楽しんご闇営業で吉本解雇されていた!おいなりさん?経緯や活動

カラテカ入江さんがオレオレ詐欺忘年会に宮迫博之さんや田村亮さんを仲介したことが騒動となっているようです。

そしてカラテカ入江は吉本解雇をされましたが、新たに「楽しんご」もその前に闇営業をし、解雇されていたことが発覚。

そんな事件の概要や楽しんごの闇営業の内容などについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします。

 

も く じ

楽しんごも闇営業!

6月4日、カラテカの入江慎也が所属事務所の吉本興業から契約解除された。

「6月7日発売の『フライデー』に、入江さんの反社会的勢力との交際疑惑が報じられました。大規模振り込め詐欺グループの忘年会に、宮迫博之さんなどの吉本タレントを仲介したというんです。事実上の解雇ですね」(スポーツ紙記者)

【写真】楽しんごと吉本を辞めた“ムキムキ”な相方、かつての付き人との禁断ディープキスほか

入江はスポーツ界や企業の社長まで幅広い人脈を持ち、“友達は5000人”と豪語していた。

「入江さんの人脈作りは今後に繋がる可能性があるからと、事務所も大目に見ていた部分があった。それをいいことに、最近は怪しい人たちのパーティーや飲み会にも顔を出していると話題になっていました。東京の芸人の間では、“入江案件は危ないから関わらないほうがいい”と言われていましたね」(放送作家)

友達5000人というのも、かなり怪しいらしい。過去に一緒に仕事をしたことがあるという雑誌ライターによると、

「世間話をしていたら“○○編集部の○○さん、友達なんですよ。よろしくお伝えください!”と言うんです。後日、本人に聞くと“飲み会で2回ぐらい会って、連絡先を交換した程度だけど……”とのこと。なので、彼の友達=一緒に飲んで連絡先を交換した人なんだと思います。ただ記憶力はすごくよくて、とにかく人を立てるので、飲み会では重宝されるだろうなとは思いました」

問題の忘年会出席は、会社を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”だったという。

「吉本としては、“反社会的勢力の営業だけは絶対に受けるな”と厳しく言っていましたからね。入江さんは”詐欺グループだとは本当に知らなかった“と言っているようですが、交友関係が報じられてしまった以上、知らなかったでは済まされないでしょう」(放送作家)

全国を飛び回る“闇営業”

実は、入江の2か月ほど前にも、「ラブ注入!」のギャグで一世を風靡した芸人・楽しんごが吉本を退社していた。ユーチューバー活動に本腰を入れるためと、当時は報じられていたが、どうやら彼も闇営業が原因での契約解除だったらしい。

「‘18年から渋谷りゅうきさんと『おいなりさん』というコンビを結成しているのですが、全国を飛び回って闇営業をしていたようです」(テレビ局関係者)

その中には、交渉段階で事件になりかけた危険なものもあった。

「ペットが集まる2日間のイベントの営業だったそうなのですが、運営側は楽しんごさんに“もしかしたら無しになるかもしれない”と、あくまで仮でのオファーをしていたそうなんです。結果的に、スポンサーなどの判断もあり無しになってしまったんですが、それを伝えると彼の態度が一変。“その仕事のために、ほかの仕事のオファーを断っていたので、営業補償を払え”と、強引に迫ってきたんだとか」(同・テレビ局関係者)

この恐喝まがいの言動は、運営側を中心に大問題となり、当時の所属事務所だった吉本の耳にも届くことに。

「あわや刑事事件という問題を起こした上に、その話は事務所を通していない闇営業ということもわかってしまった。契約解除は自然な流れだったようですね。相方の渋谷さんは言われるがままに動いていただけなので、吉本に残ってもいいと言われたそうですが、楽しんごさんに“一緒に辞めよう”と強引に押し切られ、吉本を去っていきました」(同・テレビ局関係者)

手軽に現金が手に入る闇営業だけど、バレたら芸人生命はオシマイ。そのリスクを今一度、考えたほうがいいのかも……。

そもそも闇営業って?

カラテカ入江や田村亮、ザブングル、宮迫博之などが行った闇営業。

そもそも闇営業とはなんなのでしょうか?

所属事務所を通さずに、依頼された仕事を直接受けること。ギャラも直接タレントに支払われる。

 

楽しんごの闇営業を受けての世間の反応

  • そもそも島田紳助も繋がっているという理由で引退したよね。
    吉本興業の中で反社会的な人たちとの繋がりもあるのか?と感じたけど、それだけじゃなさそうな気もする。
    吉本の芸人さんたちが、月収500円とか、事務所がピンハネしているとかいっているし、他の事務所は低額でも給料が存在するということもやっていた。
    そういう背景から、事務所を通すとピンハネされてしまう、生活ができないことがあれば闇営業に行ってしまう構造があるのでは?と感じた。
    そう考えると芸人だけが悪いのかな?と。
    他の事務所の芸人もやって見つかるならともかく、結構前から吉本ばかりだし。
    だからといって、闇営業も反社会的な人たちと繋がっていいという根拠にはならないが、吉本はあぐらをかいて、問題の芸人を切れば終わりでは駄目だと思う。

  • やはり闇営業に関与した宮迫や亮は、なんらかのペナルティーは受けるべき。知らなかったから許してというのは、被害者やその家族を目の当たりにしたら決して言えないはず。反省する意味でも謹慎ぐらいはすべきでは。ってか、当の本人達は今回の事があって、平常心で仕事できるのかって話やね。
  • 反社会集団と繋がるのも問題だが、芸人側がこんな風に反社会的行為に及ぶのも問題だと思う。楽しんごの解雇は自業自得で当然だと思うが、これを見てもわかるように闇営業は今に始まったことじゃない、文字通り深い闇のある問題だという気がする。良い機会だから吉本芸人の闇営業の実態を徹底的に調べて公厳正な処分を下して欲しいと思う。
  • 吉本はもっときちんとすべき。

    規約と言っても、年収50万とか80万の芸人もいる。
    外で、働かないと生きていかれないの分かってる事だ。
    厳しく闇を拒むなら、最低限の所得は与えるべき。
    余りにも、吉本側の都合が良すぎる。

    楽しんごアウトなら、宮迫も同じでないの?

  • 楽しんごは性格にも問題があり干された形に

    なりましたよね。過去に暴力疑惑も浮上したりしてましたし。この芸人は闇営業でというより素行の悪さが
    祟って解雇された様な気もします。

  • 吉本興業がちゃんと契約書を交わしてないのがダメなんだよ。

    お笑いは吉本って風潮だから芸人になりたい人は入ってくるし所属してる人も多い。
    だったら尚更最低賃金決めるとか、歩合制はこうなるとか禁止事項とか、ちゃんと契約書作るべきだと思う

  • 宮迫などは解雇でないにしても何も処分がないのはおかしいと思う。100歩譲って、「知らなかった」が本当であってもリスク管理能力(自覚)が欠如しているし、知らなかったで済まない問題も世の中にはたくさんある。そもそも注意していれば気づかない訳がない。
  • 友達の定義間違ってますね。

    反社会勢力の人達とは知らなかったと
    入江さんは仰ってますが、
    素性の知れない人を友達とは言いませんよね。
    利用しようとしたり、陥れようとは
    しません。

    友達と知人、使い分けたほうがいいと
    思います。

  • よくバラエティ番組で吉本の芸人が給料について発言することが多く、その内容が吉本のピンハネについてかなり不満を持っている発言を耳にする。もう少し芸人さんが芸人として生活できるようにサポートしていくべきなのじゃないだろうか。売れない時期の薄給はある程度は仕方ないとしても、生活に追われてアルバイトで生計を立てないようだとネタやアイデアを考える余裕も時間も削られてしまうと思う。

    少なくとも番組を見る限り吉本のピンハネの大きさや支給額に不満を持っている芸人さんが多い印象を感じる。

  • 難しいかもしれないけど、

    吉本自体がもう少し、芸人の面倒を見てあげる必要があるんじゃないか。
    NSCは誰もが入れてたくさんとって駄目な奴は切り捨てだから、闇営業がなくならないし、高収入の反社会勢力と繋がってしまうような気がする

     

 

楽しんごは闇営業でなくYouTuberで本格活動するために引退と報じられていた

2018年よりコンビ「おいなりさん」を結成していたのですが、4月1日付けで吉本を退社していました。

当時は「ユーチューバー」としての活動を本格化させると報じられていたのですが、実際は闇営業によっての解雇だったのです

楽しんごさんが吉本興業を退社した理由は、YouTuberとしての活動に本腰を入れるためなどとも言われていましたが、実際には闇営業が原因で解雇されたようだと『週刊女性PRIME』は報じており、テレビ局関係者は、「2018年から渋谷りゅうきさんと『おいなりさん』というコンビを結成しているのですが、全国を飛び回って闇営業をしていたようです」と語っています。

事務所を通さずに仕事をする闇営業で楽しんごさんは、事件になりかけたトラブルを起こしていたそうで、同テレビ関係者はその事件について、「ペットが集まる2日間のイベントの営業だったそうなのですが、運営側は楽しんごさんに“もしかしたら無しになるかもしれない”と、あくまで仮でのオファーをしていたそうなんです。結果的に、スポンサーなどの判断もあり無しになってしまったんですが、それを伝えると彼の態度が一変。“その仕事のために、ほかの仕事のオファーを断っていたので、営業補償を払え”と、強引に迫ってきたんだとか」と明かしています。

こうした楽しんごさんの恐喝まがいの行為が運営側を中心に大きな問題に発展し、この話は吉本興業の耳にも入ってしまったとのことです。

闇営業をしようとしていたうえ、トラブルまで起こしていたことを吉本興業側は重く見て楽しんごさんをクビにすることを決めたといい、相方の渋谷りゅうきさんに関しては、吉本興業に残ってもいいと言われていたそうなのですが、楽しんごさんが「一緒に辞めよう」と強引に押し切ったことでコンビ揃って吉本興業を退社し、現在のパブロへ移籍することになったようです。

コンビ「おいなりさん」

2018年に結成されたというおいなりさん。

相方の名前は「渋谷りゅうき」さん。

1984年9月4日生まれの東京都町田市出身です。

出身大学は「国士舘大学文学部教育学科」を卒業されており、中学の社会、高校の地理・歴史・公民、中学と高校の保健体育の教員免許を持っているというインテリ芸人です。

そんな相方と「おいなりさん」として活動し、闇営業で飛び回っていたようです。

 

詐欺グループのツイッター特定!ザブングルも闇営業をしていた!

詐欺グループのツイッター特定!ザブングル闇営業!

 

詐欺グループのツイッターが特定をされ、報道をされている画像よりも更に鮮明な闇営業をしている芸人たちの画像が流出しました。

どうして詐欺グループの忘年会だ特定された?

詐欺グループの忘年会で闇営業していた芸能人たち。

どうしてこれが詐欺グループのツイッターだと特定されたかというと理由としては

  • 詐欺グループの忘年会の日付(2014年12月17日)と一致する
  • 芸能人の服装や顔ぶれが詐欺グループ忘年会の報道の写真と一致する
  • 会場の風景が報道と一致する
  • 2015年6月頃の詐欺グループの逮捕後の時期からツイートが途絶える

ということから、このツイッターは詐欺グループのツイートで闇営業をしていたのがザブングルもいたということが発覚をしたのです。

 

ザブングルも詐欺グループ忘年会の闇営業!

 

 

 

 

ザブングルについて

テレビ出演もある、ザブングル。

闇営業の出演者の「その他」に分類されてしまったようです。

ザブングルは、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ。

1999年9月結成。

名古屋NSC5期生で、以前は別々のコンビで名古屋吉本に所属していた

宮迫博之と田村亮が闇営業!その動画!

詐欺グループの忘年会に参加をしていたという驚きのニュースが飛び込んできました。

宮迫博之さんは自慢の歌を歌って、田村亮さんはカラテカ入江さんと司会進行をするという闇営業をしてました。

宮迫博之さんは持ち歌でもあるくずの「全てが僕の力になる!」を歌っており、オレオレ詐欺忘年会を盛り上げているという衝撃な内容です。

そんな画像や動画はこちらです。

テレビ番組でも司会進行をすることがよくある田村淳さん。

まさかこのような形で司会進行をしていたのは驚きです。

宮迫博之と田村亮は闇営業で解雇になるか?

カラテカ入江さんは吉本を解雇となりましたが、宮迫博之さんや田村亮さんらは現在「厳重注意止まり」となっているようです。

 お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が、所属していたよしもとクリエイティブ・エージェンシーを6月4日付で契約解消となったことが6日、わかった。入江はあす7日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で、詐欺グループの忘年会に同社所属芸人の出席を仲介したことが報じられている。

【写真】合コンゲームを伝授するカラテカ・入江

同誌では、2015年に男女計40人が逮捕された振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会に入江を始め、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが出席していたと報道。この場に芸人らの出席を仲介したのが入江だったとしている。

よしもとによると、入江ら5人に事実確認を行ったところ出席の事実を認めたとのこと。入江については、知り合いの結婚式を兼ねたパーティーだと聞かされており、自身はその知り合い・グループが特殊詐欺を行っていたことは知らなかったという。しかし、深い交流があったのは事実で、事態を重くみた事務所側は今月4日付で契約解消とした。カラテカとしての今後については未定。

ほかの4人については、出席は認めているものの入江に出席を頼まれた立場で詳細を知らされておらず、今回は厳重注意処分とした。

 

宮迫博之さん、そして田村亮さんが闇営業をしオレオレ詐欺忘年会をということを知っていたのかは分かりませんが衝撃的ですね。

またCMや番組の司会進行を務めるなど多くの番組に出演をされている宮迫博之さんと田村亮さん。

もし解雇となれば、メディアにも大きな影響があるでしょう。

どうして宮迫博之は闇営業で厳重注意なの?

今回カラテカ入江が吉本解雇をされたことで、宮迫博之らも「芸能界引退や解雇となる」と世間では噂をされていたようですが厳重注意止まりとなっているようです。

その理由としては引退の起因となる「反社会勢力の繋がりがない」ので厳重注意となったということです。

お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が、所属していたよしもとクリエイティブ・エージェンシーを6月4日付で契約解消となったことが6日、わかった。入江はあす7日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で、詐欺グループの忘年会に同社所属芸人の出席を仲介したことが報じられている。

【写真】合コンゲームを伝授するカラテカ・入江

同誌では、2015年に男女計40人が逮捕された振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会に入江を始め、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが出席していたと報道。この場に芸人らの出席を仲介したのが入江だったとしている。

よしもとによると、入江ら5人に事実確認を行ったところ出席の事実を認めたとのこと。入江については、知り合いの結婚式を兼ねたパーティーだと聞かされており、自身はその知り合い・グループが特殊詐欺を行っていたことは知らなかったという。しかし、深い交流があったのは事実で、事態を重くみた事務所側は今月4日付で契約解消とした。カラテカとしての今後については未定。

ほかの4人については、出席は認めているものの入江に出席を頼まれた立場で詳細を知らされておらず、今回は厳重注意処分とした。

確かに引退や解雇の原因ともなる反社会勢力との繋がりはなく「カラテカ入江に仲介されただけ」いうことが判明しています。

また宮迫博之らは「出席を頼まれた立場で詳細を知らない」ということだったので引退や解雇とはならず厳重注意に至ったようです。

過去には島田紳助さんが直接的に反社会勢力と交流があったので引退をされたこともありますが、そのような事実は確認されなかったからでしょう。

アメトーークではいつものようにトークが繰り広げられていました。

https://twitter.com/harachan0722/status/1136593385865633796?ref_src=twcamp%5Ecopy%7Ctwsrc%5Eandroid%7Ctwgr%5Ecopy%7Ctwcon%5E7090%7Ctwterm%5E3

https://twitter.com/itsuba2/status/1136757074191249408?ref_src=twcamp%5Ecopy%7Ctwsrc%5Eandroid%7Ctwgr%5Ecopy%7Ctwcon%5E7090%7Ctwterm%5E3

宮迫博之のツイッターの謝罪文がこちら

宮迫博之さんのツイッターでの謝罪文の掲載ツイートがこちらです。

 

宮迫博之の謝罪文がLINEのスクショだとバレて炎上!

宮迫博之が謝罪文を掲載

宮迫博之さんが謝罪文を掲載されました。

 

どうしてLINEスクショとバレタの?

宮迫博之さんの詐欺集団への忘年会の参加について厳重注意を受けた件について謝罪文を掲載されましたがそれがスクショだとバレて炎上をしています。

「」がついていることや、角が丸くて背景が青色なことから「LINEのスクショ」だとバレたようです。

このようにラインのスクショだとわかりやすいですよね。

「マネージャーから送られたものをスクショしただけ」ということで反省の色がないという声が殺到しています。

 

 

これを受けて世間では

  • ふざけている
  • 全く反省していない

と炎上をしています。

宮迫博之が謝罪文を掲載するがスクショバレて炎上!

宮迫博之さんの謝罪文がスクショだとバレて炎上をしています。

宮迫博之の謝罪文がスクショの理由は?

今回どうして文章を掲載した際にスクショにしたのでしょうか?

一番簡単に考えられるのが「ただ書くのが面倒だったから」ということや「そのまま貼り付けたら楽だったから」ということです。

たしかに文字で打ち直すよりも、スクショを貼り付けた方が楽ですよね。

その他に考えられる理由というのは

  • 検索エンジンに引っかかりにくくするため
  • 文章捏造対策

ということです。

「宮迫博之」と検索をかけるだけでも謝罪文が検索の上位に掲載されてしまうことを懸念してこのように対策をしたのかもしれません。

宮迫博之が吉本解雇されない理由!なぜ厳重注意止まり?

カラテカ入江は反社会勢力との繋がりがあり、即解雇となりましたが宮迫博之さんはどうして吉本に解雇をされないのでしょうか?

その理由は先程も述べたように「直接的に反社会勢力との繋がりがないから」です。

闇営業は実際のところ、様々な芸能界の人たちが行っているということですからもしこのような理由で宮迫博之さんが解雇となれば「芸能界の多くの人間が解雇となる」ことが可能性としてありえます。

そのために今回は厳重注意で止まったのでしょう。

宮迫博之は直接的に反社会勢力と繋がりがあった証拠がない

また宮迫博之はカラテカ入江のように、反社会勢力との直接的繋がりがあったという証拠がありません。

カラテカ入江は5000人以上も友達がおり、顔が広いとも言われています。

今回もカラテカ入江による仲介が原因によって宮迫博之さんがこのような闇営業をするという結果となったのです。

直接的に反社会勢力との繋がりを持つ証拠がない「オフホワイト」なので今回このようにテレビ出演をしつづけられるのですね。

宮迫博之が吉本解雇となると吉本が困る…?

宮迫博之は様々なレギュラー番組を持ち、MCを務めるなど吉本にとっては大切な人材です。

先程のアメトーークもそうですが、吉本にとっては解雇してしまうと「困る」ということも厳重注意で終わる原因としては考えられるかもしれません。

 

 

 

オレオレ詐欺忘年会に闇営業をしていたのは誰なの?

オレオレ詐欺忘年会に闇営業をした芸人は他にもいるようです。

それは

  • 雨上がり決死隊「宮迫博之」
  • ロンドンブーツ1号2号「田村亮」
  • レイザーラモンHG
  • ガリットチュウ「福島善成」

だということです。

田村亮さんは司会進行だったということですが、その他の芸人はオレオレ詐欺忘年会の盛り上げ役としてネタをしたり歌を披露するなどしたのでしょう。

カラテカ入江がオレオレ詐欺忘年会の闇営業をし、吉本解雇!

カラテカ入江さんがオレオレ詐欺忘年会の闇営業を吉本芸人へと仲介したとして吉本を解雇されました。

その報道がこちらです。

お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が、今月4日付けで所属の吉本興業から契約を解消されていたことが6日、分かった。振り込め詐欺グループとの“闇営業”を吉本の所属タレントに仲介したことが発覚し、事実上の解雇となった。

【写真】カラテカ入江 ソファーで電話「お笑いの仕事してない」

2014年12月にロンドンブーツ1号2号・田村亮ら同社の芸人が大規模振り込め詐欺グループの忘年会に出席し、その仲介役が入江だったことを、7日発売の写真週刊誌「フライデー」が報道。吉本興業が入江に聞き取りをしたところ、仲介の事実を認めたため、「吉本興業および所属芸人のブランドを著しく傷つけた」として、契約解消に至った。

同社によると、忘年会への出席は、会社を通さず直接ギャラを受け取る“闇営業”。入江は、相手が振り込め詐欺グループだとは「知らなかった」と説明したというが、「うちの会社は、絶対に反社会的組織との交流は許さない」と厳しい処分を科した。

入江は芸能界のみならず、スポーツ界や一般企業の社長にまで顔が利く“入江コネクション(人脈)”で知られ、「友だち5000人」と豪語し、ビジネスやコミュニケーション能力に関する書籍を次々と出版。「お笑いの仕事してないですね」と冗談交じりに話すほど、最近ではお笑いタレントとしての顔よりも、スーツ姿で講演会を開く“講師”の印象が強かった。

3年前には「イリエコネクション」というプロモーションやコンサルティングを扱う会社を立ち上げ、“会社経営者”としての一面を持っていた。

インスタグラムなどによると、最近の講演のテーマは「みるみる距離が縮まる!入江流コミュニケーション」と題したものが多い。吉本を解雇された翌5日のインスタグラム(※現在は削除)にも高級ホテルで行われた「ライフアドバイザー・スマイルサポーター優績者交流会議」と題した交流会で講演していた模様をアップしていた。

知り合いが多く、顔が広いと言われていましたがまさかこのような犯罪グループとも関わっていたのは衝撃です。

お笑いコンビ、カラテカの入江慎也(42)が、4日付で所属の吉本興業から契約を解除されていたことが6日、分かった。事実上の解雇で追放とみられる。

幅広い人脈を誇り、実業家としても活動することを売りにしている入江だが、振り込め詐欺グループなどの反社会的勢力との闇営業の仕事を、吉本芸人らに仲介したことを理由に契約を解除された。

「FRIDAY DIGITAL」は6日、翌7日発売の写真誌「FRIDAY」が、吉本芸人が振り込め詐欺集団の忘年会に入江の仲介で出席したとスクープしたと報じている。

吉本興業は日刊スポーツの取材に対し「入江は反社会勢力とは知らなかったようだが、禁止されている会社を通さない営業を仲介していたので契約を解消した。出席した芸人たちも反社会的勢力とは知らなかったが、今後は厳しく指導していく」と説明している。

「大野春水」とは?詐欺の経歴は?

大野春水は被害額が約20億円を超える詐欺グループのトップだとされています。

2015年に警視庁が特殊部隊を投入し、一度に過去最大の40人もの人数を摘発をしたという逮捕劇を繰り広げたグループです。

架空会社の社債購入名目で現金をだまし取るなどしたとして、警視庁や宮城県警などの合同捜査本部は詐欺や詐欺未遂の疑いで、住所不詳、無職、大野春水(27)と東京都新宿区、事務作業、金宣秀(38)の両容疑者ら男女40人を逮捕し、都内のアジト4カ所を摘発した。特殊詐欺で一度に摘発した人数としては過去最大規模。

捜査関係者によると、大野容疑者ら39人は黙秘、否認するか認否を留保しており、残る1人は容疑を認めている。

大野容疑者と金容疑者は詐欺グループの幹部で、38人は詐欺の電話をかける「架け子」役。架空の太陽光発電会社の社債購入などを持ちかける手口で昨年1月以降、全国で60件、計20億円以上をだまし取っていたとみられる。

被害者は平均約2千~3千万円をだまし取られており、なかには1億円以上をだまし取られた被害者もいたという。

逮捕容疑は昨年11月~12月、奈良県大和高田市の女性(72)に架空会社の社員を装い、「社債を買えば高く買い取る」などと嘘の電話をして、社債購入名目で計500万円をだまし取ったなどとしている。

大野春水は「キング」から詐欺を習った

大野春水はかつて「キング」とも呼ばれた男のもとで詐欺を勉強し、トップになったといわれています。

振り込め詐欺などの特殊詐欺グループが「のれん分け」して増殖するケースが止まらない。警視庁が特殊部隊を投入し一度に最多40人を摘発した詐欺グループのトップは以前、別の詐欺グループに末端構成員として参加していたことが判明。詐欺グループ内でノウハウを学んで独立し、系列グループが増殖していく構図が明らかになった。準暴力団などの元暴走族グループの人脈も活用されており、警察当局はあらゆる手を尽くし、組織の中枢に迫っていく。

■響き渡る破裂音、捜査員が一斉に突入

JR新大久保駅から西へ数百メートル、オフィスビルやマンション、ホテルが雑多に建ち並ぶ一角に、詐欺グループがアジトとしていた雑居ビルはあった。ビル3階の窓ガラスは、無残にも割られ、警視庁と詐欺グループの壮絶な攻防を物語っていた。

6月16日午前、ビル周辺に破裂音が響き渡るとともに、警視庁の特殊部隊が一斉に乗り込んだ。

同じころ、台東区内や目黒区内などのビルにも一斉に捜査員が進入。過去最大規模の摘発が行われた。

ビルのなかから捜査員が連れ出したのは、男女総勢40人。いずれも詐欺や詐欺未遂の疑いで逮捕された。

摘発されたのはすべて同じトップを頂く特殊詐欺グループ。一度の摘発人数としては過去最多だ。捜査2課は、台東区内のビルをアジトとしていた大野春水(しゅんすい)容疑者(27)=詐欺容疑で逮捕=が詐欺グループを主導したとみている。

■トップはかつて「キング」と呼ばれた男の部下

詐欺グループのトップは、かつて「キング」と呼ばれた男のもとで、大型の振り込め詐欺事件の末端構成員として関わっていた。

大野容疑者は20億円以上を全国の被害者からだまし取っていたとみられる。この大野容疑者が以前、所属していたのが平成20年に組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑などで摘発された30代男、通称キングだ。

キングは40人超を率いて全国から19億円をだまし取ったとされる詐欺グループのトップ。グループ内を少人数のグループに細分化して「売り上げ」を競わせるとともに、情報の共有を最小限にして、捜査の目も行き届きにくくしていた。

大野容疑者のグループも同様にグループを細分化し、アジトも分散化することでさらに効率化、秘匿化を進めていた。捜査関係者は「『キング』の下で、ノウハウを学んだのは明らか」と指摘する。

■グループ独立支える「準暴力団」 「暴走族」人脈も駆使

詐欺グループが系列から独立するのを支えているのが、準暴力団などの元暴走族グループの人脈だ。

関係者によると、全国で12億円をだまし取ったとして捜査2課が昨年から今年にかけて摘発したグループの一人、加島章浩被告(32)=犯人蔵匿罪で起訴=は、元暴走族が母体の準暴力団「関東連合」系グループに所属。逃走した部下を仙台市内のキャバクラなどでかくまうなどしたとして、犯人蔵匿容疑で逮捕、起訴された。

関係者の間では、特殊詐欺事件に絡んで逮捕された兄と一緒に10年近く特殊詐欺を繰り返してきた「加島兄弟」として知らない者はいないといい、暴走族時代の人脈を駆使してグループを形成していたという。

捜査2課が2年越しで3月に壊滅させたグループも、暴走族が母体の準暴力団「打越スペクター」系グループ幹部が主導。幹部は、暴走族の先輩グループの末端から昇格した後、暴走族時代の仲間を連れて独立していたことが判明した。捜査関係者は「準暴力団や暴走族は特殊詐欺の中核。詐取金をもとに表のビジネスに進出する幹部もいる」と警戒を強める。

■警察当局も特殊詐欺のプロに照準 摘発後に詐欺成功率が急減したグループも

詐欺グループが増殖していく実態の一端が明らかになったことで、警視庁などの警察当局はこうした増殖の要となる上層部の摘発に集中し始めている。

これまでは受け子など末端構成員の摘発からの「突き上げ捜査」だけで上層部に迫ろうとしてきたが、「情報には限りがある」(捜査幹部)。だが、最近は過去の詐欺グループの「系列」などに注目し、より上層部に近いグループに捜査の重点を移しているという。

これまで特殊詐欺グループの摘発は被害軽減に直接結びつかないことも多かったが、上層部に捜査のメスが及び始めたことで、被害の軽減にも効果が出ている。

「打越スペクター」系詐欺グループによる特殊詐欺事件では警視庁が平成25年にアジトの摘発を開始。その後もグループはアジトを変えながら詐欺を繰り返していたが、1回目のアジトを摘発されて以降、詐欺の成功率が急低下。捜査関係者は「有能な架け子にも限りがある。摘発が被害の軽減にもつながった」と分析している。

大野春水はこの「キング」と呼ばれた男の末端構成員として詐欺の勉強をしたようです。

そして組織的な詐欺について学び、20億円超えの詐欺グループのトップとなったようです。

大野春水とカラテカ入江の関係は?人脈か?

大野春水は人脈が広いことが分かっています。

大野春水は「準暴力団」や「暴走族」などとも繋がりあり、人脈が広いことからカラテカ入江とも繋がりができたのでしょう。

カラテカ入江は営業力やその素晴らしいトークなどから人脈が大変広いことが知られています。

それにより、何かしらのつながりからこのように反社会勢力とも繋がりができてしまったのかもしれません。

カラテカ入江が大野春水の誕生日会で闇営業!

振り込め詐欺の忘年会も兼ねた大野春水の誕生日会に闇営業の仲介したとして吉本解雇となりました。

本誌が入手した一本の動画。そこに映しだされているのは、マイクを片手に気持ちよさそうに歌う一人の男だ。

マイクの男が、人気デュオ『くず』の代表曲『全てが僕の力になる!』をよく通る美声で歌い上げると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。美声の主は、『雨上がり決死隊』の宮迫博之(49)本人である。

宮迫は愛想よく壇上から挨拶したが、これはお笑いライブでも、芸人仲間の飲み会でもない。かつて世間を騒がせた、大規模振り込め詐欺グループの忘年会なのだ―。

この大規模振り込め詐欺グループは15年6月に摘発されたのだが、その約半年前、14年12月27日に都内のホテルで忘年会を開いていた。本誌が今回入手したのは、宴会の様子を映した動画と写真だ。

忘年会に参加した、詐欺グループの元メンバーが語る。

「12月27日の宴会は、忘年会と大野春水(主犯格として15年に逮捕)の誕生日会をかねて開かれました。主だったメンバー50~60人で、ホテルの宴会場を貸し切りにした。ゲストとして参加したのは、宮迫のほか、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)、ロンブーの田村亮(47)、カラテカの入江慎也(42)。それ以外にも、あまり売れてない芸人が2~3人いました。会は19時ごろから2~3時間開かれたんですが、芸人たちは会の後半にサプライズで登場しました」

詐欺集団との仲介役となったのは、カラテカの入江だったという。

 

宮迫博之の闇営業のギャラはいくらだったの?

一部の報道機関によると、一度の出演料としてギャラは「百万円」を受け取っていたと噂されています。

「入江とグループの幹部は忘年会の前から知り合いでした。そのよしみで入江に『芸人を忘年会に呼んでくれ』と頼み、ギャラも入江を通じて支払ったみたいです。芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ。
入江が俺たちのことを詐欺グループと知っていたか? 間違いなく知ってましたよ。幹部のなかには酒癖の悪い奴がいて、酔うと自分たちが詐欺で稼いでいることをベラベラしゃべっていましたから」

芸人たちは振り込め詐欺グループだと知って忘年会に参加したのか。本誌は5月下旬、仕事終わりの宮迫を直撃した。

―これ、宮迫さんがその忘年会で歌っている姿なんですが。

「(動画を見ながら)これ俺か? 俺やな」

―振り込め詐欺グループの忘年会とは知らなかった?

「まったく知らないです……」

本誌は参加した芸人の所属事務所である吉本興業にも詳細な質問書を送った。さらに、再三にわたり電話で問い合わせたものの、吉本側の対応は「無回答」だった。

6月7日発売のFRIDAY最新号では、吉本芸人が詐欺グループの忘年会に参加した際の写真を複数掲載、宮迫への直撃取材の様子を詳しく報じている。またFRIDAYデジタルGOLDでは、忘年会の「闇営業」動画を公開している。

カラテカ入江のプロフィール

入江 慎也。

日本のお笑いタレント、実業家である。

元吉本興業所属。

お笑いコンビ・カラテカのツッコミ担当。

株式会社イリエコネクション代表取締役。

東京都小平市出身。

東京都立保谷高等学校卒業。

専門学校中退。

宮迫博之と田村亮らの闇営業!カラテカ入江の詐欺仲介の世間の反応

まとめ

カラテカ入江さんがオレオレ詐欺忘年会に宮迫博之さんや田村亮さんを仲介したことが騒動となっているようです。

ザブングルも含め、有名芸人らのまさかの事件ですね。

最後までお読み頂きありがとうございます