星名美怜のケガはガセ?男とXmas Nightではと噂も…過去の黒いスキャンダルとは

私立恵比寿中学の星名美怜さん(21)がリハーサル中にケガをしたため、24日と25日に行われるクリスマス大学芸会2018の出演を見送ることが分かりました。

ファンとしてみれば、クリスマスに会えないのは悲しいですよね…それが本当なのであれば。

というのも、過去に星名さんはジャニーズとの恋の噂もありました。

今回のケガも自らの自作自演では…との声もちらほら。まさか男と過ごしているなんてことはないですよね…? 過去のスキャンダルも併せて検証していきます。

 

最後までどうぞお付き合いください

 

エビ中 星名美怜 リハ中のケガで公演出演見送り

女性6人組グループ「私立恵比寿中学」の星名美怜(21)が、リハーサル中にケガをしたため、24日と25日に幕張メッセのイベントホール行われる「クリスマス大学芸会2018」の出演を見送ることを24日、公式SNSで発表した。

「本日、星名美怜がリハーサル中に怪我をしたため、本日の出演を見送らせていただくことになりました。星名美怜以外のメンバーで予定通り開催させていただきます。公演を楽しみにしていた方には直前のご連絡となり、申し訳ございませんでした。何卒ご理解の程、よろしくお願い致します」と発表。その後「大事をとって明日の出演を見送らせていただくことになりました」と25日公演の出演見送りも発表された。

スポーツ報知より引用

 

星名美怜さんのプロフィール

生年月日
1997年11月2日
血液型
B型
出身地
神奈川県
身長
159.6cm
趣味
映画鑑賞
特技
どこでも寝れる・誰とでも仲良くなれる・猫寄せ

 

公式HPのコメントは

同グループのHPでは「公演を楽しみにしていた方には直前のご連絡となり、申し訳ございませんでした。何卒ご理解の程、よろしくお願い致します」とのコメントがつづられた。

 

ネット上の声は

  • 最近、アイドルの怪我のニュースが目につくが、理由があるんだろうか? 振り付けがきついとか、体調管理が杜撰とか。特にグループだと一人だけ休むと言いにくいのかも知れない。事務所は、きちんとした管理をお願いします。

 

  • 怪我の状態が心配だ。
    あまり無理しないよう安静にしてくださいね。
    お大事にどうぞ。

 

  • 年の瀬あたりで毎年話題にあるアイドル。
    生誕祭で泣いて謝ったかと思えば、Jr.との熱愛がリークされたり…今年は怪我だけど12月になると星名さんが何かしら話題になるのはエビ中ファミリーにとって恒例行事になりつつある。

 

  • AKBみたいに同じ場所での怪我が再発しないようにしてほしいですね

 

  • ということは5人?
    少なくなったなぁ

 

  • 数日経って、文春かフライデーで
    公演に出るのを見送った別であり本当の理由が分かるかも知れない…。

 

  • スキャンダル隠しで定評があるスタダでも隠しきれない星名さん。

 

  • 星名さん、前科があるからクリスマスデートと思われてもしかたない。

 

星名美怜さんと過去に噂になった人とは

 

星名美怜さんですが、以前週刊文春で、お泊りデートが報じられていました。

その気になる相手はジャニーズJr.の阿部顕嵐さんです。

 

阿部顕嵐さんとの噂

 

報道によれば、星名は自身の誕生日の前日、仕事後に父親が運転する車で都内の阿部の自宅に向かい、翌日まで過ごしたのち、阿部の自宅から自身のソロライブの会場へ向かったという。

 

阿部との交際は両親の公認を得ているようで、別の日にも両親が運転する車で阿部の元へ向かい、後に阿部もその車に乗り込んだという。

 

山形匠さんとの噂

 

この報道はエビ中オタに衝撃を与えているが、星名のスキャンダルはこれが初ではないため、「またか」という声は少なくない。

 

星名は昨年9月、タレント・山形匠(21)の自宅に女友達と宿泊したことを「文春砲Live」報じられたほか、2015年には男女数名で撮影されたプリクラ画像が流出し、ネットの生放送で「写真は合成」と涙ながらに釈明した過去がある。

 

エビ中の他メンバーに目立ったスキャンダルが出ていないこともあって、「エビ中のスキャンダル女王」と認定されている。

 

さいごに

 

公式からの声明はありますが、本人からのメッセージは無いですね。 それほど、重症だったのでしょうか? 本人からのコメントがないため、なんとも言えませんが、過去に色々あったので、Xmasの時期ということもあり、疑われても仕方ないですよね・・・

 

まさかとは思いますが、男と会っていたらドン引きです。

 

後日週刊誌で報道されませんように。

 

最後までお読み頂きありがとうございます