木津いぶき殺害は木津英喜?犯人は父親でなく第三者?犯行動機?

2019年7月7日和菓子屋店「木津屋」の冷蔵庫から大学生である、木津いぶきさんの遺体が発見され殺害したと思われる父親の自殺が判明した模様。

不可解な事件の犯行動機や事件の概要、お店の情報、また犯人は本当に父親なのか?などについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします。

木津屋の冷蔵庫で木津いぶきさん死亡!父親も後に自殺

7日未明、東京・荒川区で和菓子店の冷蔵庫から18歳の女子大学生の遺体が発見されました。

午前0時50分ごろ、荒川区東尾久の和菓子店の業務用冷蔵庫から大学1年生の木津いぶきさんが死亡しているのが見つかりました。警視庁によりますと、木津さんは冷蔵庫の中で下を向いて丸まった姿で発見され、首には圧迫されたような痕があったということです。6日夜、店を経営する父親から家族に「娘を菓子店で切った、死にたい」と電話があり、警察官が家族とともに店を訪れ、遺体を発見しました。父親とはその後、連絡がつかなくなっていて、警視庁は何らかの事情を知っているとみて行方を捜しています。

父親の名前が木津英喜だと判明

報道により、自殺をした父親の名前が判明しました。

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4の和菓子店の冷蔵庫から、近くに住む大学1年、木津いぶきさん(18)の遺体が見つかった。

約4時間後、警察官がさいたま市岩槻区の河川敷で、父で店主の英喜さん(43)が死んでいるのを見つけた。

父は6日夜、家族に「娘を店で切った」などと話しており、警視庁尾久署は長女のいぶきさんとトラブルになった後、冷蔵庫に放置し、自殺を図ったとみて捜査している。

 

木津屋の冷蔵庫で木津いぶきさん死亡の経緯や犯行動機は?

木津屋の冷蔵庫で木津いぶきさん死亡の経緯は?

東京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫で女子大学生、木津いぶきさん(18)の遺体が見つかった事件で、連絡が取れなくなっていた父親(43)がさいたま市内で死亡しているのが見つかった。自殺とみられる。警視庁尾久署への取材で7日、分かった。

同署は死体遺棄事件として捜査。父親が木津さんの死亡の経緯について事情を知っているとみて行方を追っていた。

同署によると、捜査員が7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつっている木津さんの父親を発見した。バイクで移動していたとみられ、遺書は見つかっていない。

父親は6日午後、家族に電話で自殺をほのめかし、「娘を店で切った」などと話していたが、所在が分からなくなっていた。木津さんの遺体は7日午前0時50分ごろ、店内の業務用冷蔵庫内で見つかった。

木津屋の父親が娘の木津いぶきさん殺害!犯行動機は?

今回は事件は殺害したとみられる父親も自殺をしたことが後に判明しており、詳しい犯行動機については明らかとなっていません。

親子間のトラブル。

木津いぶきさんは大学生、父親は木津屋を営んでいたということですから何か学校トラブルや交際トラブル、口喧嘩などからカッとなってしまったのかもしれません。

しかし、父親の木津英喜は真面目な性格で娘を私立の学校に通わせたり、バレエを習わせるなど子煩悩であったと周囲は語っています。

「どうして普通の親子があんな事件に」という声があがったということで、普段は仲の良い親子であったのでしょう。

木津いぶきさんは大学1年生で、アルバイトもされていました。

事件のあった6日の朝8時半にアルバイトに行くと言っていぶきさんは家を出たそうですが、アルバイト先には姿を見せず。

そして家を出る1時間前には父親も自宅から仕事のために店舗へと出勤しています。

いぶきさんが冷蔵庫の中から遺体として発見されたのが7日の未明ですから、殺害れたのは6日の朝早くなのかもしれません。

またインターネットの情報では父親は店を閉めたあとにも宅配のアルバイトをしているという噂がありました。

また妻との再婚の噂もあるようです。

下町の人気和菓子店で発生した事件に、近隣住民らは一様に驚いた表情を見せた。自営業の女性(66)によると、店は約15年ほど前に開業したという。「父親は口数が少なかったけど、穏やかな人。奥さんと2人で店を切り盛りしていて、お店の評判は良かった」。60代男性は「娘さんはかわいくて、ちゃんとあいさつをするいい子だった」と話した。

また花屋経営の女性(71)は「父親は朝から晩まで真面目によく働いていた。娘と息子が小さい時は店から一緒に帰ったりと、子煩悩な人だった。お子さんをとても大事にしていたのに、なぜ」と絶句。さらに「子供を私立に通わせ、娘をバレエに習わせたり、家族の幸せを考える一方、店は賃貸で、店内にお花を飾らなかったりとぜいたくはせず、質素だった。マンションも買って、無理していたのかもしれない」と推測した。

 

経済的に生活が厳しく、無理心中をしたという可能性もありそうです。

菓匠木津屋経営?

父親は和菓子店の「菓匠木津屋」を経営していたということで、今回このお店の冷蔵庫から遺体が発見されました。

お店の画像がこちら

地元でも評判は悪くなかったということですが、どうして今回このような悲しい事件は起こってしまったのでしょうか。

さいたま市の河川敷で発見される

今回娘である木津いぶきさんを殺害したあと父親である木津英喜も自殺をしました。

自殺をするまでに、自宅にいる妻に電話をし「娘を切った、死にたい」と伝えたそうです。

そして妻が息子に話をし、息子が警察に通報したことで事件が発覚しました。

父親である木津英喜は行方不明として捜索をされていましたが、5時間後に「埼玉県さいたま市岩槻の河川敷」で首を吊って死亡をしていたということです。

その場所はこちらです。

木津いぶきさん顔画像、家族構成などの情報について

木津いぶきさんの顔画像

木津いぶきさんのプロフィール

名前:木津いぶき

年齢:18歳

住所:東京都荒川区東尾久4-33-7

職業:大学1年生

 

家族構成:母親、弟、父親(和菓子屋「菓匠木津屋」経営)

木津英喜の顔画像やSNS?プロフィール

 

木津英喜の顔画像

今回自殺をしたとみられる父親の木津英喜。

グーグルマップにはお店にこのような映り込みがあり、こちらがオーナーである木津英喜ではないか?と言われています。

木津英喜のフェイスブックなどのSNSは?

フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどで発見することはできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

木津英喜のプロフィール

名前:木津英喜

年齢:43歳

職業:菓匠木津屋オーナー

 

木津英喜が犯人?父親?不可解?

今回木津いぶきさんが冷蔵庫の中から遺体で発見され、後に父親が首を吊って自殺しているのが発見。

しかし、世間では「本当に父親が犯人?」という声もあるようです。

6日午後、英喜さんから家族に「店で娘を切った。川に沈んで死ぬ」などと電話があった。署員が店に駆け付け、幅約140センチ、奥行き約75センチ、高さ約85センチの業務用冷蔵庫内で木津さんを発見。丸まった姿勢で首に圧迫痕があった。目立った切り傷は確認されておらず、司法解剖して死因を調べる。

犯行後に父親が妻に電話。

その内容が「娘を殺した」でなく、「娘を゛切った゛」と刺殺を思わせる発言をしているということ。

しかし、木津いぶきさんの体からは首を圧迫されたあとがあるものの、それ以外の外傷はなかったということです。

さらに電話で「手首を切った。川に沈んで死にたい」ということを話していたようですが、溺死などではなく首を吊って自殺をしているのです。

父親の言葉と行動の不一致が不可解です。

それにより、いぶきさんの殺害も第三者、そして自殺にみせかけて父親も殺害されたのではないか?と言われているようです。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

木津いぶきさん殺害事件での世間の反応

  • 何があったかは本人たちしかわからないが、ここに至るまでに何か解決策はなかったものか。痛ましい。
    そしてマスコミには残された奥様と弟さんを追い掛け回すようなことはしないようお願いしたい。

  • 最悪の結果になったね。

    残された家族が悲惨な事にならない事を祈るよ。

  • 親族間の殺人事件は意外と多いらしいが、この親子に何があったのだろう?

    まだ未来ある自分の娘を殺さざる得ないほどの理由があったのだろうか?

  • 父親が娘を殺害して冷蔵庫に入れて自殺するとは一体動機は何だったのでしょうか?
  • 現場近いからすぐに知り合い間で広まった

    残された親族はもう住めないな

  • 和菓子店のおっさんもだし、中学生もだけど、短気は損だぞ。
  • 遺された奥さんと息子さんが動機について心当たりがないとすると。。。

    大変不謹慎だが、娘さんのご遺体からお父さんの体液が検出されるかも知れませんね。

  • つらい事件だ。
  • このニュースに被害者名を載せなければいけない理由がわからない。
  • 和菓子というものの品と

    事件の異様さとのギャップ
    GAPの衣料品不振と関係してると捜査一課の元の刑事が
    言うわけない

     

まとめ

2019年7月7日和菓子屋店「木津屋」の冷蔵庫から大学生である、木津いぶきさんの遺体が発見され殺害したと思われる父親の自殺が判明した模様。

犯行動機など情報が入り次第更新をしたいと思います。

最後までお読み頂き有難う御座います。