熊本,東海大学放火の中学生の名前や顔画像?犯行動機は性的欲求?

熊本の東海大学の施設を全焼させたとして熊本市に住む男子中学生が逮捕をされました。

けが人はいないということですが、大迷惑な放火事件ですよね。

そんな東海大学を放火した男子中学生の名前や顔画像は明らかとなっているのでしょうか。

事件の概要なども含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

東海大学を男子中学生が放火する事件が発生

東海大学を男子中学生が放火する事件が発生しました。

先月、熊本市の大学施設を全焼した火事で、警察は16日、14歳の男子中学生放火の疑いで逮捕しました。

非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、熊本市に住む14歳の男子中学生です。

警察によりますと、男子中学生は先月29日の夕方、熊本市北区室園町の立田山の山頂付近にある東海大学の施設に火をつけ、木造の建物およそ400平方メートルを全焼させた疑いがもたれています。建物は、当時、倉庫として使われていて、中に人はおらずけが人もいませんでした。

警察が現場に落ちていたライターの販売先などを捜査したところ、少年の関与が浮上したということで、調べに対し、少年は容疑を認めているということです。警察が動機を調べています。(16日14:51)

男子中学生による東海大学放火事件の経緯

熊本北合志署は16日、東海大が熊本市内に所有する倉庫代わりの木造平屋を全焼させたとして、非現住建造物等放火の疑いで、同市に住む男子中学生(14)を逮捕した。「火を付けたのは間違いない」と容疑を認めている。

逮捕容疑は6月29日午後6時5分ごろ、熊本市北区室園町の立田山で、山頂付近にある木造平屋の東海大分室約400平方メートルを焼いた疑い。

署によると、火の手が上がっているの見た麓の住民が119番。延焼はなく、出火から約3時間半後に鎮火し、けが人はなかった。分室には事務用品などが保管されていた。現場には、男子生徒の関与をうかがわせる遺留品があったという。

男子中学生が放火した火災現場は?

今回男子中学生が東海大学を放火したとしてニュースにもなっていますが、詳しい現場はどこなのでしょうか。

場所としては

東海大学熊本キャンパスの立田山分室という東海大学が所有をしている倉庫だったようです。

場所は「熊本市北区室園町の立田山」にあるということです。

遠くから見ても黒煙があがるのがわかるというほどの大きな火災になったようです。

放火をした14歳の男子中学生の顔画像や名前は?

今回放火をしたのは14歳の男子中学生であることが判明しています。

また住まいは「熊本市内」に住んでいることが判明しています。

現場から少し離れれば熊本大学の近辺に熊本市立桜山中学校などの中学校もありますのでそのあたりの男子中学生である可能性も考えられそうです。

この周辺であれば、立田山に自転車でも行くことができますので有り得そうですよね。

しかし、まだ14歳ですから少年法によって報道機関から名前や顔画像が報道されることはなさそうです。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

男子中学生が東海大学を放火したのは性的欲求が犯行動機?

今回の放火事件。

まさかの14歳の少年による犯行でしたが、詳しい犯行動機については現在明らかとなっていません。

放火と言えばストレスなどから行ってしまうこともあるようですが、海外の精神学者は放火癖は「性的欲求」と関係があると説明をしています。

火は温かいものなので、性的興奮状態と同じ感覚を示すとも見解しています。

 

今回の犯行動機がストレスなのか性的欲求なのか詳しくはまだ判明していませんが、けが人がでず良かったものです。

男子中学生が起こした東海大学放火の世間の反応

男子中学生が起こした東海大学放火の世間の反応についてです。

 

  • すごいね
    ライター1個からよく容疑者割り出せたね
  • 悪質極まりない。中学生とは言え、厳罰に処すべき。
  • 未成年の法の罰則をもっと厳しくするべきだと思います。本当にあさはかですね。怖い世の中です。
  • 昔地元で中学校を生徒が全焼させた事件があった。
    夜中の学校であれ山頂の倉庫であれ、その時そこに人がいないとわかっていようが延焼すれば大惨事を招く。人を殺す気はありませんでしたでは済まないね。
  • 昔、中学生らしき子供が車に硬貨で傷を付けているところを見かけ、声を掛けたことがある。
    認めないので、学校名を聞いて先生呼んで。親も来て。
    防犯カメラを見てみようかって言ったら、すぐ認めた。学校の先生も親も、進路が進路がって言うので、警察は呼ばなかった。知らない人達に説教されて、あの子は反省したんだろうか。

    子によっては、ストレス解消だとかで、バレるまであちこちでやる。

    しつけは、親では間に合わない。見かけた人が本気でぶつかってやらないといけない時もあると思う。大きく考えれば親切のつもり

    非行の芽は、小さいうちに摘まないと。

  • 中学生なら火をつけたらいけないと理解している。厳罰でいい。賠償は親が払うんだろうが、その親も地元ではもう住めないし、働けないだろう。

    しかし、どんな教育していたのかも疑問だ。

  • 放火→殺人に移行する事は多いと立証されている。全員に当てはまるわけではないが、この子はかなり危険因子になり得るよ。
  • 火を点けてやろう、と頭で思うのと実際に火を点けるのは、すごく距離があると思う。あまりにも荒涼とした心の中が怖い。厳罰もいいけど、それだけでこう言う犯罪を抑止できるのだろうか。

 

まとめ

熊本の東海大学の施設を全焼させたとして熊本市に住む男子中学生が逮捕をされました。

けが人はいないということですが、大迷惑な放火事件ですよね。

ライター一本でもここまでの大きな火事になってしまうことを改めて恐ろしく感じる事件でした。

最後までお読み頂き有難う御座います