大阪の僧侶あおり運転のモザイク無し画像や動画!安養寺で特定か?

まさかの僧侶があおり運転をするという事件が発生。

大阪府で、僧侶があおり運転をし書類送検をされるという事件がありました。

そんな、僧侶の顔画像のモザイク無しが判明したようです。

そして寺が門などから「安養寺ではないか?」と言われています。

そんな情報や事件の概要などについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします

大阪で僧侶があおり運転!

大阪で僧侶があおり運転をし、書類送検をされたようです。

大阪府警北堺署は22日までに、乗用車で急ブレーキを繰り返すあおり運転をしたとして、暴行容疑で同府松原市の男性僧侶(61)を書類送検した。21日付。「パッシングされ、注意してやろうと思ってブレーキを踏んだ」と容疑を認めている。

書類送検容疑は1月20日午後1時半ごろ、堺市北区の府道で乗用車を運転中、後方を走行していた大阪市の男性(36)の軽乗用車に約450メートルにわたって急ブレーキを繰り返し、信号待ちで停止した男性の胸ぐらをつかんだ疑い。

北堺署によると、僧侶の車が飲食店の駐車場から急に飛び出したため、男性がパッシングをしたという。

 

大阪僧侶のあおり運転【動画】

大阪で僧侶があおり運転をした経緯

大阪府堺市の大阪府道で「急ブレーキ」を繰り返すというあおり運転を行ったことが発覚しました。

そして相手の運転手の胸ぐらをつかんだとして暴行容疑で住職(僧侶)が書類送検されました。

容疑について認めており、「注意してやろうと思って立て続けにブレーキを踏んだ」と話しているということです。

またこの事件が発生したのは1月20日の午後1時30分頃から二分間にわたって普通常用者で、走行しているときに後ろにいた軽自動車に対して450mにわたって急ブレーキを繰り返したとされています。

そして、信号待ちで手慰謝したときに36歳の運転手の男性の胸ぐらをつかんだとされています。

警察によると、走っていた軽自動車の前に住職の男の車が沿道の駐車場から侵入し、危険を感じた男性がパッシングをした直後に急ブレーキを踏む行為を繰り返したということです。

大阪で僧侶があおり運転!誰?名前は?

今回書類送検をされた住職(僧侶)。

そんな人物は現在のところ報道で名前や顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

ここでは分かっている情報についてまとめます。

名前:不明

年齢:61歳

住所:大阪府松原市

職業:住職(僧侶)

逮捕理由:暴行容疑

車種:白色クラウン

ナンバー:和泉389た・・77

急ブレーキを繰り返した乗用車から勢いよく降りてきた男性は、なんと法衣(ほうえ)を着ている僧侶だった。

 

 

大阪僧侶のモザイク無し画像が流出!特定!【動画も】

大阪のあおり運転を起こした僧侶のモザイク無し顔画像が判明しました。

ピンボケではありますが、服装もよくわかりますね。

モザイク無しが動画はこちらです。

 

 

あおり運転の現場が判明

今回僧侶があおり運転をするという驚くべき事件がありましたが、そんな現場の場所が判明しました。

場所は

「大阪府堺市北区南花田町」

の交差点だったようです。

大阪で僧侶があおり運転!寺院はどこ?

今回大阪府松原市の61歳の住職(僧侶)があおり運転をしたことが分かっています。

そんな、犯人の寺院はどこなのでしょうか?

松原市には以下のような寺院があります。

  • 大林寺
  • 来迎寺
  • 安養寺
  • 安楽寺
  • 円成寺
  • 敬恩寺
  • 敬念寺
  • 弘妙寺
  • 生楽寺
  • 泉福寺
  • 栄久寺
  • 円正寺
  • 金龍山普照寺
  • 教通寺
  • 最勝寺
  • 善宗寺
  • 称名寺
  • 浄真寺
  • 西正寺
  • 立法寺
  • 真言宗布忍寺
  • 施福寺
  • 多聞院
  • 本了寺
  • 法願寺
  • 願正寺
  • 法泉寺
  • 弘法寺

などがあげられます。

ここ以外にも寺院がある可能性は考えられますがもしかすると、この中にこの61歳の僧侶がいたのかもしれません。

あおり運転の僧侶は安養寺で特定か!

今回一部の報道でお寺の画像が公開されていました。

その画像からマップを検索すると

門や鍵、形などが似ているお寺が判明。

(グーグルマップがこちら)

「安養寺」のようです。

正式な報道はありませんが、可能性としては高そうですね。

大阪で僧侶があおり運転をした世間の反応

  • これ動画見たら分かりますけど、この被害者にも問題あると思いますよ。大体パッシングする必要無いし、相手の車が入ってきそうになってるのにわざと加速して車間詰めてるし。この事件での教訓は、こういう陥れるような運転する人の罠にはまらないように冷静に運転しましょうということ。
  • 他車に配慮しない車や意地悪な性格を持った運転手が問題なのではないでしょうか?自分より速く走る後続車に道を譲らない。
    前に入ろうとした車があればわざと加速して入れないようにする。
    など。だから、煽られたり、ブレーキをかけられたりするのです。例の高速での煽り暴力事件を起こした加害者のような、とにかくトラブルが好きな人は特殊なのですが、普通の人が加害者になってしまうことも多いような気がします。とにかく、煽る人もよく煽られる人も、問題があると思いますよ。
  • あおり運転が耳目を集めるとなったら、途端に報道が増えたね。もちろん良いことだと思うよ。だけど報道されなくなったときに、再び悪質なあおり運転が増加しないように、関心が高い今こそ厳罰化して欲しい。
  • 最初に合流する車に対してパッシングして威嚇する事にも問題がある。
    パッシングする余裕があった、本当に余裕がなければ急ブレーキを踏む
  • 車運転して人格変わる人は要注意ですね。
    それにしても良い年した住職までとは、、
    みんなそんなにストレス抱えながら運転してるとなると、自分も運転するのが本当に怖くなります。
  • これはちょっと被害者も悪意がある気もする だが住職で胸ぐらつかむとかそこが完全にアウト!キレやすい老人もふえたもんなぁ
  • 僧侶
    修行不足に、煩悩過多
    檀家の皆さんに日頃の様子を追加取材して欲しい
    ある未亡人「イイよってくるねん、エロ坊主やでえ~」
    坊主は死ななきゃ成仏せず
  • 修行が足りていない
  • 何事も先に手を出したほうが負けですよ。
    どれだけ腹が立つことがあってもね。

まとめ

まさかの僧侶があおり運転をするという事件が発生。

大阪府で、僧侶があおり運転をし書類送検をされるという事件がありました。

そんな、僧侶の情報についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました