広瀬晃一容疑者の顔写真がヤバイ!死体遺棄した犯行動機などは

東京都葛飾区の19歳の女子大生が昨年11月から行方不明になっていた事件。

 

31日未明に茨城県に住む広瀬晃一容疑者が死体遺棄の疑いで逮捕されました。

 

一体彼の顔写真やプロフィールはどのような人物なのでしょうか?

 

最後までどうぞお付き合いください

 

事件の概要

今回の事件概要です。

東京都葛飾区の女子大学生(19)が昨年11月から行方不明になっている事件で、警視庁は31日未明、任意で事情を聴いていた茨城県神栖市深芝南2丁目、無職広瀬晃一容疑者(35)の供述に基づき、同市内で性別不明の遺体を発見した。同日、広瀬容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。同庁は遺体は女子大学生とみて身元確認を進めている。

【写真】広瀬晃一容疑者(知人提供)

捜査1課によると、広瀬容疑者は「(インターネットの)掲示板で知り合った女性に騒がれ、殺してしまった。遺体を埋めた」と容疑を認め、女子大学生殺害への関与も認めているという。逮捕容疑は昨年11月20日ごろ、同市須田の畑の土の中に性別不明の遺体を遺棄したというもの。

広瀬容疑者は今月30日午後6時半ごろ、警視庁の聴取に対して「死体を埋めた」との供述を始め、同庁が31日午前1時半ごろ、供述通りの場所から遺体の頭部を発見したという。同庁は広瀬容疑者を24日から断続的に任意で事情聴取していた。

防犯カメラの映像などから、女子大学生は昨年11月20日、大学の授業に出席したあと、JR綾瀬駅(東京都足立区)から鹿島神宮駅(茨城県鹿嶋市)まで電車で移動し、タクシーで神栖市方面に向かったことが確認されていた。

その後、市内のコンビニエンスストアに立ち寄り、近くの住宅街で住民の女性に広瀬容疑者の自宅住所を尋ねたのを最後に目撃情報が途絶えていた。20日午後11時ごろからはスマートフォンの電源が切れた状態で、友人らとも音信不通になっていた。遺体は最後の位置情報が途切れた場所の近くで見つかった。

連絡が取れないことを心配した女子大学生の家族が同22日、亀有署に行方不明者届を提出していた。

 

昨年11月から行方不明事件として数々のニュースで取り上げられていましたが、死体遺棄として残念な結末を迎えてしまった今回のニュース。

 

彼は一体どんな人物なのでしょうか。

出会いや犯行の動機は?

そもそも知らない人同士がどうやって出会うのか?と疑問を持ってしまいそうですが、広瀬晃一容疑者は女子大生とは「インターネットの掲示板で知り合った」と供述しているようです。

 

また「女性に騒がれ殺した。土の中に埋めた」と話をしているようですが、詳しい犯行動機は分かっていません。

 

女子大生は茨城県神栖市内の畑で携帯電話の位置情報が途切れていたそう。

女子大生の足取りは?

昨年2018年11月20日に電車やタクシーで茨城県神栖市へ向かい、同日午後11時頃に音信が途絶えました。

その直前には神栖市の30代の自宅を訪ねていたといいます。

それにしてもまだ19歳の女性がどうして突然犯人宅へ向かったのかはこれから真相が明らかになっていくでしょう。

広瀬容疑者の顔写真

広瀬晃一容疑者の顔写真がこちらです。

 

 

少し若いときのものに感じますが、陰気臭く少し暗そうなイメージがありますね。

プロフィール

広瀬晃一容疑者のプロフィールについてご紹介します。

名前:広瀬晃一

年齢:35

住所:茨城県神栖市

職業:無職

逮捕理由:死体遺棄

 

35歳にして仕事をしておらず、掲示板を見ていたということは「引きこもりがちな性格」だったのでしょうか。

世間の反応

  • 世間ではこのような厳しい声があがっています。

 

  • ネットで知り合った相手には安易に会ってはいけない、怖い

 

  • 女性側ももっと警戒をするべき、そもそも何故被害者は犯人の自宅まで行ったんだろう

 

  • 人を殺すなんて社会の迷惑でしかない

 

このような声があがりましたが、一部では女子大生が掲示板で知らない人の自宅へ行くことを疑問視する声もありました。

 

まとめ

19歳の女子大生の死体を遺棄したとして茨城県神栖市の広瀬晃一容疑者が2019年1月31日未明に逮捕されました。

 

今後の明らかになる犯行動機が気になるところです。

最後までお読みいただきありがとうございます。