ジャニー喜多川社長の容態?死亡説拡散原因は?バズプラス原因

ジャニー喜多川社長の死亡説が一時広まっていましたが、現在の容態や入院状況が明らかとなってきました。

では、世間ではどうして死亡説が拡散されてしまったのでしょうか?

そんな原因やジャニー喜多川社長の現在についてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします。

ジャニー喜多川社長の現在の容態は?

ジャニー喜多川社長の現在の容態について、報道がありました。

ジャニーズ事務所は1日、同社のジャニー喜多川社長(87)が6月18日に都内の病院に救急搬送され、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で入院していることを明らかにした。この日、嵐の5人がイベントの会見を前に報道陣に対応。「1日も早く元気に回復してくれることを祈っています」と語った。

【写真】妖艶な美貌の女優も一時「脳死」宣告…芸能界のくも膜下出血

ジャニー氏は6月18日午前11時半ごろ、体調の異変を訴え、救急搬送された。嵐の5人は翌19日にジャニー氏を見舞ったという。入院後、週刊誌報道が過熱し、ネット上では様々な憶測が飛び交う事態となっていることから、事務所側が正式に入院の事実を認め、病名を公表する形となった。

嵐はこの日、東京・六本木で行われたデビュー20周年を記念した「ARASHI EXHIBITION JOURNEY 嵐を旅する展覧会」についての会見を前に、報道陣に対応。松本潤(35)がメンバーを代表して口を開いた。

松本は「6月18日に、弊社の社長、ジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました。報告を受けて僕らは翌日19日、5人でジャニーさんのもとにお見舞いに行きました。その後も、それぞれ時間があるときに、なるべくジャニーさんの病室に通っているような現状です」と説明。「今はジャニーさんが1日も早く元気に回復してくれることを祈っています」と回復を祈る気持ちを吐露し、「みなさまには今は静かに温かく見守って頂ければと思っておりますので、何卒宜しくお願い致します」と呼びかけた。

これまで、近藤真彦、東山紀之、木村拓哉中居正広ら所属タレント、昨年引退した滝沢秀明氏らが連日、病院を訪れていることが一部で報じられてきたが、この点についても事務所側は「所属タレント達は、ジャニーを元気づけたいという思いから、日々、病室を訪れております」「面会が叶っております」と説明した。

また、現在の状況について「今もジャニーは必死に頑張っています」と説明。「治療に専念することを最優先とさせていただきたい」と、病院や一般の患者、近隣住人らへの迷惑となる行為を自粛するよう訴えている。

 

ジャニー喜多川社長は「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」だったようです。

一時は死亡説がネットで飛び交いましたが、事実はそうではなかったようです。

ジャニー喜多川社長の死亡説拡散の原因は?バズプラス?

ジャニー喜多川社長の死亡説。

多くのネットなどでとりあげられていました。

ではどうして、ここまでも死亡説のデマが広まってしまったのでしょうか?

ジャニーズ事務所は7月1日、同社社長のジャニー喜多川氏(87)が6月18日、くも膜下出血で入院したと発表した。解離性脳動脈瘤の破裂によるもので、現在も入院治療を続けているという。一連の報道が出て以降、ジャニーズ事務所から公式見解が出たのは初めて。喜多川氏の容体をめぐっては、「死亡説」がネット上に拡散していた。100個を超えるまとめサイトなどがそうした情報を伝えていたのだ。いったい、何が起きていたのか。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【写真】「死亡説」を流したサイトが過去に掲載した「BTS」のデマ

ことの発端は18日。Twitter上で「ジャニーさんが緊急搬送された」という情報が相次いでツイートされた。

メディア関係者や週刊誌から複数の発信があったということもあり、この情報は一気に拡散。一時Twitterの世界トレンド1位に「ジャニーさん」が入るほどに広がっていた。

さらに翌19日には東京スポーツが「ジャニー喜多川社長が自宅で倒れ都内病院に救急搬送 関係者も入院認める」と伝え、一部週刊誌などもこれに続いた。

そうした中、ネットに広がったのが「ジャニーさん死去」という情報だった。

死亡説の原因は「Buzz Plus News(バズプラス)」がきっかけ

情報の拡散起点になったのは、「Buzz Plus News」(バズプラスニュース)というサイトだった。

同サイトが6月22日に配信した記事の見出しは【訃報】ジャニー喜多川社長が死去 / ジャニーズ事務所が近日発表へというものだ。

そのソースは掲載されていないが、「亡くなったことがわかった」と断定調で記している。

《ジャニーズ事務所の代表取締役社長であり、芸能プロモーターでもあるジャニー喜多川社長(87歳)が亡くなったことがわかった。ジャニー喜多川社長は以前から体調が芳しくなく、健康状態が心配されていた》

また、「芸能記者」のコメントとして、こうも記されている。

《「亡くなったことを報じないマスコミに対して「忖度している」とか「箝口令が出ている」とか言われていますが、それだけでなく基本的な理由があって報じられていません。ジャニーズ事務所や親族がジャニー喜多川氏の死去を発表しない限り、大手メディアは訃報として報じられないのです。たとえマスコミ関係者が亡くなった事実を知っていたとしても報じられないのです」》

そのうえで「近日、ジャニー喜多川氏の死去に関する情報をジャニーズ事務所が発表をする予定だと言われている」と、伝聞情報であることを記していた。

そもそも、この「Buzz Plus News」(バズプラスニュース)はこれまでも、「韓国で一度客に出した料理の再利用が合法になった」というミスリード記事や、BTSがユニセフに「原爆看板を持ち込み」という誤情報を掲載してきた。

「世界の情報を集め、気になるニュースをお届けするウェブメディア」などと記しているが、その実態は明らかではない。

当初はニュースアプリ「Gunosy」やニコニコニュースへの配信もされていたが、先出のBTSの記事などの件を受け、配信が停止している。

こうしたあいまいな情報であるにも関わらず、「ジャニーさんの訃報」はネット上を駆け巡った。

一般紙やテレビなどは喜多川氏に関する情報を発信してはいなかったという状況もあり、様々な憶測がネット上に広がりやすかったとみられる。

計測ツール「BuzzSumo」で調べると、記事はTwitterとFacebookで5千シェアされている。

さらに、この「訃報」は5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)にも転載され、複数のまとめサイトを経由してさらに拡散。

中でも「2ちゃんねるニュース速報+ナビ」には2つのスレッドが転載され、ともに1万以上シェアされている。これは、過去1年間でネット上にアップされた「ジャニー喜多川」が見出しに入る記事でそれぞれ1番目、2番目の拡散だ。

さらに「Johnny’s Jocee」というまとめサイトもこの「訃報」を「ネットメディアが伝え」た「正式報道」として転載。

10の記事で計1万2千以上シェアされており、サイト内に掲載されているview数は計70万以上となっている。このサイトは和歌山にある企業が運営しているとされている。

このほか、「ツイッター速報」「Share News Japan」などのまとめサイトも情報を引用しており、いずれも数千シェアされている。

ネット上には100以上の記事が

BuzzFeed Newsが「Buzz Sumo」で調べたところ、「ジャニー喜多川」「死去」を見出しにとった記事は6月18日から22日までで、少なくとも122個存在している。

「Buzz Plus News」などに掲載された「訃報」を多くのまとめサイトが引用し、さらにそれが孫引きされてSNS上で拡散し、さらなる憶測を呼ぶ、といった状況が明らかになった。

拡散は翌23日、ITジャーナリストの篠原修司氏による「ジャニー喜多川さん死去の不確定情報、匿名ブログがネットに広める。惑わされないよう注意」という記事の掲載で収束したものの、公式発表がないこともあり、憶測はくすぶったままになっていた。

そして、一連の事態から1週間ほど経った7月1日。ジャニーズ事務所ははじめて、喜多川氏の容体を発表した。各メディアも、一斉にその内容を報じた。

朝日新聞によると、同事務所は「今もジャニーは必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解ください」としているという。

また、同日に開かれた嵐の会見では、松本潤さんがこう語った。

「19日に、5人でジャニーさんのもとにお見舞いに行きました。その後も、それぞれ時間がある時に、なるべくジャニーさんの病室に通っているような現状です。1日もはやく元気に回復してくれることを祈っています。静かに温かく見守っていただければ」

一方、ネット上に残る多くの「訃報」は削除や訂正もされずに掲載されたままになっている。いずれも拡散しないよう、注意が必要だ。

ジャニー喜多川社長の意識などについて

解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血と診断をされたジャニー喜多川社長。

現在も意識は戻っていないということです。

事務所の発表としては「2019年6月18日の午前11時30分頃に体調の異変を訴え、救急搬送されたことから、現在、入院いたしております」ということが分かっていました。

ジャニー喜多川社長のプロフィールなど

ジャニー 喜多川は、日本の実業家・芸能プロモーター・音楽プロデューサーで、ジャニーズ事務所、ジェイ・ドリーム、ジャニーズ出版、ヤング・コミュニケーション、つづきスタジオの代表取締役である。 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。
4人姉弟でメリー喜多川は姉。
生年月日: 1931年10月23日 (年齢 87歳)

まとめ

ジャニー喜多川社長の死亡説が一時広まっていましたが、現在の容態や入院状況が明らかとなってきました。

現在も意識はないということですが、一刻も早い回復を祈ります。

最後までお読み頂き有難うございます