3歳金城雷斗君殺害!平野区23歳姉の名前が公開されない 理由の情報

3歳の男の子が命を落とすという悲しい事件がありました。

 

大阪市平野区の自宅で3歳の男の子「金城雷斗くん」がお腹を踏み続けられて、その後に死亡しました。

 

殺害したのは3歳の男の子の母親ではなく年の離れた「姉」ということですが、どうしてこのような酷い事件が起こってしまったのでしょうか。

 

また姉の名前などの情報はどうして公開されないのでしょうか?

 

今回は大阪市平野区で起こった殺害事件について姉の情報なども含めて詳しくご紹介したいと思います。

大阪市平野区23歳姉の起こした金城雷斗君殺害の事件の概要

大阪市平野区23歳姉の起こした金城雷斗君殺害事件の概要についてです。

大阪市平野区の自宅で3歳の男の子の腹を踏み続け殺害したとして、23歳の姉が逮捕されました。

殺人の疑いで逮捕されたのは大阪市平野区に住む作業員の女(23)です。警察によりますと、女は今月2日午前11時20分ごろ、自宅で3歳の弟の腹を片足や両足で踏み続けるなどして殺害した疑いが持たれています。女は両親と亡くなった弟を含む兄弟6人の8人暮らしで、事件当時は父親をのぞく7人が家にいたということです。女は逮捕前に「弟の面倒を見させられていたことに嫌気がさした」と話す一方、取り調べに対しては、「死んでしまうとは思わなかった」と殺意は否認しているということです。警察は女の刑事責任能力の有無について慎重に調べています。

大阪市平野区23歳姉の起こした事件の経緯や犯行動機

大阪市平野区の自宅で3歳の男の子「金城雷斗」くんがお腹を踏み続けられて、その後に死亡しました。

 

逮捕されたのは23歳の姉ということが分かっています。

 

事件の経緯としては4月2日午前11時20分ころに自宅で3歳の弟の腹を片足や両足で踏み続けるなどをして殺害をした疑いです。

 

犯行動機としては「弟の面倒を見させられていたことに嫌気がさした」と話す一方「死んでしまうとは思わなかった」と殺意を否認しているとのことです。

 

家族構成や姉について

3歳と23歳の年の差兄弟ですが、女は両親と亡くなった弟を含む兄弟6人の8人暮らしだったということが分かっています。

 

また事件当時は父親を除く7人が家にいたということですが、3歳というまだ目を離せない年齢にも関わらず23歳の姉に任せっきりで誰も見ていなかったのでしょうか。

 

3歳は、歩き回ったり走ったりなににでも興味を示す年齢でまだまだ目を離すことはできないはずです。

 

両親はこのとき何をしていたのでしょうか?

 

疑問が残りますね。

 

逮捕された23歳女の名前が公開されない理由は?

今回逮捕されたのは殺害された金城雷斗くんの姉であることが分かっています。

 

逮捕された女には知的障害があるということで、それが原因によって現在のところ名前が公開されていないようです。

 

知的障害があるということで現在刑事責任能力の有無が調べられています。

 

「刑事責任能力」とはそもそもどんな意味がなければ意味があるのでしょうか?

 

刑事責任能力とは文字どおり、刑事事件における責任能力です。では、そもそも刑事責任能力とは何を指すのでしょうか。刑事責任能力についての一般的な説明は以下のようになります。

「物事の善し悪しを判断し、その判断に従って自分の行動を制御する能力。自分で考えて行ったことに対しては自分で責任をもつというのは人としての基本です。しかし、重篤な精神障害などの影響で責任能力が損なわれることもあり得ます。」(「だれでも分かる精神医学用語集―裁判員制度のために―」民事法研究会より引用)

知的障害があることで「亡くなってしまう」かどうかの判断がつかないのであれば日常的に面倒を見させていた両親にも問題があると個人的には思ってしまいます。

 

大阪市平野区23歳姉の顔画像!プロフィール

今回逮捕された23歳の姉についてですが顔画像や名前については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

 

またフェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

 

ここでは分かっている情報についてまとめます。

 

名前:不明(名字は金城の可能性が高い)
年齢:23
住所:大阪市平野区
職業:作業員
逮捕理由:殺害容疑

 

職業は作業員ということが記載されていますが、具体的には現在明らかになっていません。

 

大阪市平野区23歳姉の起こした事件の世間の反応

大阪市平野区23歳姉の起こした事件の世間の反応についてです。
  • 女性は知的障害みたいですがそうだろうと何だろうと殺してるんだから厳しい処罰が必要。だが、親にも責任はある。知的障害を持つ子供に幼い子を預けるな。比較的軽度な知的障害だったんだろうが3歳位の子供はまだまだ体ができてないし言葉はちょっとはわかるが言うことを理解して聞くほどの理性はまだない。自分で動けるようになった赤ん坊みたいなもの。いうなれば一番危ない時期といっても過言ではないんじゃないかなそんな時期の子供を軽度かもしれないとはいえ知的障害をもつ娘にまかせっきりにするとかありえない。普段は普通でも一時的にでも普通じゃない部分がでてしまう可能性がある人に小さい子供を預けては行けないだろう。
  • 「作業員の女」って、具体的に何していたんだろか?
  • 責任能力あるだろ。
  • 嫌気が・・・という理由なら、ストレスの捌け口として暴行をして、殺したってことだろう。殺人として持っていけよ。
  • 子供の面倒見てたんなら責任能力はある。
  • 責任能力に乏しいと思われる奴に子供を見させてた親にも同等の刑を与えないといけない。

まとめ

大阪市平野区の自宅で3歳の男の子がお腹を踏み続けられて、その後に死亡しました。

 

殺害したのは3歳の男の子の母親ではなく年の離れた23歳の「姉」ということですが、この女には知的障害があるということで今後の刑事責任能力の有無などの進捗が気になりますね。
おすすめの秋ドラマを無料で視聴できる方法はこちら