小路彩の顔画像!犯行動機や経緯は?4歳長女の虐待傷害容疑

4歳の長女を洗面器で殴り、怪我をさせたとして小路彩容疑者が逮捕されました。
彼女の犯行動機や経緯、顔画像などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

事件の概要

事件の概要についてです。

4歳の長女を洗面器で殴りけがをさせたとして、鹿児島県警霧島署は14日、同県霧島市、会社員、小路彩(こうじあや)容疑者(26)を傷害容疑で逮捕した。

逮捕容疑は12日午後9時ごろ、自宅の風呂場で長女と入浴中、プラスチック製の洗面器で胸などを殴って約2週間のけがをさせたとしている。「ささいなことで腹が立った」と容疑を認めている。

長女が通う認定こども園から連絡を受けた霧島市が霧島署に通報して発覚。同市によると、今年に入って園から「顔や腕にあざがある」と計4回連絡があり、担当職員が小路容疑者と面談を重ね、1月30日には「次は児童相談所や警察に通報する」と通告していた。

同署は暴力が繰り返されていた可能性もあるとみて調べる。【林壮一郎】

今回のニュースを見てみると何度も虐待が繰り返していたようにも思えます。
女の子が命を落とすようなことがなくて良かったですが、日常的にこのような暴行を受けていたのであれば非常に可哀想です。

犯行動機や経緯について

小路彩容疑者は取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているようです。
長女が通っている保育園があざや怪我に気が付き、届け出を受けた霧島市役所が警察に通報をしたことで逮捕に至りました。
小路彩容疑者は、会社員だったということなので仕事と育児の両立によってストレスを抱えたり子育ての疲れなどがあり「暴力」として発散をしてしまっていたのでしょう。
本人も「ささいなことで腹が立った」と供述しているとのことですのでストレスを抱えていたのだと思います。
現在、長女は児童相談所で保護をされているということですが以前から小路彩容疑者の虐待に対する相談があったそうなので今後余罪もあるかもしれませんね。

事件の発生場所

何度も繰り返し虐待をしていたのは4歳の長女と小路彩容疑者が住んでいたとされるのは「鹿児島県霧島市国分清水2丁目」の住宅のようです。
詳しい家族構成などについては明かされていませんが、プラスチック製の洗面器で殴られたり以前にも「あざ」などがあったそうですから日常的な虐待があったのでしょう。

小路彩の顔画像!プロフィール

今回逮捕された小路彩容疑者ですが、顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。またフェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。
分かっているプロフィールについてご紹介します。
名前:小路彩(こうじあや)
年齢:26
住所:鹿児島県霧島市国分清水2丁目
職業:会社員
逮捕理由:傷害容疑

世間の反応

世間の反応についてです。
  • 自分の思う通りにはならないのが育児。そこを理解出来なきゃ親になるべきではないと思う。
  • また…本当になぜなくならないの?私も3児の母なので、育児が大変なのも時に苛立つ時があるのは理解出来る。でも、叩いたり殴ったりは全く理解出来ない。どんな理由であれ、相手は子ども。どっちが力が強いか分かるでしょう……自分より弱い者に手を上げるのは卑怯
  • 子供に親を選ばせてあげたい
  • 自分がされたら痛いでしょうに、、、それを 幼い我が子にするなんて意味不明
  • 子供は自分の思い通りに動く物じゃない。こんな親がどんどん表沙汰になってくるんだからもっともっと法を厳しくしていくべき。極刑でもいい。こういう人間にこそ去勢手術とかしてやればいいのにって思う。
  • また霧島かぁ。。悲しい。。
  • こんな母親を持ってしまった子供が不憫でならない。
などの怒りの声があがっています。

まとめ

4歳の長女を洗面器で殴り、怪我をさせたとして小路彩容疑者が逮捕されました。
26歳ということは出産されたのは22歳、比較的若いママさんだったのでしょう。
しかし、虐待は許される行為ではありません。
今後同じような犯罪が繰り返されないことを祈ります。