八谷祐紀の顔画像やFacebook?熱したヘアアイロンで長女の顔などにやけどを負わせた!その犯行動機は?!

小学2年の長女(8)の顔などにヘアアイロンでやけどを負わせたとして、佐賀県警鳥栖署は9日、母親の同県みやき町、無職、八谷祐紀容疑者(29)を傷害容疑で逮捕した。

なぜこのような事件が起きたのでしょうか?

事件の概要を紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

八谷祐紀容疑者が起こした事件の概要

小学2年の長女(8)の顔などにヘアアイロンでやけどを負わせたとして、佐賀県警鳥栖署は9日、母親の同県みやき町、無職、八谷祐紀容疑者(29)を傷害容疑で逮捕のニュースを紹介していきたいと思います。

熱したヘアアイロンで長女の顔などにやけどを負わせたとして、佐賀県警は9日、佐賀県みやき町、母親の無職八谷祐紀(はちやゆき)容疑者(29)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。八谷容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

発表によると、八谷容疑者は5日午後4時から6日午前7時45分ごろまでの間、みやき町の自宅で、小学2年生の長女(8)の右の頰や左手首付近に熱したヘアアイロンを当て、約10日間のやけどを負わせた疑いがある。

6日に登校した長女のやけどに小学校の教師が気づき、佐賀県中央児童相談所に通報。児相の聞き取りに対し、長女が「母親から受けた」と話したため、児相が県警鳥栖署に届け出た。

同署によると、長女の体には打撲の痕が複数あるといい、署は継続的な虐待がなかったかどうかを調べる方針。これまでに署や児相に相談はなかったという。

事件後、長女と、いずれも5歳の長男、次男は児相に一時保護されている。

八谷祐紀容疑者が起こした事件の経緯や犯行動機

八谷祐紀容疑者が起こした事件の経緯

発表によると、八谷容疑者は5日午後4時から6日午前7時45分ごろまでの間、みやき町の自宅で、小学2年生の長女(8)の右の頰や左手首付近に熱したヘアアイロンを当て、約10日間のやけどを負わせた疑いがある。

八谷祐紀容疑者が起こした事件の犯行動機

八谷容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということで、犯行動機としては。

  • イライラしていた
  • ストレスが溜まっていた
  • 子供が言う事を聞かなかった

などが考えられます。

八谷祐紀容疑者の顔画像やFacebook

八谷祐紀容疑者の顔画像やFacebook

八谷祐紀容疑者の顔は今のところ公開されていないようです。

今後情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。

またこちらで八谷祐紀容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、特定までには至りませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→八谷祐紀容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちらです

八谷祐紀容疑者のプロフィール

名前:八谷祐紀

年齢:29歳

住所:佐賀県みやき町

職業:無職

罪名:傷害の疑い

八谷祐紀容疑者が起こした事件現場

事件現場は佐賀県みやき町の自宅になります。

八谷祐紀容疑者の起こした事件の世間の反応

https://twitter.com/ajisaiyoko/status/1193141918546288641

  • 父母にストレスがありカウンセラーが必要という意見もあるけど、こんなことやるやつらがカウンセラーでちゃんと話し聞いて心変わる訳がないと思う。そんなふつうの人ならまず虐待はしないし、殺したりもしない。
    前にダウンタウンの松ちゃんが発言して問題になったが、俺もある種人間の中の不良品みたいなもんで、周りが暖かく見守ったから、声をかけたから虐待をやめるとは思えない。
    感情が抑えられない、我慢できないある種の病気、不良品だと思う。

    一回で試験的にでもいいから軽い虐待で懲役10年、重い虐待で懲役40年、虐待で子供が死んだ場合はすぐに死刑という制度にして欲しい。

    これでかなりの抑制にはなると思うし、被害に合う子供を今よりは減らせると思う。
    統計をとって今よりも本当に良くならなかったらやめればいい話し。

  • 子どもたちは一時保護中とのことだけど、簡単に家庭復帰させてはいけない。虐待死事件は家庭復帰後に頻繁に起きているが、危険な親から子どもを守ることが最優先されていれば、最悪の事態は避けられたのにと悔やまれる。
    子どもの人権や命が尊重される社会になってほしい。
  • 人間見かけじゃなくて性格よ、と言われても、やっぱり女の子は可愛いい方が得だと思って、髪型を編み込みにしたり、可愛いい洋服を着せたりして、大事大事に育てました。額を怪我して縫った時は、医者に傷跡が残らないようにと必死で頼みました。こう言う話を聞くと絶句です。どんな事情があっても、この親の元へは帰さないでほしいです。
  • ヘアアイロンで火傷させる、その他にも打撲痕は異常です。
    いずれ殺されるかもしれなかったと思う。
    早めに対応されてよかった。
    子供たちにも学校か何かでニュースを見せた方がいいかもしれない!
    それがダメな事とまだ判断つかないと思う。
  • 子育てをしている父母が精神的に幼かったり、ストレスに弱かったりして虐待してしまうケースは後を絶たないから、地域カウンセラーのような形で定期的に話を聞いたり自分の異変に芽のうちに本人に気づいてもらえるような取り組みが必要だと思う。
  • 女の子の顔にですか。絶句ですね。
  • しばらくしたら、この子も親の元に帰されてしまうんだろうか。悲しい事件が報道される度いつも思うけど、明らかな虐待で保護された子供は二度と親元に帰してはいけない法律を作ってほしい。
  • この母親に同じ事をするべき、絶対に。
    私も子供がいて毎日怒っているけれど、アイロンをあてようなんて発想になった事ない。
    アイロンは服のシワをのばすもの、人を傷つけるものではない。
  • 自分の子供に傷害以上やったら、重罪にする法律改正が必要。
  • まずは見出しみたいなだけで、はあ?って言ってしまった。子供達三人は、親元には帰らなくていいと思う。施設で姉弟一緒に育っていってほしい。

    そして親は、もう子供は生まないように。

まとめ

長女の右頰や左手の甲などに熱したヘアアイロンを当てる行為ありえません。

きちんと反省して欲しいです。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら