高山優斗さんの顔画像!Facebook! 警察官 帰省中に溺死!原因は?

7月29日午後2時すぎ、群馬県中之条町上沢渡の反下川の弁天橋の下流で警察官の高山優斗さんが溺れ、その後友人らが119番通報、翌30日午前7時半頃更に50メートル下流であおむけになって死亡しているところを近くの住民が発見。

なぜこんな痛ましい事故が起きたのでしょうか、事件の概要なども含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

高山優斗さん溺死事故の概要

29日午後2時半過ぎ、群馬県中之条町上沢渡の反下川(たんげがわ)の弁天橋の約3メートル下流で男性がおぼれたと119番通報があった。30日午前7時半ごろ、さらに約50メートル下流の川底に男性があおむけになって沈み、死亡しているのを近くの住民が見つけた。

県警吾妻署によると、男性は4月に県警本部に採用された警察学校初任科生の巡査、高山優斗さん(18)=前橋市元総社町=で、死因は溺死とみられる。

高山さんは29日、警察学校が休みで、高校時代の友人と川で遊んでいた。高さ約4メートルの崖の上から川に飛び込み、いったんは顔を水面から出したが、その後、川に沈んで流されたとみられる。雨の影響で川は増水し、流れが速かったという。

高山優斗さんのプロフィール・顔画像・Facebookは?

名前:高山優斗(たかやま ゆうと)

年齢:18歳

在住:群馬県前橋市元総社町

職業:群馬県警察学校初任科生・巡査

高山優斗さんの顔画像

現時点では高山優斗さんの顔画像は公開されておりません。

わかり次第追記したいと思います。

高山優斗さんのFacebook・SNSは?

Facebook・SNSにつきましても、それらしいアカウントはありましたが本人と特定できませんでした。

高山優斗さん溺死事故の現場は?

これが高山優斗さんが溺れた上沢渡の反下川です。

現在夏休み期間中ということもあり高校時代の同級生と川遊びをしていたそうです。

川遊びの危険性とは!?

川遊びは危険を伴う遊びです。一番注意しなくてはならないのは天気です。雨などで増水したり、土砂崩れなどの危険性があるからです。雨が降ったらすぐに遊びを中止して川から上がるようにしましょう。

当時雨の影響で川は増水し、流れが速かったそうです。

こんな状況になったら要注意

1.山鳴りがする
2.水かさが増え、濁ったり流木や落ち葉が流れてくる
3・雨が降っているのに水かさが減っている
4.腐った土・火薬のようなニオイがする

この様な状況になったら絶対に川に近づいてはいけませんね!

高山優斗さん溺死事故の世間の反応

18歳で警察官は無理だと思う。社会経験がない。高卒して警察官は無理です。やはり高卒者を採用するならばある程度は社会経験した人を採用すべきです。大卒は学生の時にアルバイト経験がある。アルバイトも社会経験になる。

 

まあ若いし、地元で思わずはしゃいじゃったのかもしれないけど、川遊びは何重にも安全対策しても、しすぎということがないくらい危険だからね。

 

殉職じゃなく溺死、自然を甘く見過ぎたね、子供は真似しないように。

まとめ

夏のこの時期水難事故が多いです。

海・川に入る際は増水してないかどうか、海が荒れていないか、遊水禁止場所では絶対に遊ばない様にしましょう。

亡くなった高山優斗さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読み頂き有難う御座いました。