佐藤大介の顔画像やフェイスブックは?児童相談所女子中学生わいせつ

福岡市中央区の児童相談所で2019年2月に14歳の女子中学生にわいせつな行為をしたとしてケースワーカーである佐藤大介容疑者が逮捕されました。

そんな佐藤大介容疑者の顔画像やフェイスブック、児童相談所の場所や事件の概要などについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします。

佐藤大介の起こした事件の概要

佐藤大介の起こした事件の概要についてです。

福岡市中央区の児童相談所で今年2月、一時保護中の当時14歳の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、福岡県警は2日、同児相のケースワーカーを務めていた市職員、佐藤大介容疑者(36)=同県新宮町杜の宮=を県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕した。「わいせつ行為は一切していない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は2月18日ごろ、中央区の児相「市こども総合相談センター」の室内で、女子中学生の体を触るなどわいせつな行為をしたとしている。女子中学生は他にも複数回わいせつな行為をされたと訴えており、県警が余罪の有無を調べている。

県警によると、女子中学生が3月13日に通学先の中学校の養護教諭に相談して発覚。学校が県警に通報した。同児相の事業報告書によると、同児相では0~20歳の子どもや保護者を対象に虐待や不登校、非行などの問題でケースワーカーや臨床心理士などの専門職員が対応している。【中里顕、浅野孝仁、柿崎誠】

 

佐藤大介の起こした事件の経緯や犯行動機は?

佐藤大介の起こした事件の経緯は?

福岡市中央区の児童相談所で2019年2月に14歳の女子中学生にわいせつな行為をしたとしてケースワーカーである佐藤大介容疑者が逮捕されました。

事件の経緯としては2月18日頃に中央区の児童相談所である「市こども総合相談センター」の室内で女子中学生の体を触るなどのわいせつな行為をしたとされています。

女子中学生は他にも複数回、わいせつな行為をされたと訴えているということです。

佐藤大介の起こした事件の犯行動機は?

今回逮捕された佐藤大介容疑者は「わいせつ行為は一切していない」と容疑を否認しているということです。

若い女の子が好きで性的欲求を満たすための「わいせつ目的」だったのかもしれません。

佐藤大介の顔画像やSNSは?プロフィール

佐藤大介の顔画像

顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

佐藤大介のフェイスブックなどのSNSは?

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

佐藤大介のプロフィール

ここでは分かっている情報についてまとめます。

名前:佐藤大介

年齢:36歳

住所:福岡県新宮町杜の宮

職業:ケースワーカーを務めていた市職員

逮捕理由:県青少年健全育成条例違反容疑

佐藤大介の勤務先

佐藤大介容疑者は当時、ケースワーカーとして児童相談所で勤務していたときにこのような犯行に及んだようです。

児童相談所は福岡県の中央区にある児童相談所である「市こども総合相談センター」だったということです。

まとめ

福岡市中央区の児童相談所で2019年2月に14歳の女子中学生にわいせつな行為をしたとしてケースワーカーである佐藤大介容疑者が逮捕されました。

児童相談所でこのような事件が起こるなんて信じられませんね。

最後までお読み頂き有難う御座います。