石橋和歩の彼女(中尾美穂)はデマ? 「くだらん」と注意するも無視

危険運転致死傷罪などに問われた福岡県中間市の無職石橋和歩被告(26)の裁判が3日、横浜地裁で始まった。

石橋被告の車に乗っていた女性は「くだらん、何回同じことするの」と説得するも、聞く耳を持たなかったそうです。 石橋被告の彼女は中尾美穂さんではないかと噂になっております。

しかし、元カノとの噂も…彼女を守る為の嘘なのか? 検証していきます。

 

最後までどうぞお付き合いください

 

石橋被告 同乗の女性が「くだらん」と説得するも無視

事故直前、一家のワゴン車は東名高速の中井パーキングエリア(PA)に立ち寄った。公判で明かされた供述によると、当時小学6年だった次女はワゴン車の3列目の座席で横になっていた。嘉久さんが石橋被告の駐車の仕方を注意しているのが聞こえた。

PAを出た後、被告の車が、友香さんが運転するワゴン車の前に割り込んできた。車が止まり、「なんでこんなところに止まったんだろう」。そう思っていると被告が車から降りてきた。嘉久さんが、座っていた2列目のスライドドアを開けた。「けんか売っちょんのか」と被告。嘉久さんは謝ったが、被告の怒りは収まらない。上半身を車に入れるようにして、嘉久さんの胸ぐらをつかむ。

そして――。「ドカーン」という音が響いた。

「処罰のことは分からないので、おじいちゃんやお姉ちゃんに任せます」

公判では、被告の車に同乗していた女性の供述調書も読み上げられた。

その内容によると、女性はPAで被告が嘉久さんから注意を受けた時「和歩がキレる」と思った。これまでも何度も同じようなことがあったからだという。

一家の車を猛追する被告に、女性は「くだらん。何回同じことするの」と説得したが、被告は聞く耳を持たなかったという。

被告の車と一家のワゴン車が止まった高速道路上で、女性は被告の腰を引っ張るなどして説得。「子供がおるけん、やめとき!」。ようやく被告は冷静になり、自分の車へ戻った。

女性はその後の記憶がなく、気がついたら病院だったという。(飯塚直人、山下寛久)

朝日新聞デジタルより引用

 

石橋和歩の彼女は誰?

石橋被告と同乗していた女性の静止を振り切り、萩山さん夫婦を死亡に追いやった石橋被告。

彼女の証言によると、何度も同じことがあったとのこと…信じられません。

ネット上で石橋被告の彼女ではないかと噂になっているのは中尾美穂さんという方でした。

 

中尾美穂が彼女はデマ?

 

石橋容疑者の彼女ではなく、元カノとのTweetもありました。 自分ではないと発信もする事も出来ますが、判決が出るまでは変に出ないほうがいいと思います。

 

石橋被告が常習的にあおり運転を繰り返し、停車させ怒鳴っているのが日常って異常ですよね。