道頓堀ダイブ 遊覧船に落下w 動画はコチラ 令和初笑いありがとう!

5月1日、元号が令和に変わった。

やってきました、恒例の道頓堀ダイブ。 なにかある度にダイブしてますが、今回のダイブは一味違いました。

今後道頓堀ダイブの話に欠かすことの出来ないネタになりましたねw

衝撃のダイブ動画もありますので、是非最後までお付き合いください

 

道頓堀ダイブ 遊覧船に落下w 動画はコチラ

その後の彼はコチラ

肩の脱臼か骨折でしょうか・・・?

動けない姿を見ると怪我は負ってますよね。。。

 

事故の詳細

5月1日午前0時に元号が平成から令和に切り替わった。大阪・ミナミの戎橋周辺には雨の中、大勢の群衆が集まり、集団で橋の上で飛び跳ねたことで橋が揺れ、改元後には道頓堀川へのダイブが始まった。

また、関係者によると、午後8時ごろにも道頓堀川に1人が飛び込み、川を通行していた船の上に落ちた。

ネット上にはその件とみられる動画が投稿され、戎橋の上から「平成ありがとう!」と叫びながら男性が川に飛び込んだところ、橋の下を通行してきた船の先頭部分に落下し、激しい落下音が響き、悲鳴が起こった。

動画をみた限りでは、船の乗船者に当たった様子はないが、操舵していた運転者が驚き、船の後方には多数の乗客が乗っていた。

この動画には「乗客に当たらなくてよかった」「客席にいっていたら令和最初の惨事だ」と飛び込んだ男性に、厳しい意見が集まっている。

男性にけががあったかは、現状、不明。

また、同所では、午前0時へ向けて人は増え続け、午後11時50分には人があふれて通行止め状態に。同57分に興奮する人が飛び跳ねて橋が揺れ、恐れる人が続出した。

改元直前には「令和」コールが起こり、どさくさまぎれに「阪神優勝してくれ~」と願掛けも。午前0時と同時に甲子園名物のジェット風船も飛んだ。

この日、管轄する大阪府警南署は、午後10時から150人の警備態勢を敷き、“暴走”を食い止めるべく戎橋の側道を封鎖したが、“暴走”は止まらなかった。

しかし午前0時を過ぎると、戎橋や周辺の橋からダイブが始まった。少なくとも3人が飛び込んだ。

松井一郎大阪市長は午後10時半ごろツイッターで「大勢の皆さんが令和時代の幕開けを祝いたいのは、重々承知していますが、戎橋での危険行為は止めてください。皆さんがケガをしたり命に関わる事態となれば、大勢の皆さんが悲しみます」と通達していた。

同所では昭和時代から阪神タイガース優勝時に集団で道頓堀川に飛び込む行為が発生し、平成期にはサッカーW杯での日本勝利の際にもダイブや、橋の上で集団で跳びはね、橋が揺れる騒ぎが起こっていた。

デイリーより引用