ハワイ キラウエア火山噴火で旅行・観光への影響は?非常事態宣言

3日にハワイ島のキラウエア火山が噴火し周辺の住宅地に出来た亀裂から次々に溶岩が噴出し、6日までに、少なくても住宅9棟が破壊されたと報道がありました。

それに伴い、非常事態を宣言致しました。

ハワイ島と言えば、観光や旅行に人気の島ですが、影響はあるのでしょうか?

検証していきます。

 

最後までどうぞお付き合いください

 

ハワイ島 キラウエア火山噴火

米ハワイ州ハワイ島にあるキラウエア火山の噴火活動は4日も続いた。イゲ州知事は3日夜、非常事態を宣言し、ハワイ州の州兵に災害対応に当たるよう指示した。近所の住民ら約1500人が避難している。

地元メディアによると、一部家屋が溶岩流の被害を受けたが、住民らが巻き込まれたとの情報はない。キラウエア火山周辺ではマグニチュード(M)6.9などの強い地震が起きているほか、有害ガスも検出され、当局が住民らに注意を呼び掛けている。

毎日新聞より引用

 

噴火の動画はコチラ

 

 

 

キラウエア火山噴火 観光・旅行に影響はあるのか?

 

地元メディアにあよると、住民が巻き込まれたという情報はないとのことですが、観光や旅行に影響はあるのでしょうか?

先程のTwitterの動画を見る限り、道路から溶岩が吹き出しており、周辺には近づくことが出来ない状況が続くかと思います。

キラウエア火山はハワイ火山国立公園の中にあり、大勢の観光客が訪れる観光スポットとして有名です。

 

噴火の数日前から入山を一時閉鎖しており、周囲の住民に警戒や注意を呼びかけていたので大惨事は免れております。

 

 

オアフ島でも揺れを観測

 

米地質調査所(USGS)によると、米ハワイ州ハワイ島で噴火したキラウエア火山の周辺で、4日午後0時32分(日本時間5日午前7時32分)頃、マグニチュード(M)6・9の地震があった。

 

震源の深さは約5キロ・メートル。周辺では4月30日以降、地震が多発し、火山活動も活発化している。

 

 同島ではこの地震の約1時間前にもM5・4の地震が発生。当局によると、土砂崩れが起き、1000世帯以上が停電したが、人的被害の報告は入っていないという。

 

米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると、ホノルルがあるオアフ島などでも揺れを感じたという。