久井仁貴 顔画像,Facebookはコチラ うんこ漏れる!!169km走行で在宅起訴

高速道路で169kmで走行し、在宅起訴されたのは鹿児島県志布志市の久井仁貴(ひさい・まさたか)市議(28)

今年の4月9日に東九州自動車道を走行中、腹痛により急いだことを理由にオービスで捕まったしまった。

しかし、この気持ち非常によく分かります。 普段から飛ばす方でしたら問題外ですが、次のパーキングのカメラを確認すれば分かりますよね。だからといって罪が軽くはなりませんが…少し同情しました。

 

最後までどうぞお付き合いください

 

久井仁貴市議が169kmで高速道路を走行

高速道路で乗用車を時速169キロで運転したとして、鹿児島県志布志市の久井(ひさい)仁貴(まさたか)市議(28)が道交法違反で鹿児島地裁鹿屋支部に在宅起訴されていたことがわかった。起訴状によると、久井市議は今年4月9日、大分市の東九州自動車道で、制限速度(80キロ)を89キロ超過して走行したとされる。起訴は10月29日付。

久井市議は5日、読売新聞の取材に応じ、速度違反自動監視装置(オービス)で検知されたと明らかにし、「大分に向かう途中でおなかが痛くなり、トイレに行きたくて急いだ。今後は交通ルールを守りたい」と話した。

久井市議は今年1月の市議選に無所属で立候補し、初当選した。

読売新聞より引用

 

東九州自動車道の場所はコチラ

ネット上の声でもいくつか上がっておりますが、ここはサービスエリアの間隔があり、漏れそうになっている方もいるみたいです。

たしかに、急におなかが痛くなり、パーキングまで残り5-60㎞って標識を見たら絶望しますよね。

 

私もおなかが弱いので、非常にその気持分かります。 車もそうですが、デパートとかも不安ですよね…

 

何度ここでぶちまけてやろうと思ったことか・・・

 

久井仁貴市議の顔画像はこちら

 

久井仁貴市議のFacebookはこちら

※画像クリックでFBページに飛びます

 

ネット上の声は・・・

  • 確かに、あそこはPAが無いんだよな。
    気持ちは分かる…。
    が、立場をわきまえないと。
    お腹痛いのが本当ならの話だが。

 

  • 気持ちは分からんでもないけど、理由が本当かどうかも分からんしな。
    普段からそこそこスピード出し慣れてないと、急いでても169キロは怖くて出せないと思う部分もある。

 

  • 自分はお腹が弱くて、この市議の状況はよく理解できます。でも、お腹がグルグルいって脂汗でて集中力も落ちてるであろう状況でスピード違反は危険だったと思います。
    自分なら、路肩で野糞してたかもしれません。

 

  • 個人的に高速でぶっ飛ばしてる人はお腹が痛いんだろうと思うようにしてます。そうすると心に余裕が持てますからね。

 

  • 論点はズレますが、高齢者が増えてますし、これからトイレの需要は増えるでしょうね。
    若い人には理解出来ないかもしれませんが、トイレがないという不安で、そこには出掛けたくなくなるという人は多いと思います。
    若い人でも過敏性腸症候群の人も多いので、これからはトイレの時代でしょうね。
    自分はトイレの不安のあるところには出掛けたくない派です。
    これからは益々、トイレが整備されていない観光地などは敬遠されるでしょうし、都心の駅などは人口に比べて圧倒的にトイレが少ないですよね。田舎の電車や新幹線はトイレがあるから安心ですけど、都会の電車にはないので、ラッシュ時は特に敬遠してしまいます。
    高速道路も渋滞の多い区間などはトイレ用の簡易パーキングを作って欲しいです

 

  • とりあえず撮られた場所の次のSAかPAでトイレに駆け込む姿が撮影されているかどうか調べてほしいな。判断はそれからで良いと思う。本当ならちょっと減刑してあげて。

 

  • 次のPAまで距離ある時の腹痛の絶望感はわかる。冷や汗止まらないよね。
    渋滞ハマった時小便をペットボトルで乗り切ったことあったけど脱糞はなぁ。
    でも速度出し過ぎたね。事故ったときに脱糞の方が良かったと後悔することになるよ。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます