香川真志の顔画像やフェイスブック!正当防衛?スナック男性首絞め

東京都歌舞伎町のスナックで男性に暴行を加えて怪我をさせたとして45歳の自営業、香川真志容疑者が逮捕をされました。

そんな香川真志容疑者の顔画像やフェイスブックは明らかとなっているのでしょうか?

事件の概要も含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします

香川真志の起こした事件の概要

香川真志の起こした事件の概要についてです。

東京・歌舞伎町のスナックで男性に暴行してけがを負わせたとして、警視庁新宿署は22日、傷害容疑で東京都中野区新井、自営業、香川真志容疑者(45)を現行犯逮捕した。男性はその後、搬送先の病院で死亡しており、同署は容疑を傷害致死に切り替えて調べる。

逮捕容疑は21日午後11時25分ごろ、新宿区歌舞伎町のビル4階にあるスナック店内で、酒に酔って暴れた男性に首を絞めるなどの暴行を加え、けがを負わせたとしている。同署の調べに、香川容疑者は「身を守ろうとしてやっただけで、けがをさせるつもりはなかった」と容疑を否認している。

男性は50歳くらいで、病院へ搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。同署は司法解剖して詳しい死因を調べるとともに、身元の特定を急いでいる。

香川容疑者と男性はそれぞれ客として来店していたが、面識はなかった。

香川真志の起こした事件の経緯や犯行動機

香川真志の起こした事件の経緯

東京都歌舞伎町のスナックで男性に暴行を加えて怪我をさせたとして45歳の自営業、香川真志容疑者が逮捕をされました。

逮捕容疑は21日午後11時25分ごろ、新宿区歌舞伎町のビル4階にあるスナック店内で、酒に酔って暴れた男性に首を絞めるなどの暴行を加え、けがを負わせたとしている。

スナックで口論になった男性にヘッドロックをしてけがをさせたとして、警視庁新宿署は22日、東京都中野区、自営業、香川真志容疑者(45)を傷害容疑で現行犯逮捕した。男性はその後死亡し、同署は容疑を傷害致死に切り替えて調べる。

同署によると、香川容疑者は21日午後11時25分ごろ、新宿区歌舞伎町のスナックで、隣に居合わせた杉並区方南1、職業不詳、伝田岳人さん(50)と口論になり、伝田さんの首をヘッドロックで約10分間絞めた疑いがある。スナック従業員からの通報で署員が駆け付けると、男性は意識不明の重体で、搬送先の病院で約1時間後に死亡が確認された。香川容疑者は「絡まれて、髪を引っ張られたりしたので身を守ろうとした。けがをさせるつもりはなかった」と容疑を否認しているという。【二村祐士朗】

 

香川真志の起こした事件の犯行動機

同署の調べに、香川容疑者は「身を守ろうとしてやっただけで、けがをさせるつもりはなかった」と容疑を否認している。

男性は病院に運ばれましたが、1時間後に死亡をしました。

香川容疑者は「絡まれて、髪を引っ張られたりしたので身を守ろうとした。けがをさせるつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

被害者の情報について

わかっている情報についてまとめます。

名前:伝田岳人さん

年齢:50歳

住所:杉並区方南1

職業:不詳

スナックの隣席に居合わせたということです。

香川真志の顔画像やSNS!プロフィール

香川真志の顔画像

顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

香川真志のフェイスブックなどのSNS!

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

香川真志のプロフィール

ここではわかっている情報についてまとめます。

名前:香川真志容疑者

年齢:45歳

住所:東京都中野区新井

職業:自営業

逮捕理由:傷害容疑→傷害致死

世間の反応

  • 過剰防衛とコメントしておられる方がいらっしゃいますが…違法性阻却事由ですので、ただ単に酔って暴れてる人を静めるために抗拒不能な暴行をしたのではあれば、それは防衛ではありません。急迫不正の侵害が自分自身などに向かっていたか。回避できなかったか。回避できたのであれば、すでに正当防衛は認められません。また、過剰防衛は、正当防衛が成立する場合に、その防衛行為の過剰な部分にだけ有責性が発生しますので、今回の案件のように、酔っ払って暴れてる場合、しつこく追いかけて殴りかかっているような事態でもなければ、逃げて回避できたと評価され、また、被害者が50代、加害者が40代で同じ男性ですので、正当防衛が成立する可能性は極めて低いです。正当防衛が成立しなければ過剰防衛の成否には移りません。違法性阻却事由は、犯罪があったのに責任を問わない場合ですから、裁判所も警察も簡単には認めません。
  • 暴れた男性を制止するために首を絞めるというのはわからない。
    押さえ込んで窒息死ならわかるけど、首を絞めたということなら、正当防衛にならないのはもちろん過剰防衛も無理だと思う。
  • 過剰防衛になってしまうね。
    飲んで暴れて殺されたなら意識が無いから救いと思うけど、なるべくなら楽しい土曜日の夜を。
    こんな事態は虚しいだけ、ご冥福を。
  • 相手が暴れているのなら押さえ込む程度でいいと思うんですけど、柔道の心得があるのなら締め技で相手を落とせることができますがそれでも酒に酔っている場合非常に危険かもしれません。
  • 酔っ払いはきらい
  • 本当にね、首絞めていて殺す気は無かったって?で、首絞めて何がしたかったのかとことん追求してみたいですね。
  • 酒に酔ってて締め落す力の加減がわからなくなってたか?
  • チョークスリーパーで落とそうとして、誤って絞め殺してしまった。
    そんな感じがするけどね。
  • ありえない
  • 暴れたのを制止しただけならしょうがないのでは?

 

まとめ

東京都歌舞伎町のスナックで男性に暴行を加えて怪我をさせたとして45歳の自営業、香川真志容疑者が逮捕をされました。

そんな香川真志容疑者の情報についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました

おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら