くら寿司の高額賠償金は家族が負担?損失額や株価の大暴落って?

今回くら寿司守口店で働くアルバイトの男子がゴミ箱に捨てた切り身をまな板に戻し、調理をするような不適切動画を撮影。

 

そして炎上をさせたことでくらコーポレーションの損失は多きかったようです。 被害総額は27億円にも及ぶそうです・・・

 

その高額賠償金はバイトの両親が支払うことになるのでしょうか? もういっそのこと見せしめで数百万を損害賠償で、親に負担してもうらのもいいかもしれませんね。

 

メディアの報道

 

今回のメディアの報道についてです。

 

 バカに付ける薬はない!! 回転ずしチェーン「くら寿司」のアルバイト従業員が、ゴミ箱に捨てた魚を調理するような動画をインスタグラムにアップして炎上し、運営会社が6日、謝罪に追い込まれた騒動が拡大している。運営会社は迷惑店員に法的措置を検討。つい最近も「すき家」で同様の事件が起きたばかりだが、繰り返されるSNSへのおバカ投稿に、企業側はどんな防止策を取っているのか。また、“バカッター”従業員が背負う代償とは――。

問題となったSNSの動画を見ると、くら寿司の厨房と思われる場所で店員の男が、まな板の上で包丁でさばいた魚の切り身を「これは捨てます」と言いながらゴミ箱に投げ入れた。ところが、直後にゴミ箱から拾い上げ、再びまな板に乗せた。ふざけた様子の動画には「き○がいではないって(伏せ字は本紙)」のテロップも付け加えられていた。

これだけでも問題だが、衛生的に問題がある魚がそのまま調理され、客の口に運ばれていれば、もっと大問題になる。動画に写った男と撮影者、少なくとも2人のアルバイト従業員が関与しているのは明らかだ。

くら寿司を展開する運営元のくらコーポレーションは6日、この動画が大阪府の守口店で撮影されたとし、公式サイト上で謝罪した。

「類似の事故が様々なチェーン店で多発しており、当社も日頃からその対応を懸命に行っておりましたが、力およばず同種の事件が起きてしまいました」。ガックリしたような文言は、本紙も報じた1月末の「すき家」のアルバイトによる「おたま股間当て動画騒動」の直後とあって苦悩が感じられた。

関係者への聞き取りで「食材は、その場で廃棄処分し提供されていない事を確認致しました」ともコメントしたが、ネット上では「くら寿司行く気失せた」などの意見も多く、会社が受けたダメージは計り知れない。

同社広報によると、客からの連絡で4日に事態を把握。事実関係の確認を進め、5日に同店アルバイトの2人に対するヒアリングを行ったところ「自分たちの動画であると認めた」ため、6日に謝罪を発表した。

男の名札から、ネット上ではすでに関係者の身元を特定し、誹謗中傷するような炎上も起きている。広報担当者によると、従業員らは憔悴しきってまともに話すことができないという。

同社へのマスコミの問い合わせは「なぜ?」に集中しているという。

顔も名字も隠さない動画投稿のため、本人もダメージを負うことはわかりきっている。なのに「なぜ」バカな動画をアップするのか。

広報担当者は「過去の騒動もそうだが、リスクを想像できていたら、こんなことはしていないのでは。問題が起きて初めてわかるんでしょう。我々も理解できません」と困惑。投稿のヤバさに気付いたのか、投稿が拡散されて焦ったのかは不明だが「投稿から3時間後には自ら消した」と説明しているという。

同社は対策も講じていた。くら寿司ではアルバイトの新人研修において「機密情報の外部漏洩」や「過去のバカッター騒動」を例に勤務中のスマホ持ち込み禁止を通達していたという。

「モラルは伝えていたつもりでしたが、この結果ですから『つもり』だったことになる。我々だけが被害者であると言うつもりはない。新たに対策を考えないといけない」(担当者)

従業員は解雇は免れず、法的には損害賠償も求められる見込みだ。過去に同様の事例が山ほどありながら、想像力のないおバカ投稿を繰り返す。その後、騒動になれば、客離れによって店や運営会社が負った損害賠償を請求されるのは当然だ。

「全国チェーンの店なのでどれくらいの損害となるか不明ですが、こうした不適切投稿の場合、店や会社側と当事者との間である程度の金額を支払うことで和解になるケースがほとんど。金額はアルバイトの給料で簡単に支払えるレベルではないので、結局は親、きょうだいに多大な迷惑をかけることになる」(法曹関係者)

かつては主にツイッターで発信したことから、“バカッター”と問題視されたおバカ画像の投稿者たち。いまやインスタグラムなどでも行われている。彼らはまだ事の重大さに気付かないようだが、悪ふざけの代償はとてつもなく大きくなることを忘れてはならない。

近頃バイトのおふざけが過ぎすぎではないでしょうか。

いつも利用している身近な店なだけに本当に衛生面が不安になってしまいますね。

損失額は両親が支払い?

今回の一連の事件によってバイトは能天気に頼んだようですが「くらコーポレーション」の株価は一連の事件によって大暴落。

メディアなどでも大きく取り上げられたのでそうなってしまいますね^^;

実に、時価総額が一瞬にして「27億円」も損失されました。

 

損失額の全てがバイトの両親に支払い責任を求められることは勿論不可能でしょうが、この間にもバイトをしていた本人や撮影者が次のバイトを呑気に探していると考えると腹立たしいですね。

ツイッターでの反応

世間の反応

世間の反応は以下のようなものです。

●今後もこのような輩が出ないために、見せしめに大々的に損害賠償やればいいと思う。
●自業自得だと思う。これを機に高額賠償で見せしめにして欲しいと思う。
●見せしめの意味も込めて損害を請求したらいい

成り行きも公表して欲しい

●損害賠償の請求をして欲しい。

親や兄弟が支払うのではなく、本人が支払うべきだと思うし、顔と名前も全国ネットで公表して欲しい。
だってその動画では顔も名前も出してるんだし、本人もいいと思って投稿したんでしょ?
自分がした事は自分で責任取らなきゃ。

●株価二十数億下がってるんでしょ。それなりの責任は負わせるべきだね。
●他人に損害を与えたら賠償をするのは当たり前。

不祥事を起こしてもクビになったら許される、会社を辞めたらリセットという考え自体が甘い。

今後類似の事件が起こらないようにするためにも、きっちり責任を負わせて会社・業界として厳しく対処するという意思を示すべきだと思う。

確かに会社も被害者と言えばそうなのだろうが、一番の被害者は店を利用した客。

会見に本人を引っ張り出して謝罪させてもいいくらいだと思う。

賠償請求したところで損失の全てが埋められるわけでもないだろうし、まずはイタズラでした・軽い気持ちでやってしまったなどという言い訳は通用しないということを思い知らせるだけでもここでするべきだと思う。

会社側は人材ブラックリストみたいなのを作って、こういうのを雇わないように防衛する仕組みを業界で強化したほうがいいのでは?

因果応報。
自分たちがやったことの責任をしっかり取らせてやればいい。

●我が子がしでかしたらただじゃおかない。
●動画の魚は商品として出さず処分したとあるが本当かな?ビッグエコーの問題とか本件みてたら外食とか本当不安しかない。もっと言えばスーパーとかもちょっと不安になる。食品関係はこれを機に対策をしっかり考えてほしい。
●学生ならば両親と共に、謝罪や対応で幾らの費用を要したか、営業ベースでの損害額、株価ベースでの損害額を説明し賠償請求額を提示すべきでしょう。おそらく何十億、下手したら100億規模の損害でしょうね。それを加害者の頭数で割って、、、

絶対に払えないでしょうからね。いくらで会社が妥協するのか。。ただ株価の影響に関しては株主の反発もすごいでしょうから幹部の交代など人の人生にも多分に影響するでしょう。

●成人して独立生計なら家族・親族でも肩代わりの義務はないから、家族にとっても一回罰を与えたほうがよいかも。下手に甘やかして肩代わりするといろいろとややこしいことになる。

ただ、いくら請求しても支払う余力がなければ、企業側はただの損害うけて踏んだり蹴ったりで終わる。
和解でなく、損害賠償請求の民事訴訟を起こして、支払い命令を出してもらっても一緒。結局は相手が支払うかどうか、無理やり取ろうとすれば、差し押さえ請求のため別に訴えるしかない。どうあがいても企業側は金ばっかりかかってマイナスでしかない。

●かなり大きな切り身だったし、使用せずに処分したとは考えにくいです。一度ゴミ箱に入れられた魚を提供してるのではないかと思うと、くら寿司で食べたくないかも。

株が大暴落してるみたいだし、くらコーポレーションは当事者たちと数百万の示談程度で片付けられないのでは?
株は下がり、全体的に客足が遠のく可能性は容易に想像できるし、それによって売上も下がる。名声も傷つけられた事を考えればくらコーポレーション側は億単位の賠償を求めても仕方ないと思う。
ただ、当事者側はどう考えてもそんな金額払えるわけもないし、だからといっても多額の賠償は免れない。親御さんたちに重い重いものを背負わせて、このアホ共はどうするんだろうね。
家族も今まで通りにいかなくなるかもしれないし、友達関係も…。ネットではすでに特定されてるし、今後の将来にも影響するだろうね。

●どんどん訴えるべきです。クビにして終わりでは、企業は社会的な責任を果たしたことにならない。次の職場が雇うかどうかの判断材料にするために、成人なら名前も出した方が良い。
●その後の賠償額を報じないから、この手の騒動は繰り返されるように思う。人々からいつしか忘れられて、うやむやになっている。これまでの騒動の(電車を止めたとか、落書きをしたとかも含めて)後始末賠償をどんどんニュースにしてほしい。
●故意なんだから数千万とか億を負担させてもいいと思う。
●処分されたとか見てた訳でもなくわからんやん
●家族に負担させるのではなく本人が払うようにするべき。

周りが負担すれば、やったことの重大さをいつまで経っても認知せんよ。

●自分の行動や判断には責任が伴い、

場合によって 責任を取らなければならない。

成長していく過程に応じて、
自らに責任が発生する事を教えるべきなのに、
誰も(親すら)教えてないんだな。

毎日起きる事件や問題、
自分の子供に何かあったら
責任の追求にやっきになる保護者はよく聞くけど、
自分の子供が加害者にならないように
責任ある姿勢を子供に示している
親はどれ位いるのだろう。

小学校高学年にもなれば、
事の善悪は大体判断できるようになってるし、
中学、高校と年齢を重ねれば
その分経験値も上がるはずなのに
働く年齢にもなって
そんな事も理解してないとは…

親はまだ子供だからって教えてこなかったのかな?
年齢が上がれば関わる社会も広がって、
問題の規模も大きくなる。
大きくなってから教えるのは大変ですよ。

今さらでしょうが、親として、
責任というものを
本人にちゃんと示していきましょう

●まぁ、客に提供されたでしょうね。
●本人達の末路はどうでもいいが(自業自得なので)、問題が発覚した以上対応策を考えて欲しい。

たまたまSNSで広げようとして当該店員がやらかしたのか、実は常態的にそう言うふざけた事が日常的にあったのか・・・
飲食業なんだし好きで通っている人は前者だと思いたいと思う。
ならば店内や店外に防犯カメラとか設置している店は少なくないと思うけど、厨房にも設置してきちんと管理すると言うシステムが必要なんじゃないのかな。

独身の頃勤めていた会社が昔と違って監視が厳しくなって、業務中も社内にカメラを回して管理していると聞いた時はびっくりしたけど、こう言う店もそう言う形を取るべきなんでは?
それでもやる人はやるでしょうから今後の為にもきっちり損害賠償は請求すべきですね。
身内でせっせと汗水流して払うくらいの金額じゃないと何度も繰り返されると思う。

●厳しい対応がお店の消費者に対する謝罪だと思います。公開して信用を取り戻してほしい。友達ならダメなことはダメだと言えなければと思う。この二人は連れでもないし、二人の親もそんな親なんだろうと思う。せめて会社は消費者が一番で食べ物は粗末にしていないんだというところを、厳罰や賠償にはなるけどそれで見せてほしい。

まとめ

今回くら寿司守口店で働くアルバイトの男子がゴミ箱に捨てた切り身をまな板に戻し、調理をするような不適切動画を撮影。

一連の事件によってくらコーポレーションは大変な損失があったようです。

撮影者や実行をした本人たちには本当に反省してほしいですね。