高田耕平の顔画像は?事故現場や原因は?名古屋高齢者プリウス事故

また高齢者による、プリウスでの事故が起こってしまいました。

 

2019年5月12日、名古屋市の交差点で自転車の男性が乗用車と衝突し意識不明の重体となり過失運転致傷の疑いで名古屋市瑞穂区の職業不詳、82歳の高田耕平容疑者が逮捕されました。

この高田耕平容疑者の顔画像や事件の概要、事件現場などについて詳しくご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

高田耕平の起こした事件の概要

高田耕平の起こした事件の概要についてです。

12日、名古屋市の交差点で自転車の男性と乗用車が衝突した。男性は意識不明の重体で、警察は車を運転していた82歳の男を逮捕した。

過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕されたのは、名古屋市瑞穂区の職業不詳・高田耕平容疑者(82)。警察によると高田容疑者は12日午前11時半ごろ、名古屋市昭和区の交差点で左折したところ、横断歩道を自転車に乗って渡っていた名古屋市瑞穂区の無職・野崎裕市さん(81)と衝突し、けがをさせた疑いがもたれている。野崎さんは全身を強く打ち病院に運ばれたが、意識不明の重体。

警察の調べに対し高田容疑者は「事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているという。

高田耕平の起こした事件の経緯や犯行動機

高田耕平の起こした事件の経緯

2019年5月12日、名古屋市の交差点で自転車の男性が乗用車と衝突し意識不明の重体となり過失運転致傷の疑いで名古屋市瑞穂区の職業不詳、82歳の高田耕平容疑者が逮捕されました。

事件の経緯としては2019年5月12日の11時30分ころに名古屋市昭和区の交差点で左折をしたところ横断歩道を自転車に乗って渡っていた名古屋市瑞穂区の81歳の野崎裕市さんと衝突し意識不明の重体にさせた疑いです。

高田耕平の起こした事故の原因は?

また高齢者による、しかもプリウスの事故です。

警察の取り調べに対して「事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているようです。

事故の原因についてですが、横断歩道をきちんと渡っている被害者のところを左折で巻き込んでしまったという形になるようですからきちんと確認をしていなかったということが考えられるでしょう。

 

高田耕平の起こした事故現場はどこ?

2019年5月12日の11時30分ごろに発生した事故。

この事故は「名古屋市昭和区の交差点」で発生をしたようです。

高田耕平の顔画像やSNSは?プロフィール

高田耕平の顔画像は?

今回逮捕された高田耕平容疑者についてですが、顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

高田耕平のフェイスブックなどのSNSは?

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどの特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

高田耕平のプロフィール

ここでは分かっている情報についてまとめます。

名前:高田耕平

年齢:82歳

住所:名古屋市瑞穂区

職業:職業不詳

逮捕理由:過失運転致傷

被害者の男性について

今回被害になった男性も高齢者。

この男性は自転車で横断歩道を渡っていたところひかれてしまい、全身を強く打ち意識不明の重体となっています。

名前:野崎裕市さん

年齢:81歳

住所:名古屋市瑞穂区

職業:無職

重体ということですが、一刻も早く回復していただきたいです。

高田耕平の起こした事件の世間の反応

高田耕平の起こした事件の世間の反応についてです。

 

 

  • 運転操作を誤ったり、確認不足だったり、いろんな状況を同時に処理できなくなってきているので80歳過ぎてる人は運転を控えたほうがいいですね

    離れて住むうちの親は80過ぎて免許返納を勧めたけど頑なに返納せず
    83歳になってやっと返納しました
    今まで事故しなくて良かったと言う思いと、これからは安心!って思いです

    家族や身内が免許返納を勧めないといつまでも乗り続けると思いますよ
    返納するきっかけを作ってやってください

  • 高齢はもちろんだが、大津の事故からすると年齢関係なく悲惨な事故は「いつ起こってもおかしくない」と運転する者全員が常に意識すべき。免許の更新は3年5年とせず、もう少し短い期間で安価にし、ただ机上の講習をするだけでなく実技テストをし運転が適正かどうかを見極めるといいと思う。
    また、高齢者が免許証を返納しやすいように、市などの行政は返納者に対するサービスを手厚くしなければ、田舎に住んでる高齢者はなかなか返納しないだろう。

  • 高齢者に限らず最近車による事故が多すぎる。
    今までそんなにニュースになって無かっただけかもしれないが。
    前を良く見て無かったとか基本中の事を出来ないなら車は運転しないで欲しい。
    高齢者に限らず車を運転する人はもう一度心構えをし、運転するようにしましょう。

  • プリウスやアクアの事故がこれだけ続くと、運転者の問題というより、メーカー側の設計に問題があると思うね。運転席には静かさや近未来感なんて不要だから、とっさの直感が運転操作にすぐ伝わるような、とにかく安全なハイブリッドカーをメーカーには作ってもらいたい。特にプリウスのあのシフトレバーは若者でも混乱する時があるし、静かすぎる故にスピードが出過ぎてしまう事もしばしば。エンジンブレーキも効きにくいし。高齢者なら尚更危険だよね。メーカーの早期改善を求む。

  • ときどき思うのは、当然のように車の方が止まるものだと思って走っている自転車や歩行者が多いということ。もしかしたら車が止まらないかもしれないという、そういう危機感をもっと持った方が良いのではないかと思います。

  • 事故の詳細を知らずに、高齢者の運転だからと言って一方的に加害者だと決めつけるコメントは良くない。今回の場合はわからないが、左折の車と後方からこちらが優先だと速い速度で直進する自転車との危険度は高いし、プリウスが急激に売れた世代は今は後期高齢者の所有が多く、走行音が静か(ある意味欠点)で後ろから接近して追い抜かれるとその存在に気付かず、歩行者や自転車の場合は驚かされることもある。後期高齢者の多くは、視力、聴力、反射神経(体力)等、全面的に能力がかなり落ちているので、周りの状況を理解できない歩行者や自転車搭乗者も多い。車の運転者でない者にも、被害にあわない防衛的教育も必要だと思う。法的に被害者、加害者のどちらの場合になっても悲しいことだから。

  • 高齢者ドライバーを減らすには自主返納を促すだけでは無理。例えば高齢者講習の視力検査を厳しくしたら多くの高齢者ドライバーは失格となると思う。指定の眼科で検診を受けさせ、視力だけでなく眼底、眼圧、視野検査を行い、眼の病がある者や視野狭窄がある者は免許を取り上げて欲しい。例えば一時停止の標識に気づかなかったとかいう高齢者は気づかないのではなく見えてない可能性が大いにある。

  • 又高年齢の事故

    あれだけ騒がれたのに高年齢でも運転する人がまだ、いるんだね。

    高年齢で運転するな。

    いい加減、高年齢の運転年齢制限作った方がいいよ。

    じゃないと高年齢でも運転辞めず人が亡くなる事故が増えるよ。

    運転出来る年齢制限はあるのに高年齢の運転年齢制限がないのが不思議でしょうがない。

  • 82歳の職業不詳はどうでも良い事だが、衝突されたのが81歳。こんな時こそ監視カメラや防犯カメラ乃至はドライブレコーダーの映像が有ればと切に思う。警察も必死で探しているとは思うが、82と81の衝突場面に大いに関心が有る。兎に角、証言よりも映像を探し出す事が事実への最短な近道だ。事実や真実を確認するためにも近い将来、ドライブレコーダーの装着を法律で義務付ける事が必要ではないか。

  • 渡るときはドライバーの目を確認して自分の存在を充分認識させてから渡るようにしなければならない。これからは危ないドライバーが車という凶器を振り回しながら街中を闊歩してると認識すべき。
    信号のない横断歩道で歩行者の通行の気配を認識せず止まらないドライバーが多すぎる。
    何処見て運転しとんじゃ!そう言うドライバーは二度とハンドルを握るな!

 

まとめ

2019年5月12日、名古屋市の交差点で自転車の男性が乗用車と衝突し意識不明の重体となり過失運転致傷の疑いで名古屋市瑞穂区の職業不詳、82歳の高田耕平容疑者が逮捕されました。

運転に自信のない人などは本当に免許返納をしていただきたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら