真田哲男の顔画像やFacebook!最後尾車両に衝突!前方不注意?!

静岡・沼津市の新東名高速道路下りで4日未明、大型トラックが乗用車に追突する事故があり、9歳の男の子が重体になった。

トラックを運転していた真田哲男容疑者(59)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。

何故このような事故が起こったのでしょうか?

事件の内容も含めて事件の概要を紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

真田哲男容疑者が起こした事故の概要

静岡・沼津市の新東名高速道路下りで4日未明、大型トラックが乗用車に追突する事故があり、9歳の男の子が重体。

警察は、トラックの運転手を現行犯で逮捕している。

4日午前0時15分すぎ、新東名下りの駿河湾沼津サービスエリア付近で、大型トラックが渋滞の最後尾にいた乗用車に追突する事故があった。

この事故で、乗用車に乗っていた岩崎令君(9)が頭を打ち重体のほか、2人がけがをしていて、警察は、トラックを運転していた真田哲男容疑者(59)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。

この事故の影響で、新東名下りは、長泉沼津インターから新富士インターの間で、3時間半通行止めとなった。

真田哲男容疑者が起こした事故の経緯や犯行

真田哲男容疑者が起こした事故の経緯

8月4日午前0時15分すぎ、新東名下りの駿河湾沼津サービスエリア付近で、大型トラックが渋滞の最後尾にいた乗用車に追突する事故でした。

この事故で、乗用車に乗っていた岩崎令君(9)が頭を打ち重体のほか、2人がけがをしました。

真田哲男容疑者が起こした事故の犯行動

渋滞があったということですが、何か道路工事でもしていたのでしょうか?

このようなツイートを発見しました。

これが直接の事故原因かどうかはわかりません。

よそ見運転か、居眠り運転の可能性もあります。

真田哲男容疑者の顔画像やFacebook?プロフィール

真田哲男容疑者の顔画像やFacebook

真田哲男容疑者の顔画像は現在のところ公表されていないようです。

Facebook等SNSについても調べてみたのですが、真田哲男容疑者と特定できるSNSは見つかりませんでした。

真田哲男容疑者のプロフィール

名前:真田哲男

年齢:59歳

住所:不明

職業:トラック運転手

真田哲男容疑者が起こした事故現場

事故が起きたのは沼津市の新東名高速道路下りです。

真田哲男容疑者の起こした事故の世間の反応

最近、止まる前までガーッとアクセルを踏んで、止まる直前にキュッとブレーキを踏んで止まる車が増えた気がします。車の動きを見ていると、フロントが大きくバウンドして止まっています。
こうしたブレーキだと、車種によって制動距離が違いますし、ブレーキランプの点灯に気付くのが遅れた時追突される危険性が大きくなるように思います。特に大型の場合には距離が長くなります。
ブレーキはポンピングしろとまでは言いませんが、信号で止まる時には、アクセルを離してエンジンブレーキで滑走してから、ゆっくりブレーキを踏んで止まるのがいいのではないでしょうか?また渋滞の時にはポンピングしたり、ハザードをつけたりと言った工夫も必要だと思います。最近の教習所ではあまり教えないのでしょうか。この前、渋滞中にハザードをつけたら、後ろは初心者マークの車で、ハザードの意味がわからないのかポカンとしていました。

高速道路ではなるべく大型トラックの前は走らないこと、やむ無く渋滞にハマったら、せめて前の車との車間距離を十分に空けること…等々…しか自衛策はないかな?と思いますが、子どもは大体後方シートに乗せますから、このテの事故は脅威でしかない。

大型車の前にはならないように、なってしまった場合や車間詰めてくる車がいる場合は休憩施設に入るかインターで一旦出るか等やり過ごす手もある。渋滞最後尾になりそうな時はハザードをつけて徐々に速度を落として最後尾で停車する時間を短くするとか、これらの自衛策を取っていれば少しは追突されるリスクを減らせる。あと基本的なことですが、後部座席のシートベルトの着用率は依然として低いので、一般道も高速道路でも、後部座席でもシートベルト着用させることが前提です。

映像を見ると、追い越し車線で追突されている。
追い越し車線は、トラックが居眠りやスマホをしながら走っている確率が高い。しかもスピード出し過ぎ。
逆に走行車線を制限速度で一定速度で走るトラックは、
安全意識が割と高いドライバーが多いので、
高速道路ではなるべく追い越し車線は走らないようにしている。

無くならないトラックの追突。何故なのか、私も長距離トラックだが、新東名高速道路は道幅も広くストレス無く走れるなだらかなスピードの乗る高速だ。渋滞の最後尾に、見えたら減速するのだが、乗用車が思いの外早めブレーキで、こちらと減速度合いが合わない時がある。トラックは渋滞の最後尾を目標に減速しがちで、間の乗用車は流れに添って最後尾に付くものと思ってしまう。
早めブレーキ、車間距離を取るのは間違いでは無いが、その減速度合いが早いと、後ろから行くトラック等はブレーキのタイミングが合わない時があります。車両総重量が25トン有るので、急ブレーキにならないようにブレーキ踏みつつ流しながら減速していく、渋滞の始まりは減速タイミングに集中していないと追突しそうになるでしょうね。
皆さん安全運転で。

あと数時間遅れてたら、自分も巻き込まれる所でした…ゾッとしました。
夜の高速はトラックが多すぎ、自分も昨日トラックに急に横から入られてヒヤリとしました。
こいつちゃんと見てるの?って感じで…
トラックも安全装置の充実化を求めて対策して欲しい。またそれを義務化して、この様な被害を未然に防止して欲しい。
ですが、お国の方は、やってくれないですね
事故は嫌ですね…いってきますと言っておかえりという言葉が交わせないという事もあるのでなんとか、対策して欲しい…

まとめ

被害者家族は夏休みのレジャーでどこか出かける途中だったんでしょうか。

男児の容体が心配です。

これからお盆休みでもっと交通量が増えます、安全運転で事故がないよう気をつけたいですね。

最後までお読み頂き有難う御座いました。