吉川保育園の暴言吐いた70代保育士の名前や顔画像は?虐待内容は?埼玉加須

埼玉県加須市の吉川保育園で70代の保育士が暴言を吐いたとして騒動となっています。

そんな吉川保育園の70代女性保育園の名前や顔画像は明らかとなっているのでしょうか?

事件の概要も含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします

吉川保育園70代の女性保育士が暴言!

埼玉県加須市の吉川保育園で70代の保育士が暴言を吐いたとして騒動となっています。

そんな事件の概要がこちらです。

埼玉県加須市の保育園で70代の女性保育士が園児に対し「ばか」「まぬけ」などと暴言をくり返していたことが分かった。

加須市によると「吉川保育園」で去年4月から今年3月までの間、70代の主任の女性保育士が園児十数名に対し「ばか」「まぬけ」「のろま」などと暴言を浴びせていたという。

さらに、園児を足で払いのけたり、じゃれ合っていた園児どうしの頭をぶつけたりしたという。園児にケガはなかった。

地元関係者から通報があり、市が調べたところ、保育士は「責任感から厳しい口調になってしまった」「虐待のつもりはなかった」などと話し、6月に自主退職したという。

吉川保育園は「利用者の方への説明も済んでおり、改めてお話できることはありません」としている。

 

吉川保育園について

吉川保育園についてです。

郵便番号:347-0105

住所:埼玉県加須市騎西352−2

吉川保育園70代の女性保育士が暴言の内容や犯行動機

吉川保育園70代の女性保育士が暴言の内容は?

埼玉県加須市の吉川保育園で70代の保育士が暴言を吐いたとして騒動となっています。

暴言は主任の女性保育士が

園児に対して

  • ばか
  • まぬけ
  • のろま

などと暴言を浴びせていたということです。

また園児を足で払い除けたり、園児同士の頭をぶつけたりなどもしていたということです。

吉川保育園70代の女性保育士が暴言の犯行動機

園児にけがはなかったようですが、女性保育士はどうしてこのようなことをしてしまったのでしょうか?

女性保育士は「責任感から厳しい口調になってしまった」「虐待のつもりはなかった」話しているようです。

また6月に自主退職をしました。

吉川保育園70代の女性保育士は誰?名前や顔画像は?

顔画像や名前については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

ここではわかっている情報についてまとめます。

名前:不明

年齢:70代

性別:女

職業:保育士の主任(現在は退職)

吉川保育園70代の女性保育士の暴言による世間の反応

吉川保育園の暴言による事件の世間の反応についてです。

  • 年齢を重ねて70歳過ぎてお孫も居てのでは、、幼児に暴言がヒドイ!足で払ったら、、危険なのに、指導という名の虐待、、今、イジメ保険とかあるらしいが弁護士さんが必要な時代なのかも、、この70歳のおばあちゃんもいずれ、いつか、介護される立場になるのに、、
  • 子供への接し方や声の掛け方など保育の勉強していますが、目からウロコだなと思うことばかりです
    この方がどのような保育学を学んで来たのか知りませんが、恐らく幼児教育では絶対に暴言を吐くことは学びません
    保育の現場では、大人ではなく子供が主体、子供が主役です
    その支援をするのが大人ですが
    今の幼児教育現場では、ほとんどの先生が自分が主役になっており、園児の行動を待てません
    最後まで見守れないのです
    先生が少ないのも理由のひとつですが
    先生自身が主役だと勘違いしていることが最大の理由です
    これからの世の中を担う子供たちの人間形成は、
    幼児期に受けた愛情と自己肯定感と自主性が絶対必要です
    そして、日本の教育崩壊は、この自己肯定と自主性の意味さえ知らない大人が親も含めて多すぎる事です
  • 年取ったら子供に戻るのか
  • ありそうですが幼児に対してあってはならないことと考えて下さい。
    こんな環境で仕事をしている人たちに疑問を持ちます。
    小学生以上ならこの事実を人に言うこともできますが、幼児に対してですから明らかな暴力です。
    もっと重大なこととして扱って欲しいです。
    仕事でこれをやったら犯罪として扱うべきです。
    うやむやに許されるのが目に見えているので恐ろしく感じます。
  • 子どもの運動量は半端ないし、規律正しい行動はできそうにない。老人は体力も落ちるし、感情の制御も年々難しくなってくる。この保育士の言動に問題があるのは確かだが、現実的に70代が他人の子どもを複数面倒を見るのには無理があると思う。
  • 昔は、学校の教師にも
    そういう暴言を吐くのは珍しくなかった。この保育士は年配だから
    そんな暴言が当たり前な環境で教育を
    受けたんだと思う。それが今でも受け継がれている感じ。自分のやり方が一番いいと思ってる
    だろうから、
    周囲から注意されても直らないでしょう。
  • 私の祖母もこんな感じで孫と接していました。私も含め孫世代はぼんやりか短気者しかいません。なので、私の両親とおじ、おばは真逆の接し方を心掛けてくれています。反面教師としています。お陰で、私達の子供といとこは伸び伸びと意志を持ち育っています。血の繋がりが無くても普段接しているじじばばの影響はいがいに大きいと思う。
  • 自分は幼稚園時代の記憶が残っていて、先生から言われたこと・されたことがけっこう心の傷になっています。
    小さい子供をたくさんみるのは大変な労力かと思いますが、忘れてしまう子供たちもいる一方で、こうして大人になってからも苦しむ人がいることを忘れないでください。
  • 職員が絶対悪なのは確実ですが、第三者が完全批判するのは違います。子供を育てるのは本当に大変だと思います。何も出来ないで言うことも聞かず泣いている存在です。大人の都合なんか考えません。自由気ままです。それでも頑張って育ててあげるべき存在であり、まして職員は仕事で金を貰っているのだから、完璧にやり遂げて当然です。しかし、子育ては本当にストレスの戦いで、自分の子供ならかわいいですけど、他人の子供で言うことを聞かなければ本当にストレスです。分かってはいけないですけど気持ちは痛いほど分かります。記事を読んだ第三者もそこの結果しかみませんが、最初から虐待していた訳では絶対ないはずです。それに対して第三者が完全な絶対悪として批判する権利はないと思います。私の親は幼児時代寝ない私にキレていたとおばに聞きましたが、子供の頃は驚きました。今はそれはそうだろうと思っています。当然とは思ってませんが。
  • 質が悪い
  • 70代で定年も迎えてるのに、主任という役職をつけ続けるのもどうかと思う。
    責任感からの厳しい口調って責任感がある人はリスクマネジメントをしっかり行った上で仕事されてると思うけどな。
  • 保育士長年してきてなかにはこんな保育士もいたけど、ほとんどの人が愛情持って大切に保育してるのに。こんな話を聞くと保護者は不安になるし同業者として保育士も辛い。やめてほしい。

まとめ

埼玉県加須市の吉川保育園で70代の保育士が暴言を吐いたとして騒動となっています。

そんな吉川保育園の70代女性保育園の情報についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました