芸能

今井翼、松竹エンタテインメントに加入する!その理由は?!

2018年9月にジャニーズ事務所を退所した元タッキー&翼の今井翼(38)が、4月1日から歌舞伎俳優の片岡愛之助(48)、尾上松也(35)らが所属する松竹エンタテインメントに加入することが6日、分かった。

何故松竹エンタテインメントに加入する事になったのでしょうか?

理由をみてみましょう。

今回の松竹エンタテインメントに加入する経緯

どのような経緯で松竹エンタテインメントに加入する事になったのでしょうか?

10代から歌やダンスのレッスンを受け、ミュージカルから歌舞伎まで経験豊富な今井。関係者によると舞台で共演し、プライベートでも親交のある愛之助の紹介もあり、舞台俳優のマネジメントに定評のある松竹エンタテインメントを新天地に決めたようだ。

今井翼さんプロフィール

プロフィールをみてみましょう。

生年月日: 1981年10月17日(38歳)
出身地:  神奈川県藤沢市
身長: 173 cm
血液型: A型
職業: 俳優、タレント、歌手、ダンサー
活動内容: 舞台、テレビドラマ、バラエティ番組
事務所: ジャニーズ事務所(1995年 – 2018年)

今井 翼(いまい・つばさ)1981年10月17日、神奈川県生まれ。38歳。95年にジャニーズ事務所入り。ジャニーズJr.の一員としてコンサートなどで活躍し、02年に滝沢秀明氏と「タッキー&翼」としてアルバム「Hatachi」でCDデビュー。スペインでのフラメンコ修業の経験を生かし、12年にスペイン文化特使に就任。14年にメニエール病で2か月間の活動休止を経て復帰するも、18年3月に再発。同年9月に「タッキー&翼」を解散した。血液型A。

病気で療養していた時期があった

今井翼さんメニエール病で療養していた時期があったようです。

メニエール病の影響で療養生活を送っていたが、回復して先月13~16日のシスティーナ歌舞伎「NOBUNAGA」で復帰。同17日には都内でハワイ観光のPRイベントに出席し、「体を資本としながら可能性を持って、ずっと現役でやっていきたい」と生涯現役を宣言した。今後についても「チャレンジングにこれまでの経験を生かして、新しい今井翼に出会っていきたい。ジャンルを問わず、仕事を充実させていければ」と意欲を見せた。

舞台を中心に活動の幅を広げる

これからの活躍が期待できますね。

17年の音楽劇「マリウス」で脚本・演出の山田洋次監督(88)から「こんなに成長するとは予想していなかった」と絶賛されるなど研究熱心な姿勢で仕事関係者から信頼されている。今井の復帰を歓迎する声は多く、すでに出演が決まっている「十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門」(10月3~27日、大阪松竹座)のほか、今後は舞台を中心に活動の幅を広げていきそうだ。

今回の今井翼さんに対しての世間の反応は?

https://twitter.com/tsubasa_alamode/status/1236057102528868353

  • これジャニーズ退所者、四半世紀内で1番の順調な移籍になるんじゃないか?
  • 中居くんの事務所になんて記事があったような。

    舞台だけじゃなくまたTVでも見れるように頑張って欲しいですね。

  • 翼君のフラメンコダンスは向こうのプロも舌を巻く程の実力だった。機会があれば再度挑戦して欲しい。
  • 松竹ってビックリだけど、前の事務所より、自由にのびのび出来るんじゃないかと思う。今後の活躍に期待してます。
  • うちの親父もメニエールです。
    トイレで立ち上がるのも大変で発症すると治まるまで横になるしかないです。

    無理せず頑張って下さい。

  • 最近の退所組では今井くんが一番出世しそうだね
  • えーー!!すごいおめでとう!
    これからどんな活躍をしてくれるのかワクワクしてしまいます。
    フラメンコのステージも観てみたいなぁ。
    お身体大切に頑張ってください。
  • 長年一緒にやってきた相方が事務所で上司になるのに、相当仲良くなきゃ一緒にいられないよね。難しい立場になって、移籍先見つかり良かった。
  • 待ってました︎
    テレビでも活躍して、元気なお姿見たいです︎
    とても努力家とよく記載があるのを見かけます。
    本当に応援したいと思わせてくれる、素敵な人間性の方なのでしょうね。
    楽しみにしてます。
  • 長期入院で辛いことも沢山あっぢろうけど
    復帰してお元気そうで良かったです。
    どこに加入しようと
    これからも翼くんの活躍を楽しみにしています。
    頑張れ翼くん!

まとめ

これからの活躍が期待できますね。

楽しみにしています。

最後までお読み頂き有難う御座いました。