登森勇斗さんの顔写真は?同級生は誰?近大テニスサークル一気飲み

近畿大学に在学する経済学部の登森勇斗さんがテニスサークルでの飲み会でお酒を一気飲みし、その後に死亡してしまう事件が平成29年12月に起こりました。
一気飲みによる若者の死亡事故。
あってはならない事件ですが、亡くなった方の情報や概要などについて詳しくご紹介したいと思います。

事件の概要

今回の事件の概要です。

 近畿大(大阪府東大阪市)のテニスサークルで平成29年12月、男子学生が飲み会で酒を一気飲みし、急性アルコール中毒とみられる症状で死亡していたことが4日、大阪府警と近大への取材で分かった。男子学生の両親は病院搬送など適切な対処をしなかったとして、介抱していた同級生らを保護責任者遺棄致死罪で刑事告訴し、府警が捜査している。

死亡したのは経済学部2年だった登森勇斗(ともり・はやと)さん=当時(20)。29年12月11日、東大阪市内の居酒屋で開かれたサークルの飲み会に参加した際、ウオツカなどを一気飲みした後、呼びかけに応じなくなった。

店内でいびきをかいて寝ており、介抱役として5人の同級生が呼ばれ、登森さんは飲み会に参加していた学生の家まで運ばれた。翌朝、呼吸が止まっていたため、119番通報で病院に救急搬送されたが、死亡。急性アルコール中毒の影響で吐いたものを詰まらせ、窒息死したとみられる。

登森さんの両親は、介抱役の5人と相談を受けた上級生1人が適切な対処をしなかったとして、30年12月に府警に刑事告訴。飲酒の強要はなかったとみられるが、参加者は「ウオツカを20杯くらい飲んでいた」などと話しているという。

近大広報室は「捜査に全面的に協力し、再発防止に努めていく」としている。

20歳になり、お酒が解禁されたとは言え「一気飲み」による死亡事故は過去にもあるので学生の飲み会では「一気飲みを禁止する」などとしてほしいものですね。

今回の経緯

大阪にある近畿大学のテニスサークルで行われた飲み会。
その飲み会に参加をしていた近畿大学2年生の登森勇斗さんが一気飲みをし「急性アルコール中毒」によって意識を失ってしまいました。
しかし、意識を失ってからも適切な処置をしなかったとして亡くなってしまうという悲しい事件です。
その場ですぐに「救急車を呼ぶ」ということをしていれば、彼は命を落とすことはなかったかもしれません。
どうして一緒に飲み会にいた6人の学生たちは救急車を呼ばなかったのでしょうか?
こちらの経緯として当時、同級生の5人は意識がなくなった登森勇斗さんを心配し上級生の1人に相談をしました。
しかし上級生は「いびきをしているから大丈夫だろう」ということでそのまま彼を放置してしまいました。

このようなことが原因により、上級生そして同級生が「刑事告訴」されました。

飲み会をしていた居酒屋を出てから同級生の自宅に帰宅するまでは登森勇斗さんは息があったそうなのでその後死亡しました。

登森勇斗さんの情報

今回は一気飲みによってお亡くなりになられた男子生徒の情報についてです。
名前:登森勇斗さん
年齢:20
所在地:不明
性別:男
職業:学生
大学名:近畿大学
学部:経済学部
学生生活、まだまだこれから楽しいことがあったはずなのにこのようなことでお亡くなりになるとは非常に悲しいですね。
登森勇斗さんの御冥福をお祈り申し上げます。

同級生や上級生って誰?

今回意識を失ってからも救急車や適切な処置をすることをしなかった同級生や上級生の名前や情報が気になりますよね。
メディアによると現在同級生や上級生の名前などの報道はされていませんが、ネットでは
・近大テニスサークルローゼン
・近大テニスサークルキーキートック
この2つのテニスサークルがヒットします。
現在どちらかなどの答えを知ることはできませんが、今後上級生が逮捕されたりするなどの進捗があることは確かでしょう。
また報道があり次第、更新をしたいと思います。

近畿大学の情報

近畿大学についての情報です。
住所:大阪府東大阪市小若江3-4-1
略称:近大(きんだい)
近畿大学は地元では近大とも呼ばれ偏差値としては50〜60くらいになっています。

世間の反応

●介抱した同級生五人は、飲み会に参加していなくて、介抱のために9時半に呼ばれたと報道されていた。不参加なら、飲み会の様子や被害者の酒量を知らなかった可能性があり、そこまで大ごとだと思い至らなかったのかもしれない。
●救急車を呼ばなかったのは大問題だが、「大丈夫」と放置した上級生と同じ括りで告訴されるのは可哀想な気もする。

はやし立てて飲ませた同席者や、急に呼び出した後輩に介抱を押し付けて放置した上級生の方が悪質。

●亡くなられた本人にはご冥福を祈ります。

でも20超えて成人して、羽目外して自分で大量飲酒。親があーだこーだ子供が死んだあと言うより、本人が持つ責任であったり節度、常識をもっと生前に教えておくべきだったと思ってしまうね。普通ウォッカ20杯も飲んだらどうなるか分かるでしょ?

●私は酒は強い方ですが、それでもウォッカ20杯は無理ですね。
●親の気持ちは解るが、自らカッコつけて暴飲したのであれば告訴までするのには違和感を覚える。
●こういう話は本当になくならないね

意識がない時に救急車を呼ぶべきだった

●それでもこういう事故は昔よりは減った。
●いくら警鐘を鳴らしてもこういう阿呆が湧くから、法で厳しく罰するべき

愚行の責任をキッチリとらせろ
(´・ω・`)

●海外だったら泥酔者は身ぐるみはがれても自業自得で済まされる。

自分の身を自分で守れなくて規則に問題がどうとか日本はおかしい。

●死んでから救急車を呼ぶんじゃなく、前の日に呼ばなきゃ。20歳で飲酒は合法。アル中の瀕死の人を放置するのは違法。
●ウォッカ20杯もあかんけど

ウオツカ20杯はあかん。

お酒が強いにしても一気飲みによって急性アルコール中毒になってしまうこともあります。
どのようなことがあっても「一気飲み」は絶対によくありませんね。

まとめ

急性アルコール中毒によって死亡をしてしまった登森勇斗さん。
同級生や上級生が救急車を呼び、すぐに処置をしていたらこのような事件は起こっていなかったかもしれませんね。
おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら