁華街を歩くのは小雪(43)だった。

一体何があったのでしょうか?

内容を見てみましょう。

最後までお付き合いお願いします。

繁華街を歩く小雪さん

ショッピングで繁華街を歩いていたみたいですね。

都内の桜も満開を迎えた3月下旬。ランチどきの繁華街を歩くのは小雪(43)だった。長い黒髪を束ね、マスク姿の小雪はブランドショップに入店。子供服売場で店員と談笑しながら、ワンピースやトップスを品定め。3人の子供たちのために、春服を買いに来たようだった。

小雪さんプロフィール

プロフィールをみてみましょう。

本名: 松山 小雪(旧姓:加藤)
生年月日: 1976年12月18日(43歳)
出生地: 日本の旗 日本 神奈川県座間市
国籍:  日本
血液型: O型
職業: 女優、ファッションモデル
ジャンル: テレビドラマ、映画、舞台、司会
活動期間: 1998年 –
配偶者: 松山ケンイチ(2011年 – )
著名な家族: 弥生(姉)

いつエイベックスを退社したのか?

退社したのは理由があったみたいですね。

「実は2月末で小雪さんは個人事務所が提携していたエイベックスを退社。3月から新たなスタートを切っているんです」(小雪の知人)

今春、中居正広(47)、米倉涼子(44)など、有名芸能人の約30年も所属した事務所からの独立が相次いでいる。小雪も約13年間、苦楽を共にした事務所を離れる決断をしたことになる。その背景には、小雪の“スローライフ志向”があるという。

「小雪さんと夫・松山ケンイチさん(35)は最近、自然豊かな土地でのスローライフに強い関心があるそうで、雪深い地域に別宅を持っていると聞いています。もちろん2人とも俳優業を続けていきますが、将来的に本格移住も考えているといいます。現在8歳の長男、7歳の長女、4歳の次男の3人の子供たちの子育てという点でも、田舎暮らしのほうが最適なのではないか、と。今回、小雪さんが大手事務所を離れたのも、将来を見据え、もっと自由に仕事を調整できる準備の一環だったようです」(前出の知人)

何故スローライフにこだわるのか?

子育てがスローライフのきっかけだったのでしょうか?

小雪は昨年12月、映画の完成披露試写会に出席した際、最近の家族のライフスタイルについてこう語っている。

「今年から半分田舎生活というのを始めています。自分たちの生活の中に食べるものや生き方も含め、ゴミを捨てないように生きるとか、そういうことがどういうことか体験できるように、地方で半年住む生活を始めたところです」

その地で畑仕事をして自作の野菜を食べ、鳥も飼っているという。松山もここ数年は農業について勉強していたという。’18年3月の『Numero』のWEBインタビューで「自給自足の生活と俳優業を両立するのが理想?」と聞かれ、「その二つは真逆なんですよ。俳優の仕事はすごく人工的だから、(両立することで)バランスが取れると思う」と答えていた。

「彼女の育児ポリシーは『子供にとって学校だけがすべてじゃない。どういう時間の過ごし方をするかが大事』。小学校は公立に通わせています。彼女のお母さんが自然食志向で、その影響も受けたとか。“田舎暮らし生活”経験が、子供たちの未来に役立つと体感しているのだと思います」(前出の知人)

小雪の独立は今後の“スローライフ生活”の決意表明なのだろう。

今回の小雪さんに対しての世間の反応は?

  • 夫婦ともにナチュラルなイメージがあるから、スローライフ志向も違和感ない。夫婦で価値観が合うのは、素直に羨ましく思います。
  • 東京が全てではないし、良い選択だと思う。素敵なご夫婦ですね。
  • インターナショナルスクールや小学校から海外に留学させる芸能人よりいいと思う。英語だけできたって世の中何百億人が英語なんて喋っている。ちゃんと親と兄弟と日々生活し、自然界の仕組みを学んでいるほうが人間力がある大人になれると思う。
  • 半々だからバランスが取れてるんだと思うな。100%田舎暮らしは大変。お金があるからできることだと思う。
  • 田舎は思っているより閉鎖的で、住んでみたら以外と人間関係で悩むらしい。
    大きな病気にかかると大変だし、一長一短あります。
  • やっぱり日本が1番住み易いし外国に比べりゃ安全な国、有名女優がヨーロッパ暮らしを楽しんでいるかの様に言ってるが、本当なのだろうか?
    田舎生活をしながら、自分に合う仕事をする、最高の生き方と思う
  • 若いのに地に足ついた素晴らしい考え方。
    2人でそこそこの収入が保てれば、スローライフは可能だね。
  • 金がある人にとってはスローライフかもしれないがそこに暮らす者にとってはいい生活とは言えない。
    多くのものがあふれ選択する自由もないし、プライバシーも制限される。
    まして労働単価は安く、物価は高い。交通の便もよくなく雪が降ると閉ざされてしまう。
    雪かきは重労働だ。

まとめ

田舎暮らしでバランスをとって、今まで通り味のある俳優さん夫婦でいて欲しいですね。

都心を悪とせず田舎で暮らすのはとてもいいと思います。

最後までお読み頂き有難う御座いました。