高山優斗巡査,顔画像,SNS,特定?自殺などでなく溺死?警察官死亡

2019年7月30日午前7時30分頃に群馬県警察学校初任科生である18歳の高山優斗巡査が川底に沈んでいるのが見つかり死亡が確認されました。

先日は警察官が拳銃自殺をはかったりなど様々な事件がありましたが、今回の事件はいじめなどの自殺ではなく不慮による事故だったようです。

そんな高山優斗巡査の事故の経緯や事故現場などについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします。

 

高山優斗巡査が川底で遺体で発見される

群馬県中之条町上沢渡の反下川で巡査が死亡する事故がありました。

そんな概要についてです。

30日午前7時半頃、群馬県中之条町上(かみ)沢渡(さわたり)の反下川(たんげがわ)で、近くの住民らが川底に沈んでいる男性の遺体を見つけた。県警吾妻署の発表によると、男性は群馬県警察学校初任科生の高山優斗巡査(18)(前橋市元総社町)。溺死とみられる。

高山巡査は29日午後、約50メートル上流で高校時代の友人2人と遊んでいたが、高さ約4メートルの崖の上から飛び込んだ際に溺れて沈み、行方がわからなくなっていた。高山巡査は夏季休暇で帰省中だったという。

 

高山優斗巡査の顔画像やSNSは?プロフィールについて

まだまだこれからだという18歳という年齢にして帰らぬ人となってしまった高山優斗巡査。

高山優斗巡査の顔画像は?

顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

高山優斗巡査のSNSは?

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

高山優斗巡査のプロフィール

プロフィールについてです。

名前:高山優斗

年齢:18歳

出身:群馬県前橋市元総社町

職業:巡査

所属:群馬県警察学校初任科生

高山優斗巡査の溺死した事故の現場は?

高山優斗巡査は2019年7月29日午後2時30分頃に中之条町上沢渡の反下川で4mの高さの崖から飛び込んで溺死をしてしまいました。

事故現場は以下のような報道となっています。

群馬県は雨降りが続いていたということで、増水をしていたことも考えられます。

自殺などではなく事故

今回の高山優斗巡査の溺死した事故は自殺などではありません。

先日も警察官が拳銃を使って自殺未遂をするなどの不祥事がありましたが、今回は夏季休暇で友人と遊んでいたところ悲しい事故が起こってしまいました。

4mの高さから飛び込むのは危険すぎます。

警察学校初任科生とは?

今回溺死をした高山優斗巡査は18歳で警察学校初任科生であることが判明しています。

あまり聞き馴染みのない警察学校初任科生という言葉。

これは、都道府県警察本部の警察官採用試験に合格した後に、警察官として配属される前に「警察官としての基礎を学ぶ」段階にある時期のことのようです。

警察学校の初任科教養を受けてから警察官として配属をされるわけですから、これからスキルを学んでいくという大切な時期に悲しい事故に遭ってしまったようです。

高山優斗巡査の事故による世間の反応

高山優斗巡査の事故による世間の反応についてです。

  • 署内いじめで自殺したかと思いましたが、事故だったんですね。
    将来がある身でかわいそうに。ご冥福をお祈りいたします。
  • 水の中は見えないから飛び込みって思っている以上に危険なんだよ
    水中で何かしらの事故があって「○○がいない!」って気付いた時には水底に沈んでいる 発見した時には溺れてから数分から数十分経ってる
    だからまず助からない 本当に気を付けてほしいご冥福をお祈りいたします
  • 水の中は見えないから飛び込みって思っている以上に危険なんだよ
    水中で何かしらの事故があって「○○がいない!」って気付いた時には水底に沈んでいる 発見した時には溺れてから数分から数十分経ってる
    だからまず助からない 本当に気を付けてほしいご冥福をお祈りいたします
  • 川は上から見ると当然、上流から下流に流れてるんやけど、水中に大きな岩とかあると、当たって戻る流れ、縦に渦を巻く流れなど複雑な水流なんです。地元の人が危ない場所と云う場所では絶対に泳ぐと危ないです!
  • 4mだと、浮力が追いつかずに沈み過ぎる。浮力が働かなければ、平泳ぎで水面上に出なくてはなりませんが、体重や泳力により途中で息継ぎ無しで水深から水面へ出る事は、飛び込む前に大量の酸素を吸っていても一瞬で大量の水を吸い込んでしまう。
  • 川は深い場所は水温が冷たいから危険、心臓麻痺の心配もある、警官予備軍ならその程度は理解しておかないと、水浴び程度にしないと取り返しつかない、知らなかったは怖いで。

まとめ

2019年7月30日午前7時30分頃に群馬県警察学校初任科生である18歳の高山優斗巡査が川底に沈んでいるのが見つかり死亡が確認されました。

先日は警察官が拳銃自殺をはかったりなど様々な事件がありましたが、今回の事件はいじめなどの自殺ではなく不慮による事故だったようです。

これからの時期は海や川での事故に気をつけなくてはいけませんね。

亡くなられた高山優斗巡査のご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読み頂き有難う御座いました