間瀬隆徳の顔画像あり!Facebook?4メートルのヘビなどを無許可で飼育!密輸の疑いも?!

人に危害を加えるおそれのある、およそ4メートルのヘビなどを無許可で飼育していた疑いなどで、大阪・摂津市の爬虫(はちゅう)類店の経営者の男が逮捕された。

逮捕されたのは爬虫類を売る店を経営する間瀬隆徳容疑者(47)です。

なぜこのような事件が起きたのでしょうか?

事件の概要を紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

間瀬隆徳容疑者が起こした事件の概要

人に危害を加えるおそれのある、およそ4メートルのヘビなどを無許可で飼育していた疑いなどで、大阪・摂津市の爬虫(はちゅう)類店の経営者の男が逮捕のニュースを紹介していきたいと思います。

人に危害を加えるおそれのある、およそ4メートルのヘビなどを無許可で飼育していた疑いなどで、大阪・摂津市の爬虫(はちゅう)類店の経営者の男が逮捕された。

動物愛護法違反などの疑いで逮捕されたのは、爬虫類を売る店を経営する間瀬隆徳容疑者(47)。

逮捕前の間瀬容疑者「飼っていいけど許可がいるものは、買う前にちゃんと(店が)言ってくれはるし。『これは許可いるから』って。飼ったらあかんやつは、お店では売ってないから。あんまり、ほぼほぼ」

警察によると、間瀬容疑者は2019年6月、摂津市千里丘の爬虫類店で、4メートルにもなる「アミメニシキヘビ」などの「特定動物」を販売などの目的で飼育していた。

「特定動物」は、人に危害を加えるおそれがあるため、飼育には許可が必要だが、間瀬容疑者は、許可を得ていなかった疑いが持たれている。

警察は、これらの動物が密輸された疑いもあるとみて、入手経路などを調べている。

間瀬隆徳容疑者が起こした事件の経緯や犯行動機

間瀬隆徳容疑者が起こした事件の経緯

警察によると、間瀬容疑者は2019年6月、摂津市千里丘の爬虫類店で、4メートルにもなる「アミメニシキヘビ」などの「特定動物」を販売などの目的で飼育していた。

間瀬隆徳容疑者が起こした事件の犯行動機

「飼っていいけど許可がいるものは、買う前にちゃんと(店が)言ってくれはるし。『これは許可いるから』って。飼ったらあかんやつは、お店では売ってないから。あんまり、ほぼほぼ」と逮捕前に言っていることから、犯行動機としては。

  • 無許可だと知っていた
  • 黙って入れば分からないと思っていた
  • 金儲けのため

などが考えられます。

間瀬隆徳容疑者の顔画像やFacebook

間瀬隆徳容疑者の顔画像やFacebook

こちらが間瀬隆徳容疑者の顔画像になります。

またこちらで間瀬隆徳容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、特定までには至りませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておくので、気になる方はこちらから探してみてください。
→間瀬隆徳容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちらです

間瀬隆徳容疑者のプロフィール

名前:間瀬隆徳

年齢:47歳

住所:不詳

職業:爬虫類店の経営者

罪名:動物愛護法違反などの疑い

間瀬隆徳容疑者が起こした事件現場

事件現場は摂津市千里丘の爬虫類店になります。

間瀬隆徳容疑者の起こした事件の世間の反応

  • >「特定動物」は、人に危害を加えるおそれがあるため、飼育には許可が必要

    いや、違うのだけど
    それなら、犬猫すべて入りますよ

    爬虫類自体世間からまだ理解されないところがあるから、ちゃんと守って飼育や購入してほしい

  • あんまり。ほぼほぼ。。
    ダメだったみたいですね
  • 頭にまで毒が回ってるみたいだね
    こっそり飼うなら徹底しなきゃ
    徹底力が無いなら店の維持は出来ないよ
  • 4メートルもの蛇を自宅で飼うって、なかなかいないよね。需要なんてあるのだろうか。
  • ここって隣が動物病院違うかな。産業道路の沿いの。
  • 昔飼ってたヘビのエサ買うのに通ってた店だ

まとめ

無許可だと知っていたのでしょうか?

この様な事件は2度と起きて欲しくないです。

最後までお読み頂き有難う御座いました。