最高検事務官の男の名前や顔画像!JR新宿駅で小学2年を突き飛ばす

JR新宿駅(東京都新宿区)構内で小学2年生の7歳の男の子を突き飛ばし全治1週間の怪我をさせたとして暴行容疑で30代の検察事務官の男を現行犯逮捕しました。

 

30代の検察事務官の男の名前や顔画像、事件の概要などについてご紹介したいと思います。

 

30代の検察事務官の男の起こした事件の概要

30代の検察事務官の男の起こした事件の概要についてです。
JR新宿駅(東京都新宿区)構内で小学2年の男児(7)を突き飛ばして転倒させたとして、警視庁新宿署が暴行容疑で、最高検察庁に勤務する検察事務官の30代の男を現行犯逮捕していたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。同署によると、男は「急いでいた」などと容疑を認めている。

逮捕容疑は23日午前9時20分ごろ、同駅構内の地下連絡通路で、都内に住む男児に体当たりをして突き飛ばし、転倒させたとしている。男児は全身打撲で全治1週間のけがを負い、同署は容疑を傷害に切り替えて25日に送検した。

同署によると、男は当時、ホームから連絡通路に向かって足早に階段を降りてきたとみられ、通路上にいた男児と正面衝突するような形になった。一緒にいた男児の父親が男の身柄を取り押さえ、駅員からの110番通報で駆けつけた同署員に引き渡したという。

23日は土曜日で休庁日だったが、男は「職場に向かう途中だった」などと供述しているという。最高検は「職員が逮捕される事態に至ったことは誠に遺憾。捜査を見守り、人事上の処分については適切に対処していく」とコメントした。

30代の検察事務官の男の起こした事件の経緯や犯行動機

JR新宿駅(東京都新宿区)構内で小学2年生の7歳の男の子を突き飛ばし全治1週間の怪我をさせたとして暴行容疑で30代の検察事務官の男を現行犯逮捕しました。

 

男性は最高検察庁に勤務する検察事務官の30代だということが分かっています。

 

この男性は「急いでいた」と容疑を認めているようですが、少し早起きをすればこのような事件は起こっていなかったのではないでしょうか。

 

逮捕容疑は2019年3月23日午前9時20分頃、東京都新宿区JR新宿駅構内の地下連絡通路で都内に住む男児に体当たりをして突き飛ばし、転倒をさせたとしています。

 

被害にあった男児は全身打撲で全治1週間の怪我を負い、傷害容疑で身柄を確保しました。

 

ぶつかった当時、一緒にいた男児の父親が男の身柄を取り押さえ駅員からの通報で身柄が警察に引き渡されました。

 

事件の発生日は23日で土曜日、休庁日だったようですが男は「職場に向かう途中だった」と供述しているようです。

 

30代の検察事務官の男の顔画像!プロフィール

今回現行犯逮捕された検察事務官の男についてですが顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

 

またフェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

 

ここでは分かっている情報についてまとめます。

 

名前:不明
年齢:30代
住所:不詳
職業:検察事務官
逮捕理由:暴行容疑

 

30代の検察事務官の男の起こした事件の世間の反応

30代の検察事務官の男の起こした事件の世間の反応についてです。
  • 理由はどうあれ大人が小学2年生にケガをさせればそれ相応の責任は免れない。急いでいたとか運が悪かったは通らないね。
  • 子どもは目線が低いから怖かったでしょうね。ほんの少し心に余裕があれば、、謝ることができたら。私自身も気をつけよう。
  • 新宿駅で起こる女性突き飛ばしみたいなのかと思ったら、正面衝突か。。。悪意はないと思うので、ごめんなさいと治療費でいいと思うけど。
  • 広い公園なら分かるが、狭い公共の場所で子供を野放しにしている親もいるからな。この場合がどうだったか分からないけど。慎重に歩かないと。
  • 突き飛ばすほど急ぐなら、あと5分早く出ればよかったです
  • 書類送検で終わりでしょ。
  • 逃げなければ良かったのに
  • 普通に急いでてぶつかっただけの事故なんじゃないの?
  • さぁ身内に甘い検察はどういった甘い処分にするのかな?
  • これ多分常習だな……お父さんの対応が待ち構えている感半端ない。病気だね。

まとめ

JR新宿駅(東京都新宿区)構内で小学2年生の7歳の男の子を突き飛ばし全治1週間の怪我をさせたとして暴行容疑で30代の検察事務官の男を現行犯逮捕しました。

 

自分が5分早起きをすればこのような逮捕をされるような事件は起こらなかったのに、自分だけの都合で子供を突き飛ばすなんて大人として信じられません。