横浜ブルーライン居眠り運転士の名前や顔画像を特定?原因は誤作動?

横浜ブルーラインで運転士が居眠りをし、壁面にぶつかるという事故がありました。

そんな居眠りをした運転士の顔画像や名前などは判明しているのでしょうか?

事故の経緯や概要などについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします

横浜ブルーラインで居眠り運転!

29日朝、横浜市営地下鉄「ブルーライン」の回送列車がオーバーランをして、壁に接触する事故がありました。運転士が「居眠りをした」と話しているということです。

29日午前8時半すぎ、横浜市泉区にある市営地下鉄「ブルーライン」の踊場駅で、回送列車が折り返すために引込線に進入した際、およそ30メートルオーバーランをしたうえ、壁に接触しました。客は乗っておらず、男性運転士(42)が膝を打撲するなどの軽いけがをしました。市の聞き取りに対して、運転士は「居眠りをしてしまった」と話しているということです。事故の影響で、ブルーラインは終日、快速列車の運行を中止するとしています。

ブルーラインをめぐっては、今年6月、線路から撤去し忘れた保守点検用装置に列車が乗り上げ、脱線する事故があったばかりでした。

横浜ブルーラインの居眠り運転士の名前や顔画像は?

横浜ブルーラインでの居眠り運転をしてしまった運転士の名前や顔画像はどのようになっているのでしょうか?

報道による情報をまとめます。

名前:不明

年齢:42歳

住所:不明

職業:運転士

この横浜ブルーラインをオーバーランさせた居眠り運転士は42歳であることがわかっています。

乗客がおらず…

今回のオーバーランの事故は乗客がいなかったということです。

乗客がおらず、本当によかったものです。

横浜ブルーラインの居眠り運転士の事故の経緯は?原因は?

今回の事故は29日の午前8時35分頃に発せ。

市営地下鉄ブルーラインで客を全員おろしたあとに

折り返しの運転をするために引込線に侵入したところ、停止位置を越えて

前方の壁面にぶつかったということです。

42歳という年齢ですから、これまでも実績のあるはずであった運転士。

居眠り運転士、居眠りをした原因は?

今回の事故は42歳の運転士がオーバーランをしてしまったというもの。

疲れがたまっていたのでしょうか?

30mもオーバーランをしてしまったようです。

当該列車運転士から引込線進入時に居眠りをしてしまったとの報告がありました。

今後、詳細な原因については調査いたします。

 

居眠り原因については不明です。

横浜ブルーラインは事故ばかり?

横浜ブルーラインは今回だけでなく、事故を起こしたばかりです。

6月にも事故があり、信用は失ってしまいますね。

横浜市営地下鉄ブルーラインで6日早朝、始発列車が脱線した。この事故で、湘南台―踊場(おどりば)間は終日運転を見合わせ、同区間の運行再開は早くても9日の始発からになる見通しだ。

 

横浜ブルーライン居眠り運転士による世間の反応

https://twitter.com/Daichi_BOOWY/status/1166932159426252800?ref_src=twcamp%5Ecopy%7Ctwsrc%5Eandroid%7Ctwgr%5Ecopy%7Ctwcon%5E7090%7Ctwterm%5E3

 

まとめ

横浜ブルーラインで運転士が居眠りをし、壁面にぶつかるという事故がありました。

そんな居眠りをした運転士の情報などについてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました