芸能

花田優一が室井佑月と金スマでマジ口論!?ローラとの登場が違う理由は?

花田優一さんといえば、好青年のイメージがありますよね。

好青年のイメージだったのに・・・と言うのが正確なところでしょうか。

金スマに出演した花田優一

221(金)放送の金スマに出演した花田さん。

前回出演の際と比べて随分と印象が変わっていました。

前回の出演をご覧になっていない方に説明をするとするなら、

3年前の花田さんはまさに「育ちが良いお坊ちゃま」です。

お話をされる口調もとても丁寧で、誠実を絵にかいたような感じでしたね。

爽やかなな笑顔が印象的でした。

 

あれから3年・・・

時間が過ぎ、花田さんはいつしかヒール的な存在になってしまいました。

金スマでも司会の中居さんから「何があったの?」と尋ねられていましたよね。

整った顔立ちこそ変わりはありませんが、髪型や話口調はすっかり変わっています。

でも、24歳の青年って普通はこんな感じだよねと私は思うのです。

花田さんご自身も仰っていましたが、3年前は「ちゃんとしなければいけない」と構えていたのでしょうね。

だって、

父親は名横綱・貴乃花関

母親は元フジテレビの看板アナウンサー・花田景子さん

ですもの。

名家のお坊ちゃまとしての看板を背負っていたのですから、

優等生でいなくてはいけなかったのです。

 

花田優一VS室井佑月!?

花田優一VS室井佑月 マジ口論が勃発!

221日放送の金スマではコメンテーターとして出演されていた室井佑月さんと花田さんが口論する一幕もありました。

発端は、週刊誌に花田さんの記事が度々掲載され、

その内容について花田さんがコメントされた直後からですね。

室井さんは「週刊誌を全否定するのはどうかと」と一石を投じたことに、

花田さんが「全否定はしてないですよ」と反論。

そしてその直後、

「コメンテーターの人が大嫌い」発言が飛び出しました。

 

テレビを観ている側から言わしてもらえば、

どちらも正しいことをいっているんだろうけど、花田さんのしゃべり方が

どうも鼻につくといった感じです。

週刊誌の餌食にされてきて、本当かウソか分からない記事によって、

世間の印象も変わってしまい、誇りをもっている仕事への誤解も生じている

今、花田さんも伝えたいことがたくさんあるはずです。

それなのに結果、室井さんとのバトルだけが取り上げられる結果となり、

またしても花田さんのイメージダウンへつながったのでは・・・と

思ってしまいますね。

 

靴職人の花田優一

放送では、花田さんの工房やご自宅も紹介されていました。

専門の機械や道具が並んでいて、花田さんが職人である一面も知ることが

できました。

お客様からのオーダー表もチラっと紹介されていましいたよ。

ちゃんと靴職人としても活動されているんですよね。

そういえば、画家としても活躍されているとか。

絵はあくまでも靴作りの合間だそうですよ。

靴をお待ちをお客様、しばしお待ちを。

 

ローラは花道登場なのに、なぜ花田さんは花道じゃないの?

22日の放送では花田さんの次のゲストにローラさんが登場。

その登場を見て、「あれ?」と思われた方はいらっしゃいませんか?

ローラさんはスタジオ正面の後ろから登場し、花道を歩いて、中居さんの隣

の席へ座られました。いつもの放送でよく目にする光景です。

その登場を見て、

「ん?さっきの花田優一さんは花道を歩かず、スタジオの左手から登場して

いたよね」

なぜ?

どうでもいいところかもしれませんが、何か意図があるのなら、

知りたいとろこではあります。

そして、

やっぱりローラは面白い!!

マジ口論をみた後だからじゃなく、ローラはやっぱり面白い!

スタジオへ入る前の中居くんとのツーショットの絡みでは、

「オレのお葬式でお焼香をしてみて」とのお願いに、

「わかった~OK」と。

そのお焼香が面白くて、面白くて。

神社のように手をパンパンとたたき、お願い事をするローラ。

久々に見るローラはどこも変わっていないあの頃のままのローラでした。

なんだかほっこりした一幕でした。