堀口一史座七段の入室動画!奇行行動の原因は病気?藤井七段戦

堀口一史座七段と藤井七段戦との際に

入室で謎の決めポーズに入室、そしてわざとコケるなどとして奇行行動をとっていると話題になっています。

そんな話題となった堀口一史座七段と藤井七段戦の動画や奇行行動の原因などについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします。

堀口一史座七段と藤井七段戦での入室に決めポーズ!ハプニング!

堀口一史座七段と藤井七段戦が行われましたが、その堀口一史座七段の行動が「おかしい」「ヤバイ」などとして話題になっています。

堀口一史座七段は2019年7月2日に行われた藤井七段との「第78期名人戦順位戦C級1組2回戦」で奇妙な登場をし決めポーズをとるなど注目を浴びています。

気になるのが勝敗ですが、待ち時間各6時間での順位戦では異例の午前中でスピード決着で負けました。

将棋の第78期名人戦順位戦C級1組2回戦藤井聡太七段(16)と堀口一史座(かずしざ)七段(44)戦が2日、関西将棋会館で行われた。

【写真】堀口一史七段と対局する藤井聡太七段

堀口が対局室の「水無瀬の間」に現れたのは対局開始予定時刻10時の直前となる午前9時57分。コンビニエンスストアの大きな紙袋にペットボトル、お菓子などを大量に入れ、現れた。堀口は対局室に入って来ると、両手を広げ、アクションスターさながらのポーズを決め、さらに畳の上にわざと転げた。人為的な“ハプニング”の発生に藤井は厳しい表情を見せた。

両者が駒を並べ終えると、記録係が「対局時間が過ぎていますので、始めてください」と伝えた。

先手の藤井はいつものようにルーティンのお茶を飲むことができずに、飛車先の歩を突いた。堀口は飛車先の歩を突き返した。

両者は初顔合わせ。藤井は順位戦C級1組の開幕戦で村田顕弘六段(32)を破り、白星発進している。

各10局を戦う順位戦C級1組は今期38人が参加し、上位2人がB級2組へ昇格する。名人挑戦者を決める順位戦は最上位のA級からC級2組までの5クラスに分かれ、約1年間にわたってリーグ戦を行う。A級の優勝者が名人挑戦者となり、各組上位者が上のクラスに昇級する。前期、逃したB級2組昇級の再チャレンジが始まった。

持ち時間は各6時間となる。通常なら夜遅くの決着となる。

藤井七段も苦笑の結果のようです。

https://twitter.com/h_eddie_n/status/1145910003431165952?ref_src=twcamp%5Ecopy%7Ctwsrc%5Eandroid%7Ctwgr%5Ecopy%7Ctwcon%5E7090%7Ctwterm%5E3

堀口一史座七段は入室後に謎の決めポーズ。

そして記者を指して「誰か将棋指しません?」「藤井くんと将棋?」と言い放ち、その後わざとずっこけるのです。

そして藤井七段は47手で勝利。

藤井七段は1時間18分の消費時間、堀口一史座七段はわずか4分だったのです。

堀口一史座七段と藤井七段戦での奇行行動はパフォーマンス?病気?

今回入室の際に決めポーズやずっこけるなどと言った奇行行動をとった堀口一史座七段。

世間では「なんかのパフォーマンス?」とも言われているようですが、一部では病気の噂もされているようです。

堀口一史座七段は病気が原因での奇行行動だとも言われており、

将棋ファンは強い棋士だと知っているだけに歯がゆく感じているようです。

 

確かに堀口一史座七段はNHK杯の決勝で羽生さんと対局したり、朝日杯で優勝するなど功績のある人物です。

このようにA級昇級が期待をされているだけに、今後がどうなるのか気になってしまいます。

2013年頃から体調を崩したと言われており、公式戦を休場したり復帰をしても2019年0勝10敗になるなどかなり調子の悪いイメージがあります。

また順位戦B級1組青野照市との対戦でも、56手目の一手に昼食休憩をはさむという5時間24分の記録的な大長老をするなどして当時も話題となっていました。

しかしすぐに投了してファンからは心配をされていたようです。

 

 

 

 

堀口一史座七段の入室動画がこちら!

堀口一史座七段のプロフィール

 

棋士番号 218
生年月日 1975年2月28日(44歳)
出身地 東京都
師匠 伊藤 果八段
竜王戦 5組
順位戦 C級1組

 

堀口一史座の功績

今年度成績 0勝5敗(0.0000)

堀口一史座の対局結果

○:勝ち ●:負け □:不戦勝 ■:不戦敗

対局日 勝敗 対局相手 棋戦
2019/6/27 有森浩三 叡王戦 予選
2019/6/18 阪口悟 順位戦C級1組
2019/6/14 青嶋未来 竜王戦5組 残決
2019/5/22 泉正樹 ヒューリック杯棋聖戦 一次予選
2019/4/23 富岡英作 竜王戦5組 昇決
2019/3/5 佐々木勇気 順位戦C級1組
2019/2/5 千葉幸生 順位戦C級1組
2019/1/22 屋敷伸之 大阪王将杯王将戦 一次予選
2019/1/8 泉正樹 順位戦C級1組
2018/12/26 千葉幸生 棋王戦 予選

堀口一史座の対局ハプニングによる世間の反応

 

  • 躁鬱か統合失調症かもしれない。
    本人の自覚がない場合もあるから、周囲は怒らず冷静に事情を聞いて欲しい。
    真面目な人ほど壊れてしまう事がある。

    しかしスルーした藤井七段も凄かった。

  • ここ、記事にしなくてもいいと思いますがね。
    でも、ずっと下向いて動揺しなかった藤井七段が凄い。そして、誰相手でも関係なく集中、じっくり考えて指してましたね。
    「厳しい表情」とか違いますから。これだとまるで軽んじて見てたように受け止める人もいるでしょうが、全然違いますから。
    集中、集中、でしたよ。

  • 現在の堀口一史座七段は、残念ながら正常ではなく、朝日オープン(現:朝日杯)選手権者当時の実力や品格は、期待出来ません。
    藤井聡太七段も、恩師の杉本昌隆八段以下、周囲の助言もあって重々承知であれ、これ程とは思わなかった筈です。
    ウェブ動画を始めとする中継が入っているので、もっと長考して決着を引き伸ばすべきですが、いたたまれずに決着を急いだのでしょう。
    藤井七段絡みだからといって、無闇に報道せず、そっとして置いて欲しいですね…

  • 動画を見てみましたが、かなり普通ではない感じがしました。
    周りのどなたも制止しないということは黙認されているのでしょうか?
    ただのパフォーマンスではないように見受けられたので、皆さんが仰るようにやはり病気なのかな。
    毎回このような感じでは対戦相手の方が気の毒なので、病院へ行ってみるとか、再度お休みをしてみるとか、何らかの適切な対処が取られるといいですね。

  • 現在の社会では(以前とは違って)、将棋連盟としてフォローすべき事が
    既に有ると思います。
    明らかに病気であり、必要なのは医学的治療と休養でしょう。

  • 会社の営業マンが、お客さんの前で変わった態度をして
    「病気だから許してあげて下さい」
    もちろん同情すべきだけど、厳しい交渉があるなら、
    そういう人は他の仕事させてちゃんと治ってから営業させてとなる。
    順位戦対局というのはある意味最も厳しい対局の一つだから、
    その準備ができていない状態でするというのは本人にも気の毒なことだ。
    観戦者に同情されても本人m不本意だと思う。

  • 対局前も対局中も対局後も明らかに異常。
    体調が悪いなら不戦敗の届け出を出すべきであった。
    連盟も何らかの対応が必要。
    休場勧告とかあるいはもう少し厳しい手段もありうる。

  • 精神的な不調だと思います。堀口先生の体調が心配です。
    先崎先生にご相談され、今期もお休みした方が良いと思います。
    ご助言される人がいないのかもしれません。
    とても笑って見られなかったですよ。

  • これは笑っていいのか、いや笑えないでしょ。
    それにしても聡太さんのメンタルが強靭で
    勝負師としての未来は明るいと思う。
    ドレッドヘアにも動じす、菅井さんの威圧オーラにも動じず
    堀口さんのトリッキーアクションにも動じず。

  • さすがに堀口一史座が相手だと藤井君より堀口のほうにコメントが集まるね。
    自分は堀口さんのことはよく知らないが本当に何かの病気なんだろうか。ちょっと尋常ではないよね。棋戦優勝もしたことのある人だし、昔からこういう人だったとはとても思えないが。

 

 

まとめ

堀口一史座七段と藤井七段戦との際に

入室で謎の決めポーズに入室、そしてわざとコケるなどとして奇行行動をとっていると話題になっています。

せっかく強い棋士なのですから、調子を取り戻していただきたいですね。

最後までお読み頂き有難う御座います