藤沢壮朗の顔画像は?犯行動機がヤバい!札幌市で男性包丁で刺す

2019年4月6日夕方、札幌市西区の路上で50歳の新聞配達員である梅田勝さんが包丁で刺されて軽傷を負う事件がありました。

 

この事件で殺人未遂罪で自称札幌市西区のアルバイトである22歳の藤沢壮朗容疑者が現行犯逮捕されました。

 

この藤沢壮朗と刺された男性は親類関係にあったとも言われていますが犯行動機や顔画像、事件の概要などについてご紹介したいと思います。

 

藤沢壮朗の起こした事件の概要

藤沢壮朗の起こした事件の概要についてです。
6日夕方、札幌市西区の路上で男性が包丁で刺されけがをしました。現場付近にいた男が殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、自称札幌・西区のアルバイト従業員藤沢壮朗容疑者(22)です。

藤沢容疑者は6日午後4時半ごろ、札幌市西区二十四軒の路上で外出先から帰宅してきた新聞配達員梅田勝さん(50)の背中を、包丁で複数回刺した疑いが持たれています。梅田さんは軽傷です。

警察によりますと、2人は2年前まで親類関係だったということです。

藤沢容疑者は調べに対し「仲が悪かった、殺そうと思った」と話していて、警察は動機などを詳しく追及する方針です。

藤沢壮朗の起こした事件の経緯や犯行動機

2019年4月6日夕方、札幌市西区の路上で50歳の新聞配達員である梅田勝さんが包丁で刺されて軽傷を負う事件がありました。

 

この事件で殺人未遂罪で自称札幌市西区のアルバイトである22歳の藤沢壮朗容疑者が現行犯逮捕されました。

 

藤沢壮朗容疑者は2019年4月6日午後4時30分頃、札幌市西区二十四軒の路上で外出先から帰宅しま新聞配達員である50歳の梅田勝さんの背中を包丁から複数回刺した疑いです。

 

梅田勝さんは軽傷を負ったものの、命に別状はないということです。

 

警察によると、2人は2年前まで親類関係にあったそうです。

 

犯行動機については詳しく明らかになっていませんが「仲が悪かった、殺そうと思った」と供述しています。

 

親類関係って?

親類関係と言うと親子などを意味しそうですが、具体的にはどのような関係なのでしょうか。

 

親族とは、血縁関係または婚姻関係で繋がりを有する者の総称である。

 

このような意味があるようです。

 

22歳と50歳という年齢を踏まえると親子関係が有力でしょうか。

 

藤沢壮朗の顔画像!プロフィール

今回逮捕された藤沢壮朗容疑者についてですが、顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

 

またフェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

 

ここでは分かっている情報についてまとめます。

 

名前:藤沢壮朗
年齢:22
住所:札幌市
職業:自称札幌市西区のアルバイト
逮捕理由:殺人未遂罪

 

藤沢壮朗の起こした事件の世間の反応

藤沢壮朗の起こした事件の世間の反応についてです。
  • 2年前まで親類だったってのが、気になるな。
  • 2年前まで親類関係だった経緯などが分からないけど、短絡的に殺そうと思ったり、実際に刺したりっていうのは理解出来ない。また、今更更生するとも思えない。
  • その容疑者は精神鑑定が必要…2年前は親類関係だった人を、刺してケガをさせるのは異常としか思えない!
  • 2人とも、まともではないな。
  • 先月まで住んでたアパート映っててビビった
  • ろくな仕事につかないでちょっと怒られたくらいですぐキレるよね今時の若い子って。なんなの!?
  • アルバイト従業員藤沢早漏…容疑者なやみみますなあ…
  • 相当ムカついたんですか?
  • やはり人間関係の怨恨って酷いっすね。
  • まだまだ混迷な人間関係続くのに余計な歴史まで…。煽る事も悪いんじゃないんすかね?ばかにされたとか?!
  • 根深そうですね。
  • どんな理由があれど、人を殺してはいけません
  • 動機がおかしいだろ。何があっても人を殺してはいけません。

まとめ

2019年4月6日夕方、札幌市西区の路上で50歳の新聞配達員である梅田勝さんが包丁で刺されて軽傷を負う事件がありました。
この事件で殺人未遂罪で自称札幌市西区のアルバイトである22歳の藤沢壮朗容疑者が現行犯逮捕されました。
人間関係の怨恨は恐ろしいですね。