山本まとむ顔画像 職場 詳細 動画あり!山陽新幹線非常用ドア開ける

電車の遅延などを招くなどトラブルを招く事件が増えていますね。

 

今回は山陽新幹線の新大阪ー新神戸間を走行中の東京発博多行きのぞみ17号が非常用開閉用コックを使って扉があけられ急停車し、運転見合わせなどの事態になりました。

 

非常用開閉用コックを使って扉を開け、現行犯逮捕をされた男は「山本まとむ」容疑者だと判明。
またこの山本まとむ容疑者の情報や詳細、事件現場の実際の動画、損害なども含めて詳しくご紹介したいと思います。

 

山陽新幹線非常用開閉用コックで扉を開けた山本まとむの起こした事件の概要

山陽新幹線非常用開閉用コックで扉を開けた山本まとむの起こした事件の概要についてです。

14日午前11時10分ごろ、兵庫県尼崎市内を走行中の新幹線のぞみ17号(東京発博多行き)が緊急停車し、乗客の男が非常用ドアを開け線路上に飛び降りた。

男は乗務員に連れ戻され、引き渡しを受けた県警葺合署が新幹線特例法違反容疑で現行犯逮捕した。

同署によると、男は大阪府太子町の無職山本まとむ容疑者(54)=いずれも自称=で、容疑を認めているという。

JR西日本によると、新大阪-新神戸間を走っていたのぞみ17号の9号車で非常用ドアコックのカバーに異常が生じ、運転士が緊急停車させた。停車後、この車両にいた男がドアを手動で開け、線路に飛び降りたという。追いかけた乗務員が男を車内に連れ戻し、新神戸駅で県警に引き渡した。

緊急停車により、のぞみ17号が約45分遅れたほか、新大阪-博多間の上下線計25本が最大47分遅れ、約1万4200人に影響が出た。

 

山陽新幹線非常用開閉用コックで扉を開けた山本まとむの起こした事件の経緯や犯行動機は?

今回は山陽新幹線の新大阪ー新神戸間を走行中の東京発博多行きのぞみ17号が非常用開閉用コックを使って扉があけられ急停車し、運転見合わせなどの事態になりました。

 

この事件が発生しまのは2019年4月14日午前11時10分頃。

 

非常用開閉用コックを使って扉をあけた乗客の男はそのまま線路内に立ち入ったということです。

 

当時乗客は騒然!動画はこちら!

取り押さえの瞬間の動画がこちら!

非常用開閉用コックって?

ドアコックは、鉄道車両バスなどの自動ドアを手動で開けるために装備されている機器。

非常ドアコック」、「Dコック」とも呼ばれている。

鉄道・バス車両において、自動ドアを装備する車両には必ず設置されている。

自動ドアの開閉には空気圧または電気を使用している。通常の状態では人力で押し開けることは困難であるが、ドアコック(またはスイッチ)は、この開閉用機構(ドアエンジン)の空気や電気の回路を開放することで、人力でのドア開閉を可能とする装備である。

緊急時には、非常用にドアコックを操作することにより、車内、車外からドアを手で開けることが可能となり、避難、脱出の一助となる。

その他、挟み込まれた際にドアコックを操作して開閉回路を開放する事により、圧縮空気及び電気動力をカットして救出する場合にも使われる。

飛び降りの順番は?

今回山陽新幹線で非常用開閉用コックを使って扉をあけて急停車させたと言われていますが、すぐに飛び降りていれば大怪我または命に関わりますよね。

 

現在のところ怪我の有無については不明ですが、ツイッターなどではこのように憶測がされています。

このような予想がされていたようですが、やはり非常用コックで扉を開け新幹線を急停車させた後に線路内に飛び降りたようです。

 

山陽新幹線非常用開閉用コックで扉を開けた山本まとむが原因ででる損害ってどのくらい?

気になるのが今回、山陽新幹線が急停車し一時運転が見合わせになったということ。

 

このような事件があると安全確保のをするために点検などを行います。

 

今回も、安全確保のために上下線を停電させた影響で山陽新幹線は新大阪ー新神戸間で一時運転を見合わせて約45分後に運転を再開したとされています。

 

気になるのがこの間にどのくらいの損害がでたか?ということですよね。

 

このようじけな事件は概算にはなってしまいますが、30分以上の遅延がもたらす乗客全員分の損失はおおよそ「7500万円程度」とされています。

 

また乗客だけでなく、鉄道外車側にも損失がでるようでこちらも概算ですが「1億円超え」などとも言われているようです。

 

これの内訳には人件費や、車両故障の代金、振替輸送が必要な場合には振替輸送費なども含まれているようです。

 

1人の人間の行動によってここまでも莫大な損失がでるのです。

 

山陽新幹線非常用開閉用コックで扉を開けた場所については?

今回の事件は山陽新幹線「新大阪ー新神戸間を走行中の東京発博多行きのぞみ17号」が非常用開閉用コックを使って扉があけられ急停車したということが分かっています。

 

詳しい場所などについてはニュースなどで「兵庫県尼崎市内を走行中」と記載されていますので、この辺で扉を非常用コックで開けて緊急停止をさせたのでしょう。

乗客の方も驚いたことでしょう。

山陽新幹線非常用開閉用コックで扉を開けた山本まとむの顔画像!プロフィール!情報

今回逮捕された山本まとむ容疑者についてですが、顔画像がこちら。

 

名前:山本まとむ
年齢:54
住所:大阪府太子町
職業:無職
逮捕理由:新幹線特例法違反

 

 

今回気になるのが犯行動機でもありますが、この男はすぐに乗務員に車内に戻されたそうですが会話もでき、危険物を持っているという情報もないようです。

 

薬物やお酒に酔っていたなどが原因でないのであれば、なにがしたかったのでしょうか?

 

ただ目立ちたかったのか、自殺したかったのか、「乗り過ごしてしまって慌てて降りたかったのか」犯行動機が気になるところですね。

 

また判明し次第、追記したいと思います。

 

また「山本まとむ」容疑者をネットなどで調べているとこのような検索結果が。

 

「(株)劇団東俳関西支社」という場所でシェイクスピア「真夏の夜の夢」の劇でA班のフルート役を演じたという記載がありました。

 

また電話帳の住所には「大阪府南河内郡太町春日17-3」と記載がありました。

 

山本まとむのフェイスブックは?

山本まとむのフェイスブック。

 

画像がありますので、本人かと思われます。

 

検索結果はこちらです。

山本まとむのフェイスブック!

新幹線特例法違反って?

新幹線鉄道における列車運行の安全を妨げる行為の処罰に関する特例法(しんかんせんてつどうにおけるれっしゃうんこうのあんぜんをさまたげるこういのしょばつにかんするとくれいほう、昭和39年6月22日法律第111号)は、新幹線鉄道の列車の安全を妨害する行為を処罰する目的で、鉄道営業法の特例を定めた法律。公式略称は新幹線特例法。最終改正は平成11年(1999年)12月22日法律第160号。

新幹線鉄道の列車がその主たる区間を200km/h以上の高速度で走行できるため、鉄道営業法の特例を定めた法律である。制定当初は「東海道新幹線鉄道における列車運行の安全を妨げる行為の処罰に関する特例法」という題名であり、その名の通り東海道新幹線のみを対象としていた[1]が、1970年全国新幹線鉄道整備法の制定に伴い、各新幹線が営業を開始するたびに適用できるよう改正された。

山陽新幹線非常用開閉用コックで扉を開けた男の起こした事件の世間の反応は?

山陽新幹線非常用開閉用コックで扉を開けた男の起こした事件の世間の反応についてです。
  • 迷惑千万
  • 最近テロ紛いの行為が増えてきた
  • 暖かくなると、全国各地で飛込み自殺が多くなる
  • しっかりと補償してはらってもらいましょう。うん億円。
  • どのくらいの速度が出ていたのかが気になる。
  • こういう奴らは厳罰に処してほしい。
  • 場合によっては他人を巻き込む事故にもなり得るし、到着時刻遅延などで周りは大迷惑を被っている。
  • めちゃくちゃ迷惑だな。
  • 新幹線の乗客、今日新幹線の利用予定で遅延の影響を受けた人が気の毒。
  • どうやって開けたのかと思ったら非常用かぁ…。緊急時のために開かないようにする訳にもいかないし、対策が難しいね。
  • 只今乗車中です。34分遅れてますけど!いくら早い新幹線作っても、こういうマナーの悪い方がいると大変迷惑です。日本人なのか外国人の方なのかも教えてほしいです。それと、飛び降りた理由も報道してほしいし、逮捕されるのかもきちんと報道してほしいです。緩すぎるから、こういう飛び込み事故が日本のあちこちで増えています。インバウンド呼び込む前に、日本人の常識レベルを上げる必要があると思います。
  • 自殺なら飛込みとか、加速しきってからとかだろう。
  • 命に別状がないということは加速途中、それも駅を出て間もないくらいだった可能性が高い。いったい何の目的だったのか。
  • 本人にしてみれば「確実性・痛くない・苦しくない」って処で、方法を選択するんだと思うけど、大勢の他人に迷惑をかけないってのも考えて欲しいけど、今から自殺しようと考えている人に、其処まで求めるのは酷かも知れん。死なずに済めば良いのが本当なんだが、生きている方が死ぬより辛いと感じる状況も有るかも知れん。
  • 費用を請求しないからこんなことに。
  • 賠償金相当高そうだけど絶対払えないだろうな。払わないもん勝ちになるのは納得できないよね。
  • 身勝手すぎる。
  • 回りの人の事なんてどうでも良いんだろうな。
  • 新大阪を乗り過ごして慌てて行動した結果だと推測されるが、最近はこういう安易な行動をする輩が目立つ。結果として、拘束されるし、一駅先で戻るより、時間がかかる。それ以前に多大迷惑がかかると気づけないのは、本人への教育の結果だと思うが、どういう教育をしていけば改善するのだろう…。
  • 自殺ではなく忘れ物を思い出しただけなのか。新幹線から飛び降りて助かる確率を考えたら、線路や駅から飛び込むより高い。自殺ではなく忘れ物か。あり得ないが、あり得ない事が起きる世の中。これも電車を止めた代償は大きいが病気なら終わり。周りは本当に迷惑な話になる。真坂、走行中の車内から一度飛び降りて見たかっただけと言うのか。それとも忘れ物に気付き飛び降りてタクシーでも拾おうとしたか。本当に死にたければ、こうはしない。逆に考えれば、開けて突き落とされる可能性もあるという事。怖いから、車掌室からロックがないものか。何か合ったら勝手に出られる事になる。新幹線に限らず途中下車する人も現れておかしくはない世の中。安全性を兼ねているのだろうが、逆に怖くなる。
  • 文面からしたら責任能力が無い可能性があるようだが。その場合は本人としては賠償請求を受ける代わりに、顔認証システムなどで今後の乗車制限を受入れる選択をしてもらうような対策を用意するのはどうであろうか。
  • 今回のような自殺?の仕方は、電車が遅れるだけでなく、他の乗客の安全にも関わる問題。厳しく対応してもらいたい。今後類例が出ないように。
  • ドアコックって一定速度になるとカバーが開かなくなる構造になってるけどどうやって開けたんだろう?
  • こういった迷惑行為には、ちゃんと損害賠償請求をした方が良い。そしてそのニュースを報道し、類似の迷惑行為の抑止にも繋げて欲しい。人に迷惑をかける事でどれ程の損害が発生するのか、考えられない人が増えてる様に思う。
  • え?神戸~大阪間とはいえ時速120キロオーバーだったと思いますが、生存してるの?頼むから新幹線で自殺考えないで。

まとめ

山陽新幹線の新大阪ー新神戸間を走行中の東京発博多行きのぞみ17号が非常用開閉用コックを使って扉があけられ急停車し、運転見合わせなどの事態になる事件がありました。

 

どのような犯行動機かは不明ですが、迷惑極まりないですね。