浅川善紀容疑者の顔画像は?目黒区東急バス運転手への威力業務妨害で逮捕

東京都目黒区目黒の路上にて運転中のバスに対してレーザーポインターを当てて「視覚を不良にさせた疑い」によって浅川善紀容疑者が逮捕されました。

 

今回の事件の概要

 

事件の概要です。
運転中のバスの運転手に、レーザーポインターをあてたとして、無職の男が警視庁に逮捕された。
無職の浅川善紀容疑者(38)は2018年7月、東京・目黒区目黒の路上で、車を運転中に同じ車線を走っていた東急バスの運転手と通行をめぐるトラブルになり、持っていたレーザーポインターを、運転手の左目にあて、一時的に視覚不良にさせた威力業務妨害などの疑いが持たれている。
自分も運転中なのに、相手の目にレーザーポインターを当てるなんてとても卑劣ですね。
容疑者は乗っているお客さんの安全に対しては何も考えなかったのでしょうか…。
近くの防犯カメラによって浅川善紀容疑者が浮上し、逮捕に至ったようです。

浅川善紀容疑者のプロフィール

名前

浅川善紀(よりのり)

年齢

38歳

住所

不明

職業

無職

逮捕理由

レーザーポインターを当てた疑い
浅川善紀容疑者のプロフィールは現段階の情報では、上記の通りになります。
顔画像については公開されておらず、またメディアにて取り上げられましたら随時更新をしたいと思います。

犯行の動機

 

浅川善紀容疑者の犯行動機としては「バスが割り込んできたので腹が立ってやった」とのことです。
近年では、ドライブレコーダーを搭載している車も増えてきましたがあおり運転でもあるような動機ですよね。
「バスが割り込んできた」ということを浅川善紀容疑者は主張しているようですが、バスは優先道路などでも当たり前に優先をしてあげなくてはいけません。
どんな状況で割り込まれたにしても「相手にはたくさんの命が乗っている」ことを考えると今回のような事件は発生しなかったのではないでしょうか。

事件現場は

事件現場は東京都目黒区目黒の路上です。
お互いが車線で容疑者は車を、そしてバスも走行中であったのですから大きな事故にならなくて本当に良かったものです。

レーザーポインターって?

そもそも浅川善紀容疑者がレーザーポインターを所持していたことも不思議なのですが、レーザーポインターとはペンライトのようなもので激しい光を放つ道具です。
もちろん人の目に当てるなんてことは危険であり、今回のバスの運転手のように当てられてしまうと相手の視覚を一時的に奪われてしまいます。

世間の反応

浅川善紀容疑者が逮捕され、事件の概要に世間はこのような反応をしています。

バスが割り込んできたって…バス優先って事を忘れてないか?

事故が起こるような危険な行為です。
ところでなんでレーザーポインターなんか持っていたの?

えーっと…
道路交通法では常にバスが優先なのですが…
割り込んまれたって言うのであれは免許取り消しですね。もう一回勉強してください。

一度このような過ちを犯した人が再びハンドルを握ると思えば、確かに恐怖がありますね。

まとめ

 

東京都目黒区目黒にて威力業務妨害としてバスの運転手にレーザーポインターを当てた浅川善紀容疑者が逮捕されました。
本人は罪をしっかりと感じて、反省をして欲しいですね。