富山の猫虐待の男の画像や酷い犯行動機あり!名前や情報は?逮捕?

富山県で猫が何者かに連れ去られる被害が相次ぐ問題で、富山県のある男性が連れ去って虐待をし殺したという旨の発言をしていることが判明。

そんな富山県の猫虐待男の顔画像や情報などは明らかとなっているのでしょうか?

酷すぎる犯行動機なども含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします。

富山の猫虐待男の事件の概要

富山の猫虐待男の事件の概要についてです。

 県内で飼い猫が何者かに連れ去られる被害が相次いでいる問題で、県内の保護グループなどが4日夜、猫を連れ去った可能性がある富山市の男性宅を訪れ話を聞いたところ、「1年以上前から50~100匹を連れ去って殺した」などと答えていたことが5日分かった。県警は動物愛護法違反などの疑いもあるとみて慎重に調べている。

県内のボランティア団体「しっぽのこころ」(宇多利美代表)によると、5月末までに射水市や富山市、立山町で少なくとも5件以上、連れ去りの情報が寄せられた。いずれの現場でも富山ナンバーの軽乗用車、白の軍手を着けた男1人が目撃されたという。

5月に飼い猫がいなくなった射水市の飼い主や同団体は4日夜、目撃情報などを基に、猫を連れ去った可能性がある富山市内の51歳という男性宅を訪問。「本当のことを話してほしい」と問い詰めたところ、1年以上前から猫を連れ去って殺していたこと、その数が50~100匹に上ることを認めた。

 

富山の猫虐待男の事件の酷すぎる犯行動機!

今回猫を連れ去ったある男性。

その連れ去りの理由としてとんでもない発言をしています。

その内容が以下の通りです。

同団体によると、男性は理由について「独り暮らしで誰とも会話できず、ストレス発散のためにやった」と説明。「苦労して捕まえたのにすぐに死んでしまったら面白くない」と猫を閉じ込めていたとし、死骸は「四方の漁港などに捨てた」と話したという。男性宅を訪ねた飼い主がやりとりを携帯電話で録画した。

ただ、殺した場所や猫を傷つけた方法に関する話の内容が二転三転しているといい、同団体は「どこまで信じていいのか分からない」と困惑した様子だった。

富山県内で飼い猫や野良猫を相次いで連れ去った疑いで警察から任意聴取を受けているという男性を直撃取材。男性は初め疑いを否認していたものの、「1年半から(やってた)」「50匹ほど殺した。(捨てた場所は)四方の漁港。道路とかそういうところだったら変死体ってことで警察に言われたらやばいもんだから、道路には捨ててないです。やっぱり海とか川とかそういうところです」と取材に答えた。

また、捕獲した猫は浴室に閉じ込めて虐待していたといい、「連れてきた日は無視して放置だけしておきました。苦労して捕まえてきたのにすぐ死んでしまったら面白くない」「(弱っている猫が)ニャーニャー鳴いてるのを聞いて楽しんでた」「(弱ってきたら)お湯をかけました」と言い、虐待した理由については「ストレス発散」「一人暮らしで誰も相手にしてくれなかった」などと語っていた。

同じ命ある動物を自分のストレスから殺すなんて信じられません。

また苦労をして捕まえてすぐ死んではつまらないという発言も相当恐ろしいです。

今回のこの事件は猫のためにすぐ逮捕には至りませんが、このような方を野放しにしていて大丈夫なのでしょうか?

対象物が人間だったらどうなるのでしょうか?

本当に恐ろしいです。

富山の猫虐待男の情報について

今回どこまで猫虐待男の情報が明らかとなっているのでしょうか。

富山の猫虐待男には目撃情報も

ある番組では、猫を連れ去られた場面を目撃したという被害者家族にも取材している様子がありました。

その目撃情報によると男性が手に餌を持って猫を車まで誘導し、抱きかかえて車に放り込んで連れ去ったという手口を紹介。

さらに、動物保護団体が地域猫が明らかにいなくなっているという通報を受けていたことなども取り上げた。

富山の猫虐待男の顔画像は?

富山市内に在住する男性ということで直接インタビューも行っているのですが、報道機関ではモザイクがかかっており、顔画像の特定はできませんでした。

 

富山の猫虐待男の情報やプロフィール

今回の猫虐待男の情報についてまとめます。

名前:不明

年齢:51歳

性別:男

 

住所:富山県富山市内

職業:不詳

富山の猫虐待男による事件のツイッターの反応

https://twitter.com/kamenominami/status/1136548178172424192?ref_src=twcamp%5Ecopy%7Ctwsrc%5Eandroid%7Ctwgr%5Ecopy%7Ctwcon%5E7090%7Ctwterm%5E3

富山の猫虐待男による世間の反応

 

  • 話を聞きに行った方々は、理性を保つのが大変だっただろう。

  • 今の日本の法律では残念ながら「器物損壊」にしかとわれないが、それでも実名は公表される筈。
  • 同じ方法で処分したい!

  • 厳罰化を望みます。正気の沙汰ではないし、軽い罰ですぐ釈放されて人に被害が及ぶ可能性も高い。
  • 亡くなった猫ちゃんたちの苦しみを想うとやり切れない想いです。こういう事件が後を絶たないし、今も虐待してるやつがいるはず。どうか、早く法律を作って、動物の虐待にも厳罰が処せられるようにしてほしい。弱い物を虐殺するような人はやがて人間にも向かう。動物も人も、同じ命の重さである事をわからせる為にも、法律を変えて、厳罰を与えてほしい。
  • ニュース映像も見たけど、本当に悲しい。

    弱いものをストレス発散の捌け口にするな!
    相手が動物だと刑も軽いと思うが、猫にした事、自分もやられてみろー!と、思う。
    厳しい 刑罰を願います!
    亡くなった猫ちゃんたち、可哀想過ぎて泣ける。

  • 書類送検などの軽い処分かもしれない

    氏名、顔写真を公開しないと今後は人に向かっていく可能性が高いと思う

  • 因果応報。

    多分きっと
    ろくな死に方しない。

  • 今はただ 理不尽に殺された子達の

    冥福を祈るばかりです
    警察は所詮ペット 猫だから
    やる気はないでしょうが
    飼い猫は家族同然の家もあるのです。
    人間と同じ魂があるのです。
    ちゃんと捜査して ちゃんと裁いてほしい
    お願いいたします

  • 猫を100匹も殺す知恵はあるのに、なぜ思いとどまる理性はないのでしょうか。かなり悪質な上、器物損壊罪では緩すぎます。

 

まとめ

富山県で猫が何者かに連れ去られる被害が相次ぐ問題で、富山県のある男性が連れ去って虐待をし殺したという旨の発言をしていることが判明。

猫が可哀想な事件がまた起こってしまいました。

早く逮捕されることを願うばかりです。

最後までお読み頂きありがとうございます