事件・事故

東村山市秋津町で強盗!犯人の名前や顔画像?パチンコ景品交換所に恨み?

東村山市秋津町の民家に強盗があり現金約460万円が奪われました。

犯人は逃走中ですが、そんな犯人の名前や顔画像は明らかとなっているのでしょうか?

事件の概要も含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします

東村山市秋津町で強盗!事件の概要

東村山市秋津町で強盗があり、犯人が逃走中です。

そんな事件の概要がこちら。

23日午前1時40分ごろ、東京都東村山市秋津町の男性から「近くに住んでいる母親が、『テープでぐるぐる巻きにされ、自力でほどいてきた』と話している」と110番通報があった。警視庁東村山署によると、男性の父親(84)と母親(83)が2人で住む同市秋津町の民家に2人組の男が押し入り、現金約460万円を強奪。父親らを粘着テープなどで縛って逃げたとみられ、父親らは腕などに軽傷を負った。

1週間ほど前には同署員を名乗る男から父親宅に資産状況を確認する「アポ電」があり、同署が強盗致傷事件として捜査している。

 同署によると、父親はパチンコ景品交換所の運営会社を経営。23日午前1時15分ごろ、父親らが民家1階の寝室で就寝の準備をしていたところ、男2人が寝室のベランダ窓のガラスを破って解錠し室内に侵入。カッターナイフのようなものを突きつけ、「金を出せ」などと脅してきたという。

 現金は寝室のベッドの下と居間に保管しており、母親が男らに告げた。男らは現金を奪った後、父親らの手足を粘着テープやビニールひものようなもので縛って逃げた。1人は20代くらいで身長約170センチ、茶髪に白いマスクを着用。もう1人も白いマスクをつけていたという。

 

 

 現場は、西武線所沢駅から南に約1・5キロの閑静な住宅街。

東村山市秋津町で強盗!事件の経緯や犯行動機

東村山市秋津町で強盗!事件の経緯

東村山市秋津町の民家に強盗があり現金約460万円が奪われました。

事件は84歳の男性と83歳の女性が二人で住む秋津町の民家に強盗が入りました。

2人組の男が押し入って現金約460万円を奪って逃げました。

強奪。父親らを粘着テープなどで縛って逃げたとみられ、父親らは腕などに軽傷を負った。

1週間ほど前には同署員を名乗る男から父親宅に資産状況を確認する電話があったということで

計画をしていた可能性が高そうです。

犯人は現在も逃走中です。

東村山市秋津町で強盗!事件の犯行動機

犯人はどうしてこのような事件を起こしてしまったのでしょうか?

アポ電をし、現金460万円も強盗していることから

かなり計画性も伺えます。

現在のところ、犯行動機については明らかとなっていませんが

被害にあった男性はパチンコ景品交換所の運営会社をしているということです。

もしかすると

パチンコで負け続きでうまくいかず

不満をつのらせた犯人が失ったお金を取り戻すために強盗をしたという可能性もあるでしょう。

 

東村山市秋津町で強盗!犯人の名前や顔画像?

犯人の顔画像や名前については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

またフェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

名前:不明

年齢:20代くらい(?)

住所:不明

職業:不明

身長:170cmくらい

逮捕理由:強盗(予定)

今回の犯行は男ら二人が強盗をしているということです。

東村山市秋津町で強盗!世間の反応

  • もし強盗が押し入った瞬間に、老人でも実は居合の達人で枕元に用意してあった刀で抵抗したりしてきたら強盗どもはどう思うかね。
    仮にもしそれで強盗を殺めても無罪になってほしいね。
    むしろ綺麗な家を強盗の汚ねぇ血で汚されたと遺族からも金をむしり取れるような法律にして頂きたい。
  • お母さん現金の場所正直に2か所も言っちゃダメ!てか、大きな怪我なくて
    よかったけど、犯人はこの家に現金あるって知ってたんだね!?
  • 犯人は現金が家に有ることを知っていた事になる 仕事関係者かそこから漏れた話を聞いたか話を持ち込んだか
  • ニュースで見たけど外の傘立てに杖なんか入れておいたら、ダメよ。
    「お年寄りが住んでます。」と、言わんばかりの目印になっている。
  • お金の置き場所なんぞの詳細を警察発表などありえないから被害者の話かと思うが、常識的に考えてそのような詳細を記事にするサンケイ記者の非常識を本当に疑う・・・・・
  • こわ
  • 日銀のマイナス金利でタンス預金、銀行に預ける人が減少したのが、類似犯を増加させている。

まとめ

東村山市秋津町の民家に強盗があり現金約460万円が奪われました。

犯人は逃走中ですが、そんな犯人の情報についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました