後藤一志の顔画像あり!犯行動機は?たばこバケツ1杯分捨てる

バケツ1杯分のタバコの吸い殻を投げ捨てたとして59歳の後藤一志容疑者が逮捕されました。

火災などもなく、一安心した事件ですが4年前から同じ家にこのような行為をしていた理由は何なのでしょうか?

また後藤一志容疑者の顔画像なども含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

後藤一志の起こした事件の概要

後藤一志の起こした事件の概要についてです。

 

5日未明、南砺市の住宅の前に大量のたばこの吸い殻を投げ捨てたとして、廃棄物処理法違反の疑いで59歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは南砺市城端のパート従業員、後藤一志容疑者(59)です。
警察によりますと、後藤容疑者は5日未明、一般住宅の前にバケツ一杯分のたばこの吸い殻を投げ捨てたとして、張り込んでいた警察によって現行犯逮捕されました。

近所の人によりますと、たばこの吸い殻の投げ捨ては約4年前から繰り返されていたということです。

警察によりますと、後藤容疑者は容疑を認めているということです。

 

(監視カメラ映像は今年4月撮影)

 

後藤一志の起こした事件の経緯や犯行動機は?

後藤一志の起こした事件の経緯

富山県の住宅の前に、大量のたばこの吸い殻を投げ捨てたとして、59歳の男が逮捕された。

2019年4月、未明の住宅街に現れた男。

ある家の前で、バケツに入った何かをぶちまけた。

液体とともに投げ捨てられたのは、大量のたばこの吸い殻。

そして、5日未明、近くに住む後藤一志容疑者(59)が、張り込んでいた警察官に現行犯逮捕された。

被害に遭った家に住む女性は、「あの人がと思ってびっくりした。(容疑者とは)しゃべったこともない」と話した。

吸い殻の投げ捨ては、およそ4年前から繰り返されていて、後藤容疑者は容疑を認めている。

(富山テレビ)

後藤一志の起こした事件の犯行動機は?

今回タバコの吸い殻を大量に捨てたとして現行犯逮捕をされた後藤一志容疑者。

現在のところ犯行動機については明らかとなっていません。

パート従業員ということですから、いつも仕事帰りに同じ場所に吸い殻を捨てていたのでしょうか?

それにしても他人の家に投げ捨てるなんて悪質です。

火災などにならず、良かったです。

後藤一志の起こした事件現場は?

今回このように事件現場の報道がされています。

現場は「富山県南砺市」ということは判明していますが、詳しい住所までは断定できませんでした。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

後藤一志の顔画像!SNSやプロフィール

後藤一志の顔画像

後藤一志のフェイスブックなどのSNS

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

後藤一志のプロフィール

ここではわかっている情報についてまとめます。

名前:後藤一志

年齢:59歳

住所:富山県南砺市城端

職業:パート従業員

逮捕理由:廃棄物処理法違反の疑い

後藤一志の起こした事件の世間の反応

後藤一志の起こした事件の世間の反応についてです。

  • 同じ家の前にずーっとやってたのか?理由はなんなんだろう?

  • こういうのがいるから喫煙者は煙たがられるんだよ。

  • 59歳らしい社会的立場ではない時点で、残念な人だというのは見て取れる。

  • きっちー総本店

  • ごとう かずし

    アホやな

  • 暇じんやな、そういうやからには捨てた吸殻の何倍もの量の吸殻をそいつの家に捨ててやりたいな

  • 廃棄物処理法で逮捕か。ポイ捨てされるごみの中で最も多いのがタバコの吸い殻とのことなので、タバコのポイ捨てもこの法律を適用して違反者を逮捕して貰いたい。

    今月1日から健康増進法が部分的に施行され、路上喫煙が増えるているかもしれない。実際に、東京都庁の近くでは喫煙難民が発生しているとの報道もあった。

    屋内や施設の敷地内で喫煙できなくなったといっても、ポイ捨てを容赦する必要はない。またて、屋内で禁煙にするとポイ捨てが増えるという言い分に対抗するためにも、タバコの吸い殻をポイ捨てする輩は、廃棄物処理法で逮捕して然るべき。

  • ようバケツ1杯分も吸い殻を溜めこんだな!毎日バケツに吸い殻入れとったんやな。どうせなら吸い殻を口に詰め込んで罪の重さを分からしてやればいいやん。

     

 

まとめ

バケツ1杯分のタバコの吸い殻を投げ捨てたとして59歳の後藤一志容疑者が逮捕されました。

火災などもなく、一安心した事件ですが4年前から同じ家にこのような行為をしていた理由は何なのでしょうか?

また詳しい情報が入り次第更新をしたいと思います。

最後までお読み頂き有難う御座います