報道ステーション,CP桐永洋の顔画像!セクハラ相手判明か?

「報道ステーション」のチーフプロデューサーがセクハラにより更迭をされたという騒動が話題となっているようです。

そんな人物が桐永洋CPだと特定をされたようですが、経歴や相手の女性、顔画像はどのようになっているのでしょうか?

騒動も含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします

報道ステーション,CP桐永洋が更迭か

「報道ステーション」のチーフプロデューサーがセクハラにより更迭をされたという騒動が話題となっているようです。

そんな報道がこちら。

“身から出たサビ”だ。テレビ朝日の「報道ステーション」の男性チーフプロデューサー(CP)がセクハラで更迭された。いったい何があったのか。

テレ朝は“女子アナ帝国”と呼ばれたが崩壊寸前…救うのは?

「更迭されたK氏は、1993年入社のベテラン社員。普通ならテレビ局の人事は7月ですが、懲罰委員会が先月30日、社内向けに<社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行った>と通達しました。名前や肩書が伏せられたものの、同日の報ステ放送後の反省会で、K氏が不適切事案により異動することが判明したのです」(テレビ朝日関係者)

K氏は40代後半の妻子持ち。昨年7月に朝の情報番組「グッド!モーニング」から報ステに異動した後、安倍政権に批判的な放送をしないよう忖度したとされる人物だ。社員の一部からは、安倍首相と“メシ友達”である早河洋会長の子飼いだと指摘されていたという。

「K氏本人も『自分は早河会長に抜擢された』との意識を持っていたようです。権威をかさに着ていたのか、女性社員へのセクハラ的言動が常態化していたといいます。被害者の中には30代の女性アナウンサーもいて、一緒にご飯を食べた際に無理やりキスをされ、家に押し入られそうになったようです」(前出のテレ朝関係者)

■週刊誌にかぎつけられ慌てて懲戒処分

女子アナを含め、被害者は十数人に上るという。現場を取り仕切る役職であるのをいいことに、女性社員にLINEで「会いたい」と迫ったり、体を触ったり、抱きついたり、やりたい放題だったようだ。

しかし、被害女性のひとりが今年5月にK氏のセクハラを告発したにもかかわらず、上層部の腰は重かったという。

「週刊誌がK氏のセクハラ問題をかぎつけたことで、隠し切れなくなったのでしょう。だから、異例の時期に処分を下したのだとささやかれています」(番組関係者)

テレ朝にK氏のセクハラ行為や異動について問い合わせると、次のような回答だった。

「当社では7月上旬からコンプライアンス統括室を中心に慎重に調査を進め、その中間報告を受けて8月19日に調査委員会を立ち上げ、事実関係を確認しました。その結果、ハラスメントととられかねない不適切な行為があったとして8月30日に当該職員を懲戒処分とし、あわせてその職務を解きました」(広報部)

再発防止はもちろん、これで報ステは政権に忖度しなくなるのか。

報道ステーション,CP桐永洋と特定の経緯

今回報道によると

セクハラで更迭されたのが「Kチーフプロデューサー(CP)」ということでした。

しかし、報道ステーションで2018年7月にCPに変わっていることなどから

今回更迭処分を受けたのが「チーフプロデューサーである桐永洋」だと判明、特定されたようです。

 

報道ステーション,CP桐永洋の顔画像!経歴や学歴は?

桐永洋の顔画像

そんな騒動となっている桐永洋の顔画像がこちらです。

桐永洋のプロフィール

名前:桐永洋

生年月日:1970年生まれ

年齢:49歳

出身:広島

学歴:早稲田大学卒業

 

桐永洋は1993年にテレビ朝日に入社をしています。

そして「ニュースステーション」のディレクターなどに歴任し、「グッドモーニング」のプロデューサーなども務められています。

そして2018年7月より「報道ステーション」のチーフプロデューサーとなっていたようです。

そして8月30日に処分を受けたようです。

報道ステーション,CP桐永洋の相手女性は?

49歳で桐永洋さんは妻子もいることがわかっています。

どうしてこのようなことをしたのでしょうか?

アナウンサーなどには美しい方も多く、誘惑に勝てなかったのでしょうか?

現在のところ、セクハラの相手女性については報道がありませんが

報道ステーションのアナウンサーといえば森川夕貴アナウンサーですから、この方にもセクハラをしていた可能性はありそうです。

テレビ朝日には、自社社員が福田前事務次官からセクハラを受けた際、被害の公表を望む意思を退け、自社で放送しなかった過去がある。そして今回は、謹慎わずか3日間という処分である――。

***

セクハラ事件が起きたのは5月4日未明のこと。加害者は「報道ステーション」の桐永洋チーフプロデューサー(49)。被害にあったのは同番組のフィールドリポーターを務める森葉子アナウンサー(33)である。

森アナは、4月から番組に起用されたばかりの“新顔”で、対して桐永氏は“番組の最高権力者”。ゆえに気をつかった森アナ、桐永氏に誕生日プレゼントとして、1000円程度の焼き菓子を贈ったという。これが引き金となってしまった。

「桐永さんはよほど嬉しかったのか、そのお返しということで食事に誘った。〈軽く飲みに行きませんか〉というLINEだったが、それを断っていると、こんなメッセージが届いたようなんです」(テレ朝関係者)

〈5月3日24時、麻布十番の○○を予約しました〉

「これに対して彼女は、“他にも人がいるのかな”と思ってその居酒屋に行ったところ、個室に桐永さんひとり。驚いたけれど、相手は上司ですからイスを蹴って帰るわけにもいかず、二人きりで飲むことに……」(同)

もっとも、酒に強い森アナ。最後まで酔っ払うことはなく、会はお開きとなった。ところが、歩いて帰ろうとする森アナを桐永氏は引き止め、タクシーで送っていくと主張。そして2人を乗せた車が森アナのマンションの前につくと、今度は“酔っているから送っていく”と、なぜか桐永氏も下車してしまう。「大丈夫です」を繰り返す森アナに対し、桐永氏の進撃は止まらず、エントランスを突破し、エレベーターの中へ……。

「桐永さんに帰るように促したところ、いきなり彼が、がばっと抱きついてキスをしてきた。彼女はもちろん嫌だったんですが、相手は上司であるうえに、全然帰ってくれない。これで離れてくれるなら、と引っぱたいたりすることはなかったようです」(先の関係者)

“また飲もうね”と悪びれもせず帰って行った桐永氏は、その後も数回、森アナを飲みに誘うLINEを送ったという。

この後、森アナ、そして被害を聞きつけた複数のディレクターも、相前後してテレ朝内のコンプライアンス統括室へ本件の相談に駆け込んだ。ちなみに桐永氏は既婚者で、2人の子供がいる。

ただし関係者によれば、桐永氏は“彼女は酔っていて放っておけず、マンションまで送った”“彼女から抱きついてきた”などとコンプラ担当に説明。担当者の判断は揺らいだという。

そして社内調査の結果、このたび桐永氏に処分が下された。先述のとおり、3日間の謹慎とチーフプロデューサーの解任、BS朝日への“出向”だという。

セクハラ問題に詳しい板倉由実弁護士はこう語る。

「キスは強制わいせつに当たりますから、3日間の謹慎処分では軽すぎます。これが外資系の企業だったら、懲戒解雇の対象になるはずです」

9月5日発売の週刊新潮では、他のセクハラ被害者の存在、そして事件の背後にあった報ステ内の“対立”と併せ、詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年9月12日号 掲載

 

報道ステーション,CP桐永洋セクハラの世間の反応

 

  • これは今日の放送が楽しみですね。というか報道するわけがないか。テレ朝にしろ朝日新聞にしろ他人にはやたら厳しいが自分たちにはやたらと甘いですもんね。変にエリート意識があり他人を見下しているからこうなる。これでよく報道機関が名乗れたもんです。

  • これは自分の番組で放送するのかね?

  • さすがに今日の報ステでスルーはしないでしょうね?
    このご時世でスルーするようなら
    炎上間違いないだろうし。
    ただ、TV局って世間を見下したような人間が多いし
    それこそ金になればなんでもいいって瀬尾恵子みたいなやつも多いから
    報道しないかもね~

  • 実名報道でお願いします

  • ちょっとだけ触れて、
    「さてスポーツです!」ニッコリ
    の流れだと思います。

  • 安倍に忖度するのは論外だが、忖度する前の報ステはそれはそれで、民主党贔屓が凄い番組だった
    丁度いい中立くらいの報道をして欲しいものだ。仮にも公共の電波を使ってるんだから

  • しかしテレ朝は問題が多い組織のイメージがある。

    そもそもメディア経営者が特定の政治家と深い親交していたら中立性が担保できるはずないし、いい加減に組織内の派閥や親分子分の関係性は悪しき習慣として改めるべき。

    会長の子分がセクハラ放題とは報道をする人間の風上にもおけん奴だ。

  • さすがに報ステは、この問題をスルーする訳にはいかないでしょう。
    他人に厳しく、自分(身内)に甘いままだと報道機関、メディアと
    しての矜持を持っているのか?と、多くの方が疑念を抱くのではな
    いでしょうか。

  • 最低限のモラルを維持できない人間が多いのは、その企業も問題なのか、或いは業界全体の問題なのか、いづれにしても、大いに公にすべき事象と思います。

  • 上層部の腰が重かったのは何故なのでしょうか?
    それが気になりますね

まとめ

「報道ステーション」のチーフプロデューサーがセクハラにより更迭をされたという騒動が話題となっているようです。

そんな人物が桐永洋CPだと特定をされたようですが、そんな情報についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました