事件・事故

川岸照久の顔画像あり!Facebook?トラックから現金5万円など盗む!余罪あり?!その犯行動機は?!

東京・町田市にある建築会社の資材置き場に止めてあったトラックから現金5万円などを盗んだとして、43歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは無職の川岸照久容疑者です。

なぜこのような事件が起きたのでしょうか?

事件の概要を紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

川岸照久容疑者が起こした事件の概要

東京・町田市にある建築会社の資材置き場に止めてあったトラックから現金5万円などを盗んだとして、43歳の男が逮捕のニュースを紹介していきたいと思います。

東京・町田市にある建築会社の資材置き場に止めてあったトラックから現金5万円などを盗んだとして、43歳の男が逮捕されました。

無職の川岸照久容疑者は去年4月、町田市にある建築会社の資材置き場に止めてあったトラックから現金5万円やキャッシュカードが入ったショルダーバッグを盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、川岸容疑者は現場で鍵の掛かっていない車を物色していたということです。川岸容疑者は去年11月に別の窃盗事件で逮捕・起訴されましたが、その際の自宅の捜索で今回の事件で盗まれたキャッシュカードが見つかりました。取り調べに対して「公園で拾った」などと容疑を否認しています。町田市内では同じ手口の事件が13件あり、警視庁が関連を調べています。

川岸照久容疑者が起こした事件の経緯や犯行動機

川岸照久容疑者が起こした事件の経緯

川岸容疑者は去年4月、町田市下小山田町の資材置き場にとまっていたドアに鍵のかかっていないトラックの助手席から、現金およそ5万円などが入ったショルダーバッグを盗んだ疑いがもたれている。

川岸照久容疑者が起こした事件の犯行動機

調べに対し、川岸容疑者は「拾ったもので盗んでいません」と容疑を否認しているということで、犯行動機としては。

  • お金狙い
  • 借金があった
  • 遊ぶ金が欲しかった

などが考えられます。

川岸照久容疑者の顔画像やFacebook

川岸照久容疑者の顔画像やFacebook

こちらが川岸照久容疑者の顔画像になります。

またこちらで川岸照久容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、特定までには至りませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→川岸照久容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちらです

川岸照久容疑者のプロフィール

名前:川岸照久

年齢:43歳

住所:不明

職業:無職

罪名:窃盗の疑い

川岸照久容疑者が起こした事件現場

事件現場は東京・町田市の資材置き場になります。

川岸照久容疑者の起こした事件の世間の反応

  • 同世代の人間のこういったくだらない犯行の情けないニュースを見ると色々思うこともある。

    子供の頃は自分と変わらず無邪気な子供だったのだろうけど、どのような人生を経てこんな恥ずかしい事をするようになったのだろうか?と。

  • 余罪をとことん追及して、責任を(とれないとは思いますが)とらせて欲しい。被害にあわれたかたの為にも、お願いします。
  • 実年齢より随分老けてるな。負のスパイラルの人生という風貌。
  • 43歳? 53歳の間違いじゃないですか?
    悪いことすると老けちゃうのかな?
  • 拾ったのならすみやかに警察に届けましょう
    泥棒確定だね。
  • こいつは更生することなく再犯を繰り返します、
    日本の刑法は実に軽く、直ぐに出所出来るので犯罪者天国です。
  • 窃盗する体力があるなら働けよ
    まだ43だろ
    仕事なんて、なんぼでもあるわ
    人のせいにして言い訳ばかり
    ただのボンクラじゃないか
  • この年で無職ならこういうことして金を稼ぐしかないな
    刑務所で思い切り働かせろよ
  • 現金ではないけどトラックの助手席に置いていた私物の鞄を盗まれた事がある。鍵を掛けていなかった自分が悪かったのだと反省し、必ず鍵を掛ける様にしたら今度は窓ガラスを割られて鞄を盗まれた。鞄を見えない様に工夫しても狙われたら同じだ。今ではドライブレコーダーがあるから被害はないけれど、少なくとも現金や鍵類など大事なものは常に身に付けておくべきですね。
  • 軽で宅配をしていましたが、古い車が多く、どれも施錠は鍵穴からでした。
    貴重品を置いていましたが、一分一秒でも早く終わらせないといけないので施錠したことはありませんでした。
    今でこそエヌボックスなどありますが…。

まとめ

無施錠のトラックから、現金およそ5万円などが入ったバッグを盗む行為ありえません。

きちんと反省して欲しいです。

最後までお読み頂き有難う御座いました。